D750用に単焦点レンズAF-S 50mmf1.8Gを購入してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

Nikon D750用として単焦点レンズを購入しました。

こんにちは。あだじょぱです。

購入したレンズは、Nikon純正の50mm f1.8Gの方です。

スナップが好きなのでキヤノンを使っていた頃も単焦点は必須でした。

下手くそほど道具に頼るのが良いと思っています。

単焦点はズームレンズに比べ無理のない設計で評判が良いので1本は欲しいと思っていました。

 

 

単焦点レンズの選択

 

 

ズームレンズは、焦点域に幅があるので、広角側から望遠側までズームリングを回転させるだけで、広範囲を撮影できるという大きなメリットがありますが、その反面、構造が複雑で単焦点に比べて画質は少し劣るような傾向があります。

勿論、画質を追求したズームレンズもありますが明るさだったり、様々な要素を高レベルで維持するとなると大変ですし、高価なレンズになります。

明るさを犠牲にした少しだけ価格を抑えたレンズもありますが、単焦点は明るく綺麗な写りのものが多く、ズームレンズの同等品と比較すれば価格も少し安いものがあります。

 

 

焦点域の選択

 

単焦点レンズを購入する際に注意しなければならないのが、どの焦点域にするかです。

単焦点レンズはズームレンズと違い撮影できる焦点域が固定となります。

その為、買ったは良いけど使いづらいと後悔しないように、普段から使う頻度の高そうな焦点域を把握しておく必要があります。

単焦点レンズの場合は、ズームが出来ないので自分の足を使った撮影が基本になります。

それが煩わしいと感じるのであれば、わざわざ購入する必要は無いかもしれません。

又、同じメーカーのデジタルカメラであっても、使えないレンズがあるので、購入の際は確認が必要です。

僕の場合はD750用の購入だったので、APS-C(Nikonの場合DX)専用レンズは使えないので、35mmフルサイズ(Nikonの場合FX)で使用可能なレンズからの選択となりました。

 

 

焦点域の重複

 

よくどの焦点域の単焦点を買うべきか?の回答として、現在所持しているレンズと被らないものを勧められることが多いのですが、今回は敢えて所持しているズームレンズと被る焦点域の単焦点をチョイスしました。

キヤノンには、撒き餌レンズと呼ばれる50mmf1.8のレンズが存在します。

初めての一眼レフでキヤノンのカメラを購入した時に購入して使っていました。

質感はお世辞にも良いとは言えないレンズですが、1万円を切る価格の割に写りが良く魅力でした。

当時のカメラはAPS-Cセンサーだったので、正確には焦点域は50mmにならないのですが、しばらく所有していて使用頻度は高かったです。

小さく軽量で持ち運ぶのも便利で、暗い場所でも綺麗に撮影が出来ました。

現在、D750にはお手軽ズームの AF-S 24-120mm f4 を所有していますが、f4固定のレンズなので使い分けもできるし今回も50mmを購入することにしました。

結局、焦点域が所有レンズと被ろうとも、欲しい物を購入すれば良いと思います。

 

 

AF-S 50mm f1.8G

 

キヤノンの撒き餌レンズと言われる50mmと比較しても大きな差があるように思えないので、価格面で割高に感じてしまうかもしれませんが、キャッシュバック期間も利用して購入しました。

外観は、キヤノンほどチープじゃ無い気もしますが、コストパフォーマンスはキヤノンの方が上のような気がします。

 

 

D750で使用

 

7505500

 

実際にD750に装着してみると普段使用しているズームレンズが大きいこともあって小さく軽いです。

D5500と並べると結構大きいんですけどね。

D5500の方もD750と同じモノコック構造で、更に小さくコンパクトなので並べると、D750がかなり大きいのがわかります。

FXフォーマット用のレンズは、基本DXフォーマットでも使用可能なので、D5500でこの単焦点レンズを使うこともできます。

その場合は焦点域が変わってしまいますが。

D750は高感度に強いフルサイズセンサーを搭載した機種ですが、なるべくなら低感度で撮影したいというのが本音。

その点、このレンズなら少し絞っても良く撮れます。

50mmという焦点域は良いですね。

普段ハンドストラップを使用しているので、軽いことも結構評価が高いです。

 

 

使用感

 

D5500と比べると高さも幅も大きいのがわかります。

こういうところでD5500の良さを再確認できます。

D750を購入してからは、殆ど使用していないD5500ですが、そのうち望遠レンズを追加して望遠に特化しようかな。

小型軽量で望遠のシステムが組めるというのが、DXのメリットのような気がします。

そして、D750に装着して実際にこの単焦点レンズだけで撮影してきました。

さっぽろ雪まつりが開幕!行ってきた・撮ってきた

2017.02.07

 

いつもは、室内の食事についてFUJIFILMのX70を使っていますが、今回は外部での食事だったので全てD750+AF-S 50mm f1.8Gで撮影しました。

そこまで感度を気にしないで撮影できました。

持ち運ぶのも軽いので、ズームレンズに戻れないかもしれません。

 

dscf7517

 

標準ズームレンズを装着すると重いんですよね・・。

スナップが多いので、50mmの使用頻度が高くなりそうですが、北海道の風景となると広角で撮りたい場面も結構あるので、悩ましい。やはり両方持ち歩くことになりそうです。

 

 

 

まとめ

 

単焦点レンズは、ズームが出来ないので、自分が動いて思い通りの構図を探る必要がありますが、それがズームレンズでは味わえない楽しさだったりもします。

但し、進入禁止の場所や危険場所へ入らずに焦点域内に収めようとすると限界があります。

その場合は、素直にズームレンズに交換して撮影するのが大事です。

折角レンズ交換が出来るカメラを持っているのだから、撮影環境に応じた対応がしたいです。

標準のズームレンズを使用しながら、よく使う焦点域の単焦点レンズを追加購入するのが良いように思います。

Nikon純正の単焦点レンズの中ではコストパフォーマンスも良い方ですし、個人的には満足しています。

ただ、もっと色々なレンズが欲しくなるという現象には悩まされる日々です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。