使い方などドライブスルー洗車を初体験してみた感想


スポンサーリンク


スポンサーリンク



セルフのガソリンスタンドで見かけるドライブスルー洗車

こんにちは。あだじょぱです。

コイン洗車やガソリンスタンドでお願いする洗車は利用した事があります。

ですが、ドライブスルー洗車って、ずっと気になりつつも、利用した事がありませんでした。

 

なので、使い方もわからない初心者。

しかし、車がひどく汚れていたのと、一緒に居た嫁がドライブスルーしてみたいと言うので、使い方がわからない状態で、捨て身タックルしてきました。

 

 

気になるドライブスルー洗車の使い方

 

丁度、行った日はドライブスルー洗車が混雑中。

ならば、前に並んでいる車と同じように行動すればOK。

車が汚れる天候の翌日なんかが、このパターン。

 

まず、ドライブスルー洗車全体の流れです。

 

ドライブスルー洗車の手順
  1. 洗車のコースを選択して事前精算
  2. 自分の番が来るまで待機
  3. 案内板の指示に従い進む
  4. ミラー格納とエンジンを停止して待機
  5. 完了後に拭き取りスペースへ

 

 

洗車のコースを選択して事前精算

 

洗車機の手前にコイン洗車場のようなコース選択の精算機があります。

洗車のコース(ワックス洗車や撥水洗車)を選択。

洗車のコース以外にもオプションや車のタイプを選択する項目がありました。

 

北海道は、積雪のある地域の為、塩素系の融雪剤を撒くので、車の下回りが錆びやすくなります。

なので、オプションで下回りの水洗いを利用する人が多いです。

又、車のタイプでは、SUVに付いているキノコミラーと呼ばれるボンネットのミラーの有無や、特殊装備についての項目がありました。

 

前の車が洗車中に操作しましたが、大丈夫。

最後に洗車予約というボタンを押して予約を入れるシステム。

ハイテクですね〜。

 

 

自分の番が来るまで待機

 

 

その後は、前の車が洗車完了して出て行くまで待機。

精算機のある待機スペースには、ゲートが付いていて順番が来るまで閉ざされていました。

そして、自分の番になるとゲートが上がります。

ハイテクですね〜。

 

 

案内板の指示に従い進む

 

前の車の洗車が完了し、外へ出たらゲートが開きます。

ゲートが開いたら、車を洗車機の方まで移動させます。

車の停止位置は、電光掲示板などの案内板で表示しているので、指示に従って進みます。

停止位置で停車します。

ハイテクですね〜。

 

 

ミラー格納とエンジンを停止し待機

 

自動でミラーが格納しないタイプの場合は、洗車機に向かう前に手動でたたんでおく必要があります。

ミラーを格納したらエンジンを停止して待機。

アンテナも事前にたたみます。

 

すると、洗車機が自動で動き出し選択したコースの洗車を実行してくれます。

車内で嫁が感動してましたw

洗車から乾燥まで自動で行います。

センサーで感知しているようで、車に当たらないように乾燥機のノズルが上下していました。

ハイテクですね〜。

 

 

完了後に拭き取りスペースへ

 

完了すると電光掲示板に完了したので進めという表示。

乾燥したと言っても、まだ水滴が至るところに付着しています。

それを綺麗に拭き取るスペースが用意されています。

この辺の流れは、コイン洗車と同じような感じですね。

 

今回利用したガソリンスタンドでは、拭き取り用のタオルが用意されていました。

室内用と室外用で2種類あって無料で利用できます。

綺麗に残った汚れと水滴を拭いたら洗車完了です。

ここだけハイテクじゃ無いです。

 

 

北海道の冬はドライブスルー洗車が良い

 

 

ドライブスルー洗車ですが、ガソリンスタンドの従業員がつかない無人なので、その分のコストが抑えられ、価格が安いというメリットがあります。

デメリットは、至れり尽くせりのガソリンスタンドとは違い、自分でやる事があるので面倒な点。

北海道は、冬になると凄く寒いので、コイン洗車など自分で洗うのがつらくなります。

うちのマンションには洗車スペースがあるのですが、冬は凍結防止の為に使えなくなります。

寒さに耐えてコイン洗車って人もいるかもしれませんが、寒い外へ出て洗うのが嫌だとか、風邪を引きそうって事で避ける人も多い筈。

 

我が家も冬はガソリンスタンでお願いしていました。

ですが、今回初めてドライブスルー洗車を体験してみて、これなら良いと思いました。

安価な分、混雑は多めのような気もしますが、簡単で安いのは大きなメリットです。

 

ドライブスルー洗車のメリット
  • 価格が安い
  • 洗車自体は全自動なので簡単

 

逆にデメリットもあるので、お金があるならガソリンスタンドでお願いするのが無難です。

出費を抑えつつ、寒い思いを極力減らしたい人向け。

車体に傷が付くからと機械洗車を避ける人は、ガソリンスタンドの手洗いかコイン洗車ですね。

 

 

まとめ

 

今回、初めてドライブスルー洗車に挑戦してみました。

使い方がわからない状態なので、ドキドキしましたが混雑していたので見よう見まねです。

機械洗車が嫌いでなければ、コイン洗車と価格差も殆ど感じない程度なのでオススメ。

事前精算から全て機械任せなので、ボタンを数回押すだけです。

これだけ簡単なら手軽に利用できます。

使い方がわからないからと敬遠している人がいれば、是非参考にして下さい。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。