コンデジか一眼レフかで悩む問題


スポンサーリンク


スポンサーリンク



スマホも良いけど、ちゃんとしたカメラが欲しい。

こんにちは。あだじょぱです。

そんな考えからデジタルカメラを購入する人が多いみたいです。

あだじょぱ
カメラの方が断然綺麗に撮れる筈

 

最初にカメラを購入した時は、そんな風に思っていましたし、当時はガラケーで写真は明らかにカメラの方が画質が良かったんです。

ですが、最近ではスマホも進化してきました。

スマホよりも綺麗に撮れると思っている人が多いのですが、実際に安価で小型のデジタルカメラを購入しても写真の写りに大差が感じられずガッカリするケースもあります。

カメラ女子
最近はスマホでも綺麗に撮れるから

 

特に最近のスマホはカメラ機能を強化し、ディスプレイの高画素化もあって画像が綺麗です。

わざわざカメラを購入する必要を感じない人が多いのも理解できます。

あだじょぱ
んじゃ、カメラなんて必要ないね
カメラ女子
でも、暗い場所とか難しいシーンはカメラの方が有利

 

スマホは、写真を撮る為に開発されたワケではありません。

写真を撮る事に特化して作られたカメラの方が、優れている部分があるのは当然!

何も考えずにシャッターを押すだけならスマホでも充分綺麗な画像が撮れる事も多いですが、少し難しいシーンでも綺麗に撮れるのはデジタルカメラ。

カメラとしての機能が充実している方が、色んな場面で応用が可能になります。

カメラ女子
カメラにも色んな種類があるから用途に合うものを選ぶ必要があるの
あだじょぱ
大きく分けて、一眼レフとコンパクトがあるけどどっちが良いんだろう?
カメラ女子
どちらにもメリットとデメリットがあるから自分に合ったものを選ぶのが重要ね

 

 

デジタルカメラはコンデジか一眼レフか問題

 

個人的には、両方を所有して来ました。

そんな人が圧倒的に多いのかもしれません。

ですが、失敗したと思う事もあるので、多くの人がそうならないように書いておこうと思います。

 

 

一眼レフを購入する理由

 

一眼レフカメラを購入する流れとしては、スマホ → コンデジ → 一眼レフという感じで推移するケースが多いと思われます。

個人的には、ガラケーだったんで最初からコンデジを長く使っていました。

そこから外観のカッコ良さと画質の向上に憧れてステップアップしたワケです。

特に、子供が生まれたばかりのパパ。

 

可愛い我が子を高画質撮りまくるでー

 

とばかりに、一眼レフへのステップアップを果たします。

 

次々とパパさんが一眼レフを持ち出すのです。

 

量産型パパです。

 

ですが、ここからが問題で一眼レフはカメラよりもレンズが大事だと気づき始めます。

エントリーモデルの一眼レフはキットでも10万円前後ですが、レンズも安くてそのくらいします。

そのレンズを沢山購入するとなれば、数十万円の出費になるんですね。

奥さん
そんな金あったら旅行にでも連れてけよ

 

家庭崩壊の第1歩を踏み出したかもしれません。

 

 

 

進化はスマホだけじゃない

 

そしてスマホも進化しましたが、コンデジも進化しました。

まず、デジタルカメラを購入する際に、よく目にするのが画素数。

画素数が多い方が綺麗に写るというイメージが強いと思いますが、実際にはそうとも限りません。

大事なのは、画素数よりもセンサーの大きさ、サイズです。

同じ画素数でセンサーサイズが異なるカメラなら、大きなサイズのセンサーを搭載したカメラの方が有利です。

 

そこで高級コンデジと呼ばれるコンデジの中では大型のセンサーを搭載した機種が登場してきました。

技術的にも進歩して、APS-Cクラスのデジタル一眼レフに近い写真が撮影できます。

厳密には、差がありますが、一般の人なら気にならないレベルだと思います。

 

 

独りでじっくり撮るなら一眼レフ

 

これまで35mmフルサイズセンサー搭載の一眼レフから、APS-Cサイズのセンサー搭載の一眼レフやコンデジ、それに一般的なコンデジにスマホを使って、北海道を観光しながら撮影していました。

カメラを購入する際は、色々情報を集めたりもしました。

そこで感じたのは、一眼レフを購入しても結局使わなくなる人が多くいるという事でした。

そんな方々が一眼レフを使わなくなった理由が、重くて持ち出さなくなるというもの。

確かにカメラを購入したばかりの最初の頃は、持ち出すのが楽しくて堪らないのですが、暫くするとカメラ熱が冷めて持ち出すのが億劫になるという謎の現象があります。

子供たちの成長もピークになると、被写体になってくれませんし、楽しみが減るのも考えられます。

 

子供が小さいうちでも、一眼レフを持ち歩くには機材が増えて荷物が多くなるという問題があります。

子供が小さいうちは、何かあれば抱っこしたり急いで駆けつけたりとパパさん大活躍を求められる場面も多いので、その荷物が邪魔に感じる事も多くあります。

奥さん
カメラばっかり触ってないで手伝ってよ!

 

家庭崩壊の2歩目を踏み込んだかもしれません。

 

独りで趣味として一眼レフを持ち歩き、時には三脚を立てて撮影するスタイルには良いと思います。

その時は、カメラ機材を沢山持ち歩いても文句を言う人はいません。

そんな時間が取れる人なら、フルサイズセンサー搭載の大きな一眼レフがオススメですね。

 

 

一眼レフのマウント問題

 

一眼レフを使ってみた感じ、画像だけで考えればフルサイズセンサー搭載機種一択です。

APS-Cサイズセンサーや3/4サイズセンサー搭載機がありますが、コンデジとの大きな差を感じません。

勿論、差はありますけど、そこまでの差を感じないという事。

 

APS-Cサイズくらいまでなら、高級コンデジでも十分だと思います。

APS-Cに関しては、望遠が有利になるのとフルサイズ機よりも小型軽量になる点くらい。

個人的には、あまり魅力を感じないシリーズになってしまいました。

 

この辺は規格がややこしいのが問題だと思います。

メーカー毎にマウントと呼ばれるレンズと本体の結合に違いがあり、互換性が無いのでキヤノンのレンズをニコンのカメラに取り付け出来なかったり、同じメーカーのレンズでもセンサーサイズが違うから取り付けられなかったり。

APS-Cサイズの一眼レフを購入し専用のレンズを揃えた状態で、新たにフルサイズの一眼レフを購入すると、それまで揃えたレンズを使う事が出来ないという落とし穴。

将来的にフルサイズの機種を購入するつもりなら、最初からフルサイズカメラ(レンズ)を買えという感じ。

 

 

妥協できるなら高級コンデジ一択

 

コンデジは、小型軽量という事でセンサーサイズが小さい機種が多いです。

その中で近年注目を集めているのが高級コンパクトと呼ばれるクラス。

コンデジの中では、大きなサイズとなる1型センサーを搭載した機種。

 

一眼レフとは違い、レンズ一体型の為、撮影できる範囲(画角)は決まってしまいますが、小型で携帯性に優れたカメラが多いです。

レンズ一体型なので、その搭載するレンズのポテンシャルが最大限に発揮できるように特化して調整されているのが特徴。

一眼レフほどの写りは期待できませんが、そこそこの写りなので妥協できるかが最大のポイントです。

ブログやインスタを利用している人に人気のようです。

一眼レフよりも気軽に持ち出せて、街角スナップにも丁度良いカメラだと思います。

 

 

まとめ

 

結局、カメラは使わなくなれば、売却する事になりますよね。

新しいカメラが気になって、よく調べないで購入し、思ってたのと違うと売却する。

この流れを繰り返していると、相当なお金が消えて行くのでは無いでしょうか?

そうならない為には、将来的に使うかどうかまで視野に入れた検討が必要になります。

 

一眼レフは、カメラが壊れてもレンズ資産があれば、本体を買い替えて使い続ける事も可能です。

レンズ資産を持たない出費の少ないコンデジの場合は、新機種への買い替えがスムーズ。

カメラを本格的に趣味として続けるなら一眼レフ、ブログなどSNSメインでカメラを使い持ち出す機会が多いのならコンデジがオススメ。

コンデジか一眼レフかは、個人個人の用途に合った選択で決まるという結果です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。