さっぽろライラックまつりってライラックが主役でしょ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌の大通公園で開催される毎年恒例のさっぽろライラックまつり。

こんにちは。あだじょぱです。

場所が大通公園という事で、毎年通りかかるイベントとなっているライラックまつり。

長い冬が終わって野外で楽しめるイベントを心待ちにしていた人も多い筈。

北海道外からの観光旅行でも楽しめるので、開催時期には観光客の姿も多くなります。

我が家も移住後は毎年のように会場で飲食を楽しんでいます。

 

 

さっぽろライラックまつり2018

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 12-40mm f2.8 PRO

 

今年もこの時期がやって来ました。

メイン会場の大通公園は、札幌で暮らす者にとっては馴染みの場所。

仕事や、ちょっとした買い物で立ち寄る事もありますよね?

さっぽろライラックまつりは、その大通公園を会場として開催されるグルメイベント。

長い冬が終わり、やっと、野外で美味しいグルメを味わえるイベントです。

 

 

過去にも行ってたライラックまつり

 

北海道って雪が消えるとグルメイベントが各地で開催されます。

札幌のイベントは特に多くの種類のグルメが集まるので、観光客などで毎回賑わっています。

札幌市内中心部の大通公園で開催されるイベントは、アクセスも便利ですからね。

 

さっぽろライラックまつりは、ライラックの開花時期に開催されるイベントです。

大通公園の5丁目から7丁目までをメイン会場に美味しいグルメが味わえる催し。

昨年も美味しいグルメを食べた記憶があります。

 

関連記事

 

今年の出店状況を確認しても、それ程大きな変化を感じませんね。

まぁ、北海道はグルメが魅力ですからね。

 

 

併せて開催中なのが札幌ラーメンショー

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 12-40mm f2.8 PRO

 

ライラックまつの会場と隣接する大通公園内の敷地では、札幌ラーメンショーも開催中でした。

北海道外からも出店される全国のラーメンが集まるイベント。

札幌もラーメンは人気のグルメで、激戦区でもあります。

普段は食べられないような道外のラーメンが食べられるとあって、沢山の人で連日賑わっています。

 

一杯800円のチケットを事前に購入するシステム。

人気のラーメンは長蛇の列になる事も多いです。

 

 

開催会場と主な営業時間

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 14-42mm f3.5-5.6 EZ

 

会場は、大きく分けて大通公園会場と川下公園会場があります。

会場によって開催日程に違いがあります。

 

開催会場と開催日程
  • 大通公園会場 5月16日(水)〜27日(日)
  • 川下公園会場 6月2日(土)〜3日(日)

 

大通公園会場がメイン会場ですが、5丁目から7丁目までを使って会場が設営されています。

 

大通公園会場の案内
  • 体験イベントをメインとした5丁目会場
  • 野外ステージとインターナショナルフードコートの6丁目会場
  • ワインガーデン2018の7丁目会場

 

それぞれ営業時間が異なりますが、10時から21時くらいの間で営業しています。

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 12-40mm f2.8 PRO

 

食べ歩きを考えた場合、6丁目か7丁目がオススメです。

ワインガーデンがメインらしい会場になっていました。

 

 

ライラックが主役だよね?

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 12-40mm f2.8 PRO

 

毎年、開催される度に足を運び美味しいグルメを味わって帰る流れでしたが、このイベントはライラックというその名の通り、ライラックが主役の筈。

そう思って、今回は公園内のライラックをメインに移動してみました。

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 14-42mm f3.5-5.6 EZ

 

無事に咲いてました。

公園の芝生に植えられた鮮やかな花も綺麗でした。

これぞ、ライラックまつりですよ!

この日は、あまりライラックを眺めている人には出会いませんでしたが、折角なのでライラックも楽しんで欲しいところですね。

 

 

そもそもライラックですが、モクセイ科ハシドイ属の落葉樹で和名はムラサキハシドイと言います。

フランス語からリラと呼ばれる事も。

ライラックは、北海道を走る特急の名前にも使われています。

花言葉は、友情、純潔、初恋というなんだか照れ臭い感じです。

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 14-42mm f3.5-5.6 EZ

 

 

まとめ

 

今回は、また違った角度から「さっぽろライラックまつり2018」を楽しみました。

会場内は、昨年から大きな変化が無かったので、例年通りといった雰囲気。

積雪の時期が嘘のように緑が生い茂り、鮮やかな花々とライラックが綺麗でした。

 

ワインをメインとした会場では、ワインに合うグルメが沢山並んでいます。

札幌ラーメンショーも開催中ですが、1日で両方を楽しむには胃袋がもちません。

可能なら午後と午前や、日程を変えて両方味わうのが良いと思います。

折角なので、主役のライラックは忘れずにチェックしてください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。