移住後1年ちょいの年末に突然訪れた超巨大地震切迫という悲報


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

もう2017年も残すところ僅かとなった12月、とんでもないニュースが飛び出しました。

こんにちは。あだじょぱです。

そのニュースっていうのが、道東の太平洋側で巨大地震の発生が切迫しているというもの。

マグニチュード8.8以上、津波の波の高さが34.6m級の超巨大地震らしいです。

そんな話、今までしてなかったやん!

これまでの歴史から350年周期で発生している地震で、前回の超巨大地震から400年経過しているので、もう切迫しているとの事。

なんで今やねん!って話ですよ。

 

 

北海道に超巨大地震発生の可能性が切迫中

 

政府の地震調査員会が発表した内容によれば、北海道東部の択捉島沖から十勝沖に横たわる千島海溝で、マグニチュード9クラスの超巨大地震が、今後30年以内に7〜40%の確率で発生するから注意が必要らしい。

これまで350年周期で起きてるし、もう既に前回から400年経ってるから切迫してるんだよ。

なんて急に言われまましてもですね。

 

地震大国の日本列島ですが、大阪に住んでいた時は、南海トラフの心配がありました。

北海道は、大きな災害も少ないと思ってましたが・・・。

 

かなりアカンやつ

地震のメカニズムで千島海溝にあるプレートが、そろそろ我慢の限界になりそうなんでしょうね。

 

そっと戻せないのかな?

そのプレート・・・・。

 

東日本大震災クラスの超巨大地震が北海道でも起こり、津波が発生する恐れがある。

道東方面が壊滅的なダメージを受け、その他の地域も大きな被害は避けられそうに無い感じがしますよ。

あの東日本大震災の時も札幌にいましたが、会社の入るテナントビルが大きく揺れて、何人かが机の下に隠れていたのを思い出しました。

 

前回の同様の超巨大地震が400年以上も前という事なので、その時のことは、さすがに知りませんが、そんなに大きな地震が起きるとは思ってもいませんでした。

道東方面は、小さな地震が多いという感じありましたけど。

釧路の方は、災害で時々水没する事もあったと思います。

それが、こんな巨大地震で津波が押し寄せれば、相当な被害が出そうですね・・・。

 

 

北海道にも原発がある

 

東日本大震災の時は、福島の原子力発電所が大きな被害を受け、大問題となりました。

北海道にも同規模の地震や津波が発生するのであれば、同じように原子力発電所が心配です。

北海道には、北海道電力が運営する泊原子力発電所があるのです。

今回の超巨大地震発生予測の千島海溝がある太平洋側とは反対側の日本海側に位置し、十勝沖とは対角になるような場所ですが、これだけの規模の地震であれば影響が出そうです。

現時点でも、泊り原子力発電所の1〜3号機再稼働について、施設敷地内の断層をめぐり、原子力規制委員会と北海道電力の間で揉めていますが、かなり危険な感じがします。

北海道電力は活断層は無いから再稼働という主張ですが、結局、話が二転三転するので立証できず振り出しに戻ったという印象。

そんな所へ大きな地震が起きて、大丈夫なのかと不安です。

 

北海道も自然が豊かなところで、川の氾濫や土砂崩れのような災害は多い地域だと思います。

そこへ近年は、台風が上陸するようになって被害が拡大する事もありました。

そして、今度は超巨大地震の話ですから、移住して良かったのかどうなのかってw

道内の広い範囲で二次的な被害も出るんじゃ無いかと思います。

 

 

最後に

 

北海道へ移住して1年と少し。

そんな年末の忙しい時期に突然の発表で、全く要らなかったサプライズ。

なんだろうこのクリスマスプレゼントのようなニュースは。

いつ起こるのかハッキリと日時がわかるものでも無いので、対策も難しいですが普通に暮らしていて何かしらの災害に巻き込まれても、もうどうしようもありませんよね。

台風、北朝鮮のミサイル、そして超巨大地震・・・。

もうやめて。

 

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。