【仕事】40代のバイト探しは難しいのか?【探し】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



最近、副業が話題になるくらい経済的な問題を抱えた人が多くなりました。

こんにちは。あだじょぱです。

アルバイトと聞くと若者のイメージが強いですが、様々な事情により、30代以降の中年層から定年退職後の高齢者層の方までアルバイトをする人は結構います。

近年、日本国内の大手企業でさえもが大規模なリストラを行う事が珍しくなくなりました。

バブル世代には、困らなかった筈の正規雇用の枠も狭き門である為、経験豊富な方々もアルバイトに流れるケースは少なくありません。

無事に転職できたとしても、景気の低迷から給与も据え置きで、平均収入は上がらないまま。

それななのに、なぜか物価は高いというカオスな世の中に副業を考える人も増加傾向。

そこで、アルバイトに目を向けた場合、若者たちが多い中で40代の働ける仕事があるのでしょうか?

 

 

中年層のアルバイト事情

 

個人的には、知人からの要請以外でアルバイトを行う機会はありません。

ですが、周囲の他府県から来た知人の多くは、移住後に仕事を見つけて働いています。

その様子からは、40代以降でも探せば仕事があるという事がわかります。

 

 

年下の先輩に使われる覚悟

 

アルバイトである以上、正社員の若い上司や年下の先輩に使われる可能性は高いです。

自分より年上の人しかいない職場を探すのは難しいので、おそらく避けては通れないでしょう。

年下の先輩に指示される事もある筈なので、ちょっとやりづらいと感じるかもしれません。

 

しかし、それは相手も同じだと思います。

若い先輩にとっても、年上の後輩は扱いが難しいと感じます。

職場では人間関係も大事ですから、アルバイトだと割り切って付き合うしかありません。

 

過去の栄光を語るばかりでは嫌われてしまいます。

昔、大手企業の役員だったとかって話は、周りからするとつまらないですよね。

 

 

女性は中年層でも豊富なパート

 

女性のパートタイムは、かなり昔からある働き方。

その為、仕事自体も結構求人があるのが現状です。

但し、女性の場合は家事や育児などの問題もあるので、時間帯や曜日の選択も重要になります。

 

女性は家の事をしながらパートタイムで働く感じですが、男性はバリバリと正社員で働くイメージなので、40代でアルバイトをする男性というだけで、周りからの印象は良くないかもしれません。

家庭によって様々な事情があるんですけどね。

 

男性だと力仕事もありますが、年齢と共に衰える筋力と体力という問題があるので、なかなか難しいかもしれません。

その点、女性の方が見つけやすいと思います。

 

 

地域的な事情

 

仕事においては、生活同様に地域も関係があります。

生活面では、北海道だと雪が積もるので冬場の防寒対策は必須です。

仕事面でも同じで、冬場に屋外での作業なら過酷な労働になるのは間違いありません。

 

環境が変わると求人の内容も比率が変わってきます。

北海道はエアコンの普及率が低いので、エアコン関係の仕事は少なめな気がします。

その代わりボイラーなどの暖房専用は多いです。

他にも運輸・配送関連なら冬季の移動時間や危険性も考慮しなければなりません。

 

このように地域差がある部分も考えられます。

それまで他の地域で経験のあった仕事が見つからないなんて結果になるかもしれません。

 

 

40代の中年層がアルバイトを探すコツ

 

生きていく上で、お金は非常に重要です。

稼ぎがないと暮らせませんよね。

40代だからと悲観していても仕方がありません。

高額バイトは難しいかもしれませんが、生活が可能なだけの稼ぎなら難しくは無いと思います。

 

 

バイト選びのポイント

 

まず、重視するポイントを決めます。

  • 時給
  • 労働時間
  • 職場の場所

 

その中から、自分に合った職種を選ぶワケですが、経験や資格があれば尚良いと思います。

未経験でも可能な仕事も沢山ありますが、経験や資格を活かせるのならその方が良いです。

特に資格などを取得していないのであれば、未経験の分野も選択肢の1つ。

高収入に目がくらみ、過酷な肉体労働を選んでしまうと長く続かないかもしれません。

 

 

主な求人サイトをご紹介

 

最近では、雑誌でアルバイトを探すよりもスマホのアプリやWEBでのバイト検索が便利です。

便利な時代で、履歴書だってスマホだけで簡単に作れちゃうんです。

アプリやWEBからの応募でも電話で問い合わせが出来るなど不安はありません。

難しい事は何一つないので簡単に応募が可能です。

 

主な求人検索で便利なサイトを幾つかご紹介します。

 

  • マッハバイト

 

旧ジョブセンスのサイトで掲載求人も豊富。

マッハボーナスという採用されたお祝い金の特典付きなのも魅力です。

マッハバイト 

 

 

  •  タウンワーク

 

松っちゃんのCMでも有名なタウンワーク。

ご存知リクルートが運営しているサイトなので、信頼と安心が魅力です。

周りではタウンワークの利用が多い気がします。

地元のお仕事探しなら・タウンワーク♪

 

 

  • 工場求人ナビ

 

工場の作業に特化した求人検索サイト、工場求人ナビ。

時間にキッチリ、黙々と働くタイプのアルバイトをお探しの方にオススメです。

工場求人ナビ

 

 

アルバイト+αで生活する

 

アルバイトは正規雇用社員のような詰め込まれたスケジュールが無いのがメリット。

その分、収入は少ないかもしれませんが、空いた時間を別の事に使えます。

例えば、好きな時間に出来る簡単なウェブの作業であれば、更に収益化が見込めます。

もし、アルバイトだけでは満足できないという事であれば、試してみるのも悪く無いと思います。

 

関連記事

 

当然ながら収入源が多い程、収益に繋がります。

メインの仕事での稼ぎがイマイチであれば、副収入を考えるのは自然な事です。

 

家族が無事に生きていけるように・・

 

 

まとめ

 

30代、40代でも会社を辞めてアルバイトを考える人はいると思います。

世間では働き盛りと言われ、企業においても管理職でバリバリ働く年代。

しかし、近年は過酷な労働を強いられる現場も多く、中間管理職の離脱も増えているようです。

 

転職を数回繰り返し、結果に満足できずアルバイトに流れた人も知っています。

その人は、今の方が幸せだと語っていました。

人によって求めるものが違い、価値観が異なるので最終判断は自分自身になりますが後悔しないのが1番。

40代でも50代でもアルバイトをしながら夢を追うのも良いと思います。

まずは、良いアルバイトが見つかりますように。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。