【イベント】さっぽろ雪まつりが開幕したから撮ってみた【2018】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



今年も毎年恒例のこの季節がやって来ました!

こんにちは。あだじょぱです。

昨年は、札幌へ再移住を果たし、久しぶりの雪まつり訪問でした。

 

関連記事

 

正直、札幌で暮らすようになると雪まつりに行かなくなる人も多いみたいです。

うん。その気持ちわかる。

サラリーマンなら普通に製作中の公園の様子を見る機会も多いもんね。

でも、すごく寒くて、インフルエンザも猛威を振るう中、すごく混雑している会場へ行ってきたよー。

 

 

第69回 さっぽろ雪まつり

 

毎年2月に行われる有名な北海道の冬のイベント。

会場は、3カ所あり、それぞれ違った雰囲気になっています。

  • 大通会場
  • つどーむ会場
  • すすきの会場

 

 

大通会場

 

1番有名な雪像が並ぶ会場です。

さっぽろ雪まつりと聞いて思い浮かぶのは、この大通会場の様子だと思います。

大通公園の1丁目〜12丁目までを会場として、大雪像から市民雪像まで沢山の作品が並ぶ会場です。

北海道ならではの飲食ブースも多数用意されているので、寒さに負けず楽しめます。

今年は、2月5日(月)〜2月12日(月)までの開催となります。

夕暮れからのライトアップは、22時まで。

 

 

 

 

つどーむ会場

 

札幌の中心部からは少し離れた場所にある会場です。

こちらは、体験型の雪遊びがメインとなった大人から子供まで楽しめる会場。

雪の滑り台やスノーラフトなど、自然や雪と触れ合えます。

今年の開催は、2月1日(木)〜2月12日(月)まで。

9:00〜17:00までの開催となります。

 

 

 

すすきの会場

 

さっぽろの歓楽街すすきのを彩る氷像が並ぶ会場。

札幌の中心部を結ぶメインストリートの駅前通りに氷像が並びます。

大通会場から歩いて移動出来る距離なので、すすきのでの夕食前や夕食後に楽しめます。

ライトアップは、23時まで。最終日のみ22時まで。

 

 

 

 

恒例の大通会場の様子【2018】

 

今回は、大通公園会場の3丁目付近からスタートしました。

有名なテレビ塔は1丁目にあります。

 

 

3丁目会場とツルツル路面

 

 

昨年同様、というか毎年この場所は、この雪の傾斜が設置されています。

スノーボードやフリースタイルスキーのイベントを観る事が出来ます。

昨年同様、時間が合わず観れませんでしたけどねw

 

この大通会場ですが、気温は氷点下で路面は大勢の来場者に踏みつけられて圧雪のツルツル状態。

滑らないように砂が撒かれていますが、転んでいる人も多くいました。

個人的には、滑らないように対策をして行ったので、殆ど滑る事も無かったです。

 

関連記事

 

来場予定の方は、お気をつけください。

 

 

 

オフィシャル・ショップもありました。

 

 

4丁目会場はファイナルファンタジーXIV 白銀の決戦

 

と、その前に腹ごしらえが出来るブースも盛り沢山。

北海道ならではのご馳走が並びます。

寒いので、温かい食べ物が多い印象です。

 

 

そしてメインの大雪像。

正直、ゲーム自体の知識が無いので、よくわかりませんw

とにかく、

 

すごーい

 

カッコいー

 

 

5丁目会場の台湾 – 旧台中駅

 

 

台湾の旧台中駅の大雪像が綺麗にライトアップされています。

旧台中駅は、1917年に建設された赤レンガ造りが特徴の歴史的建造物です。建築後は増築や改築などで手が加えられましたが、歴史的建造物としての価値と評価が高まったことで、1995年に政府より国定古蹟として指定され、2005年に建設当時の姿に修復復元されました。2016年10月に行われた台中駅付近の高架化に伴い、新駅舎が誕生するまで、台中の表玄関として大変多くの人々が利用しました。旧駅舎は、駅としての機能は終了しましたが、風情ある美しい建物はそのまま残され、新駅舎とも自由に行き来できるなど、駅の付帯施設として現在も利用されています。

–  さっぽろ雪まつり公式HPより

 

ステージになっているので、時間によってはイベントが用意されているみたいです。

 

 

6丁目会場で休憩

 

またまた在りましたよ。

ホットドリンクのコーナー。モヒート。

混雑していたのと、寒さが辛かったのとで立ち止まる事なくスルー。

マジ寒かったんですよ。

 

 

7丁目会場のストックホルム大聖堂の大雪像

 

 

7丁目は、HTBスウェーデン広場。

世界各国との友好・交流を深める広場です。

今回は、日本との国交150年を迎える北欧のスウェーデンがメインテーマとなっていました。

スウェーデンの旧市街ガムラ・スタンの高台に13世紀に建てられたストックホルム大聖堂の大雪像。

クオリティが高い!

 

 

8丁目会場は奈良薬師寺大講堂の大雪像

 

 

8丁目会場に入ると喫煙ブースを発見。

禁煙していると、勝手ですがこんなの不要だと思ってしまうんです。

全部禁煙で吸うとこなんて無くてええやん。ってね。

こんな立派な建物を設置するなんて・・(; ^ω^)

 

 

で、脱線しちゃいましたが、8丁目のメインは奈良薬師寺の大雪像。

ライトアップされて綺麗でした。

こういう和のテイストも良い感じになりますね。

 

 

9丁目の市民雪像にあの人が!

 

 

市民会場には、毎年話題の人の姿があります。

昨年は、ピコ太郎でしたが、今年はブルゾンちえみですね。

似てるのか?

ってクオリティについては???ですが、楽しめました。

 

 

10丁目会場は手塚治虫まつりだった

 

 

生誕90年を記念しての手塚治虫まつり。

リボンの騎士やらジャングル大帝の絵がありました。

 

 

そして、大雪像のセンターに鉄腕アトム。

世代的にもう少し上の人なら感動モノなのかもしれませんが、個人的にはリアルタイム世代じゃ無いんです。

 

 

11丁目の国際広場では開催中なのに作業中というカオス

 

 

毎年、このエリアだけ時間が止まっているのでしょうか?w

開催日を過ぎていますが、まだ製作中の雪像ばかり。

これって、開催期間中に完成出来るのかすら謎です。

これはこれで面白いですけどw

 

 

今年も雪ミクの雪像がありました。

凄い人気ですよね。

新千歳空港にも施設が出来て凄く勢いを感じます。

 

 

12丁目の市民雪像は まさかのスルー

 

12丁目の会場にも市民雪像が並んでいます。

今年は、あの日本ハムの清宮選手の雪像もあるそうです。

ですが、寒さに負けて11丁目で引き返しました。

 

 

まとめ

 

大通公園の会場だけでも1丁目から順番に12丁目まで観ると結構な時間がかかります。

外は氷点下にもなる寒さなので、防寒対策はしっかりと。

足元は、沢山の人が踏み均す為に圧雪アイスバーン状態で、かなり滑ります。

前を向いて雪像に気を取られていると、簡単に転んでしまうくらい危険です。

又、転び方が悪いと骨折などの怪我に繋がるので、慎重に歩いて進む必要があります。

 

寒くなったら、風邪を引かないように地下へ入るのがオススメ。

大通公園の地下にはオーロラタウンという地下街もあるので、寒くて我慢できない場合は、地下へ降りましょう。

会場は、夕暮れ以降のライトアップされる時間帯が見頃です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。