札幌移住で必要な雪かきの準備をする


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌もかなり寒くなってきました。

こんにちは。あだじょぱです。

11月に入り、今年も残りわずかとなってきました。

もうそろそろ冬支度も本格的に進めている頃かと思います。

札幌では、寒さもそうですが雪に対する対策も必要になります。

 

自宅や駐車場に積もった雪は、管理次第では自分で処理する必要があるので、除雪用にスコップなどの道具が必須アイテムになります。

 

我が家でも管理している賃貸物件の簡単な除雪を自分で行う為、スコップなどが必須なのですが、夏場は物置にしまい込んでいるので、この時期に物置の掃除を兼ねて準備を始めます。

 

 

札幌で除雪作業が必要なケース

 

札幌移住では、賃貸マンションを借りる方が多いと思います。

マンションだから個人での除雪(雪かき)なんて必要ない。

そう思うかも知れませんが、そうとは限らないんです。

 

一般的に賃貸マンションだと除雪が必要になる部分は、共用フロアも含め無い場合が多いのですが、実は個人での除雪が必要になる環境もあります。

 

 

マンションの共用玄関先に積もった雪

 

物件にもよると思いますが、マンションの入口部分に積もった雪については、そのマンションの住人が雪かきを行うケース。

この場合は、降り積もった雪で玄関先の段差などが埋まってしまい、歩く際に危険だと感じるくらいであれば、自力で雪かきが必要です。

 

その場合は、早朝の降り積もった雪に誰も足を踏み入れていない時間帯。

この時間に外出する人が雪かきをする事になりがちです。

時間が無い場合は、無理矢理でも降り積もった雪に足を突っ込んで、歩き進める事も出来なくはありませんが、会社へ出勤する時の革靴だと足に雪が流れ込み冷たくて大変です。

 

マンションによっては、入居時は物件周辺の除雪を管理会社で行なっていたのにオーナーの変更や契約内容の変更などで除雪されなくなるケースもありました。

雪が多い日などは、一度の除雪では追いつかない場合もあります。

 

 

自家用車や駐車スペースに降り積もった雪

 

札幌は意外と不便なので、移住しても車を所有する人も多くいます。

賃貸マンションも1階が屋根付き駐車スペースとなった物件がありますが、そうでない物件も、もちろん多くあります。

 

もし、屋根の無い青空駐車場などに自家用車を駐車するのであれば、駐車場に雪が積もるので、管理会社が行わなければ自分で行う必要があり、管理会社が除雪する場合でも、自分の車や周囲に積もった雪は自力で雪かきをしなければなりません。

 

毎日、車に乗る人であれば、それほど大変では無いのですが、週末しか乗らないケースでは、降り積もった雪が重く量もあって大変になります。

又、除雪した雪を捨てる(一時的に置いておく)場所が遠いと重労働です。

あまり車に乗らないのであれば、必要な時だけレンタカーを利用する方が賢いのかも知れません。

【お得観光】北海道を観光するならレンタカーがお得?【交通】

2017.02.20

 

 

雪に備える装備

 

過酷な冬を迎える北国では、雪に対する装備が大事です。

大阪なんて雪が積もらないからタイヤ交換すらしませんでしたが、札幌では、そういう面で費用負担が増えます。

前述した積雪による雪かき作業にも必要な道具があり、購入して常備しています。

 

 

雪かきの王道アイテムが進化した

 

雪かきの定番アイテムは、スコップです。

車に降り積もった雪は、別途カー用品でブラシが売られているので、そちらを使用して落とし、車の周囲に積もった雪はスコップを使います。

が、しかし、雪質というのがありまして・・・。

湿った重たい雪が降り積もった時や氷点下で凍りついた積雪の塊を撤去する場合、これがかなりの重労働で体への負担が大きいのです。

 

若かりし頃と違い、無理は禁物。

普通のスコップで何度も捨てる場所へ運ぶのは大変という場合には、大きなダンプも使用したり工夫が重要になってきます。

 

雪かきをして感じるのは、前かがみになって行う為、腰への負担が大きく雪が重い場合は、スコップの柄を持つ手も疲れます。

 

先日、ホームセンターで見かけたスコップを購入しました。

柄の部分が曲がっていて、更に握れる様になっているので、無理な姿勢にならなくても除雪が出来る優れモノ。

スコップの部分がプラスチックなので、氷の塊にぶつけて割れる可能性がありますが、簡単にスコップ部分だけ交換が出来るので安心です。

念のため予備も購入しておきました。

 

これで、管理している賃貸物件の周辺に積もった雪をサクッと処理です。

積雪の量が多くなれば、業者任せにしますけど、費用負担を考えたら自力で出来る範囲は自力でやった方が経費削減になるので、頑張って老いた体に鞭を打ちますよ。嫁が。

 

 

除雪のマシーンは凄かった

 

本格的に除雪するなら人力は時間もかかるし大変なので、素晴らしい文明の利器を使う事をオススメします。

ブルドーザーの様な重機の事じゃありません。

わりと小型で扱い易い除雪のマシーンがあるんです。

北海道だと冬前からテレビCMが流れてくるので、そのCMを見てもうすぐ冬がやってくるという実感が湧いてくるんです。

 

この除雪のマシーンですが、実は実際に操作した経験があります。

とても簡単な操作で、あっという間に除雪が出来ます。

操作したマシーンはガソリンで動くタイプで、前進と後退をレバー操作しながら雪の吸引口と排出口の方向を操作する感じでした。

 

ただ、初回は凄く新鮮で新しい玩具を与えられた子供の様に楽しみましたが、何度も動かしているうちにすぐ飽きてしまった感じです。

遊びじゃないので仕方ないのですが、雪を吸引する部分は回転部品があり、非常に危険な構造なので、気を緩めずに操作しなければ危険です。

現時点では、そんなマシーンを購入するほどでは無いのですが、必要だと感じた場合は、購入するつもりです。

 

 

最後に

 

札幌に移住しても自家用車を所有していなければ、関係の無い話だとは思いますが、札幌市内に住んでいても、自家用車を所有している人は多いので、実際に暮らし始めてから

やっぱり車が必要だと感じるかもしれません。

そんな時は、除雪の事も考えて駐車スペースを確保するのがオススメです。

出来れば、相場は高いかもしれませんが、屋根付き駐車場が良いです。

人力は、本当に疲れますからオススメ出来ません。

札幌の環境を満喫する為に敢えて雪かきをするのであれば、疲れるけど、楽しめるかもしれません。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。