雪国へ移住して冬道運転で気をつけているポイント


スポンサーリンク


スポンサーリンク



よく車を運転して出かけますが、今年はよく滑る気がします。

こんにちは。あだじょぱです。

スタッドレスタイヤを履いていますが、結構滑る札幌の冬2018って感じです。

1度目の移住から仕事で、真冬でも全道を運転して移動していましたから冬道の経験は豊富な筈です。

が、それでも全然慣れないのが、冬道の怖さです。

圧雪アイスバーンでは、いつもドキドキして運転してますよ。

結構、運転する方だとは思いますが、なんとか事故無く、過ごして来ました。

 

 

冬の運転で気をつけるべき注意点

 

北海道と言えば、広めの道路に長く続く直線道路。

そんなイメージを思い浮かべる方も多いのではないかと思います。

本州から移住して来た直後は、なんと走りやすい道路なんだろうと思ったもんです。

 

それが、冬になると一変します。

道路は雪で狭くなり、渋滞が発生したり、事故も多くなるのです。

雪の影響を受けないような土地から移住する場合、初めての運転は怖いかもしれません。

事故を未然に防ぐ意味でも、普段から注意して慎重に運転する必要があります。

 

特に注意すべきポイント
  • スタッドレスタイヤへの交換
  • 速度と車間距離
  • 急発進や急ブレーキを避ける
  • 道路状況と車の駆動方式
  • 滑っても慌てない

 

 

スタッドレスタイヤへの交換

 

当たり前の事ですが、雪が積もる前に最低限やっておく事です。

雪が積もってしまうとノーマルタイヤでは、危険すぎて走行出来ません。

最悪の場合、自分でタイヤ交換するなりして、スタッドレスを装着する事になります。

 

スタッドレスタイヤにしたら大丈夫と思うのも危険です。

車の走行速度と路面状況によっては、新品のスタッドレスタイヤでもかなり滑ります。

何度か左折しようとしてハンドルを切っても車が曲がらないという経験があります。

滑ってしまっているので、タイヤが左へ向いているのに直進方向へ進んで行くんですね。

初めての時は、かなり焦りました。

 

北海道は、面積が広く都市間の道路は山間部を抜けるルートも多いため、出発地が晴天でも目的地周辺や途中の山間部は降雪が酷いなんて事も多いです。

予め、目的地までのルートに積雪の予報が無いかは把握しておいた方が良いと思います。

それ以上に峠を抜ける場合は、早めのタイヤ交換が望ましいです。

 

 

速度と車間距離

 

雪が積もり始めた頃は、慎重になりがちでも年が明けたくらいから気の緩みが・・。

なんとなく普段通りに運転している積もりでも、ついつい速度が出ていたり。

雪の積もった道路では、法定速度内でも危ないケースが多々あります。

道路状況に合わせて、更に速度を落として慎重に走るのがベスト。

前の車との車間距離も少し広めくらいが、安心感があります。

 

交差点では、信号が変わった直後でも滑っている車が出て来たりするので確認が重要です。

1番重要なのは、走行する速度だと思います。

この速度によってブレーキの制動距離も変わるので、なるべく短距離で停止できるスピードが望ましいです。

 

 

急発進や急ブレーキを避ける

 

冬の道路、特に凍結路面では急発進や急ブレーキなどの急な動作が最も危険になります。

そうならないように普段から安全運転で走行するのが1番。

昔、仕事で会社の同僚が運転する車の助手席に乗っている時に、その同僚が急発進をさせてしまい交差点で横からきた車と衝突した経験があります。

この時は、急発進してすぐに交差点で横から車が出て来たにも関わらず、すぐに停止出来なかった上に急ブレーキをかけてしまいタイヤがロック、凍結路面で滑って止まらなかったという感じです。

助手席側が衝突したんですよ。

めちゃ怖かったです。

 

凍結路面では、急発進すると横滑りする可能性もあるので危険です。

もちろん急ブレーキも滑りやすいです。

 

 

道路状況と車の駆動方式

 

エアロパーツでドレスアップしたスポーツカーは、あまり北海道の冬に向いていません。

冬の道には、色んな種類があるんです。

 

  • ツルツルのアイスバーン
  • ブラックアイスバーン
  • シャーベット状の積雪道路
  • 除雪されていない道路
  • 凸凹の激しい凍結道路

 

車高が高めのオフロードに強いSUVなどは、比較的影響を受けないみたいです。

しかし、一般的なFF駆動の車やFR駆動の車では影響を受け易くなります。

四駆の方が冬道走行が安定するのは確かだと思いますが、道路状況や運転次第では滑ります。

 

駆動方式では、FR駆動のようなタイプは、車両の後部が軽いので滑りやすくなります。

坂道を登らないとかよくある話。

FF駆動の場合は、駆動部がエンジンなどの重い部分になるので、接地が比較的安定しているので、滑ってもお尻を振る感じになりながらも耐える感じです。

駆動部が前か後ろかって車の場合、駆動部のタイヤが空転すると進まなくなるので、シャーベット状の道路や除雪がされていない道路で埋まると簡単に脱出できません。

そんな時は、四駆の方が有利です。

なので、道路状況によっては遠回りしてででも、走れそうな道路を探して、目的地へ行く事も必要です。

 

滑っても慌てない

 

冬の凍結道路では、滑ると思っていた方が良いです。

最近の車であれば、ブレーキのアンチロックや横滑り防止機構が装備されているものも多くあります。

どの安全装置や機能も絶対ではありませんが、かなり頑張ってくれるのは間違いありません。

安全装置 + 人間の判断や行動でカバーするんです。

 

 

冬道の滑りやすいポイント

 

冬の道路を走行する上で、特に注意すべき場所は橋です。

 

冬道の走行で特に注意すべき場所
  • 川などにかかる橋
  • トンネルの出入り口付近
  • 日陰になった道路

 

橋は、下に川などが流れていて空洞になっているので、そこから冷えます。

その為、橋の上の道路は凍結し易いのです。

トンネルの出入り口付近も凍結しやすく、事故の定番の場所になっています。

日陰になった部分は凍った部分が溶けにくいので、滑りやすくなっています。

 

 

まとめ

 

冬の積雪・凍結路面を運転するのは、緊張するかもしれませんが、速度に気をつけていれば、猛吹雪でもない限り普通に運転出来る筈です。

猛吹雪に突入するような場合は、視界不良になるので、前方の車の位置、走行中の車線、後方からの追突に注意を払わなければならず難易度が高くなります。

視界不良だからと急ブレーキを踏むと、後続車に追突される可能性もあるのです。

 

速度と車間距離に注意し、安全運転で走行すれば、事故防止にも繋がります。

雪が多くなると、除雪で積み上げられた雪の壁が高くなり、道路の幅が狭く走りづらいです。

交差点などでは、雪の壁で死角が多くなるのも危険なポイント。

 

北海道の冬の観光でレンタカーを運転するのであれば、ゆっくり安全運転がオススメ。

視界不良も考えられるので、悪天候の日に過酷な峠越えは控えた方が良いと思います。

札幌市内で乗るくらいなら問題ないです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。