会社を辞めて色々縛られずにやりたいことをやる?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

先日、そんな話を聞かされました。

こんにちは。あだじょぱです。

会社を辞めたという話になると、羨ましいと思われるか、馬鹿だと思われるかのどちらかなんである事が多い気がします。

そして、羨ましいと思う人に中には、自分も会社を辞めたいという気持ちがある人もいるみたいですね。

そんな気持ちを抱えた人の中には、セミリタイアにかなり興味を示す方もいます。

多くの場合、熱く語る系の人。

要約すると、会社というのは縛られる事が多いから、仕事も自由に出来無い。

だから会社を辞めて自由に好きなことをして生きていく!という内容であるケースが多いです。

 

どうぞご自由に

 

としか言いようがありません。

 

個人の自由ですから、外野がどうこう言う問題では無いと思っていますが、意見を求められると非常に困りますね。

なぜなら、個人的に「やりたい事を仕事」としていないから。

そう。

 

僕は無職なんですからw

 

無職なんですから、言いようがありません。

それに皆さん、突発的である事が多いのです。

それって、もしかして会社に対する不満が爆発しているだけじゃないのかな?

 

そんな会社を辞めたいとお考えの皆さんへ向けて。

会社を辞めてセミリタイアしてみた凡人の目線で、思うことを書いてみようと思います。

 

 

会社を辞めるという事

 

まずガッツリ重たいところからスタートしますけど、

 

お金ありますか?

 

お金が無いと会社を辞めても厳しい生活になるのでオススメしません。

おとなしく転職するか我慢して働きましょう。

 

 

収入の低下

 

極論で言いますと、仕事を辞めると収入がゼロ、即ち無くなります。

ですので、最低限の生活費をどこからか捻出する必要があります。

貯蓄を切り崩す、アルバイト、不労所得と方法は様々ありますが、事前準備をせずに突発的に辞める場合は、会社員と比べると収入が減る可能性も大きいです。

事前に準備というのは、資金を貯えたり投資を行う事で下準備です。

会社を辞めた後の生活を考えて、事前に準備しておくと収入低下を防げる可能性も出てきます。

 

会社を辞めて「やりたい事で稼ぐ」人は、そもそも才能のある人だと思います。

仕事としてのセンスが良くても、社内での環境が悪く燻っている人。

会社も完璧ではありませんから、人事の適材適所への人材配置が上手く機能していない可能性だって十分ありますから、そんな場合は辞めて独立した方が成功する確率は高いのかもしれません。

近年では、インターネットを活用した新しい仕事も増え、自宅に居ながら出来る在宅ワークも多くなってきましたが、それだって最低限の生活費を確実に稼げる保証はありません。

サラリーマン時代と比べて収入が減ると、様々な問題も出てきます。

 

 

後悔しないか?

 

会社を辞めて収入が減った場合、生活費を削れば良いという話もあります。

本人がそれで良ければ良いと思いますが、美味しいものを食べて楽しく暮らせなくなる可能性が高いですよね。

そこまでしてやりたい事なら、我慢して頑張って目標を達成して欲しいと思います。

例えば、音楽の世界で食べて行きたい!なんて人もいるかもしれません。

その為に、演奏技術の向上や楽曲制作のセンスなどを磨きながら、貧困生活に耐えるのも、夢の為なら仕方の無い事なのかもしれません。

ですが、頑張ったからと言って、全員が成功できるような世界でも無いですよね?

ふと気づいた時、自分が凄く年老いて全てを失った状態だったとしたら・・・。

その時は、後悔しないでしょうか?

それに技術向上やセンス向上の為には、投資が必要になる可能性だってあります。

結局は、お金が重要になってくるワケです。

 

他にも、保険の問題や家族の問題もあります。

国民保険に加入するのもお金が掛かりますし、家族が居れば養う必要があります。

それらを犠牲にしてまで、「自分のやりたい事」を貫き、必ず成功させるコトが出来ますか?

 

突発的な考えの時は、考えが偏りがちです。

嫌なコトが続き、ストレスが蓄積され、不満が爆発している時は1度冷静になる必要があります。

 

 

セミリタイアしてみた感想のようなもの

 

ではここで、転職では無くて、セミリタイアした者の感想を書いてみようと思います。

 

最高っす!

 

そりゃそうですよ。

だって、朝寝坊OK、通勤無し、満員電車 Σ(´・д・`;)ナニソレ?、ギター弾きたい放題、テキトーな時間に( ˘ω˘ )スヤァ…。

控えめに言っても、会社員の頃より生きている時間がありますよ。

複合技で北海道への移住も実行しましたから、観光も楽しめるし美味しいグルメも豊富ですから、これこそ生きているって感じですよね〜。

定職に就かずとも、小遣い程度なら在宅ワークでも稼げるし、今のところ困った事は無いですね。

欲しいものは、小遣いを稼いで買ってますから。

 

 

まとめ

 

会社を辞めても自由になれる人は一部です。

辞めずに頑張った方が、将来的にも良いコトが多いと思います。

何年間も頑張って結果が出せなければ、それまでの頑張りは全て水の泡となり、時間の無駄になるんです。

自由に「やりたい事をやって生きる」のに必要なのは、会社を辞める事よりも、お金です。

お金があれば、「やりたい事をやって生きる」という選択肢も十分可能です。

そのお金を稼ぐ為に、皆さん日々頑張っているんですよね?

会社を辞めて「縛りから解放されてやりたい事をする」とお考えの方は、アクションを起こすタイミングとして本当に今が良いのか、一旦冷静に考えてみては如何でしょうか?

因みに、セミリタイア生活は最高っす。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。