カメラ選びに悩んで困っていました。by 中年男性


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

これからカメラの購入を検討しようと辿り着いた皆さん。

こんにちは。あだじょぱです。

このブログ用に撮影しているだけの 汚いオジサン です。

最近の機種ならスマホでも綺麗に写真撮影が出来るようになりました。

スマホのカメラ機能も凄いですね。

 

スマホで撮影がんばって!

 

じゃなくて、カメラを購入する話でした。すみません。

 

 

 

ワクワクのカメラを選び

 

 

カメラなんてどれでも一緒でしょ。

って思うと安い機種を買ってしまうか店員さんの勧める機種を買ってしまい、後悔するかもしれません。

何事も情報です。

性能や機種毎の違いを学んでおけば、自分の用途に合った長く使える相棒をGET出来ます。

 

同じメーカーでも機種が色々ありますよね?

機種が色々あるのには意味があり、微妙に性能に違いがあるんです。

小型軽量が特徴のコンパクトなタイプは、携帯に優れたカメラ。

その中でも上位機種は、大きなセンサーを搭載して画質重視の高額モデルや、望遠に特化したモデル、小型軽量の携帯性に優れたモデルなど様々なタイプが存在します。

大型センサー搭載の上位機種は、高額でボディサイズもコンパクトとは言いづらいサイズが多いです。

それなら、小型のミラーレスや一眼レフの方が、レンズ交換が出来る分、良いような気もします。

望遠に特化したモデルは、画質面で少し無理があるので、これまた小型のレンズ交換式と迷うところ。

携帯性重視のコンパクトカメラは、スマホがあれば必要ないと考える人が多いと思います。

 

もうちょっと書いてみます

 

 

動と静

 

被写体(撮影する対象)を考えます。

それが、動かない風景撮影なのか、動く子供や人物の撮影なのかで選択肢が変わります。

もちろん、どちらも撮影する事になると思いますが、より撮影するであろう被写体に重きを置いて考えます。

 

お子さんを撮影したいと思うパパやママがデジタルカメラを購入しようと考えた場合。

子供のような動く被写体を撮影する場合は、よりAF(オートフォーカス)性能が優れたカメラを選ぶ事で、ブレを軽減したり、ピントを合わせやすいというメリットがあります。

但し、動く被写体の場合は、被写体の動きが速すぎると、カメラ側でのブレでは無く、被写体側のブレがあるので、完璧に百発百中ではありません。

それでもAF性能が高い方が有利である事に違いありません。

ただ、AF性能が高い機種ほど値段も高くなる傾向にあります。

 

風景重視であれば、より画質に拘って、AF性能が劣っても、センサーサイズの大きなカメラを選ぶと綺麗な風景写真を撮るのに有利です。

よく画質の指標として画素数を見る人も多いかと思います。

しかし、実際は画素数だけでなくセンサーサイズも重要で、どちらかと言えばセンサーサイズの方が画質への影響も大きいように感じます。

センサー以外では、メーカー毎のカメラ内での画像処理技術も影響してきますので、仕上がる画像の方向性もメーカー選びでは重要だと思います。

センサーサイズは、大きめの35mmサイズ、一般的なデジタル一眼レフのAPS-Cサイズ、その他にも多くの規格があります。

サイズの大きさは、数字が大きいものほどセンサーサイズが大きい事を表しています。

但し、コンパクトなデジタルカメラでも大型センサーを搭載した機種が出ていますが、一眼レフと同じくらいの高額になります。

 

このAF性能とセンサーサイズ(画質)、画像処理、そして価格のバランスで、購入する機種を絞っていくと良いんじゃないかと思います。

因みにセンサーサイズが大きいほど背景をボカし易く、小さいセンサーはパンフォーカス(ピントの合う幅が広い)になり易いです。

 

 

明と暗

 

そして、次に重視するのがレンズ性能です。

レンズには、それぞれ明るさがあります。

明るいレンズほど、暗い場所の撮影に強くなるので、暗い場所での撮影が多い人であれば検討する要素の1つになります。

一般的なコンパクトタイプのデジタルカメラは、レンズ一体式ですので交換が出来ません。

その機種に搭載されたレンズの明るさはF2.8という風に表記があります。

このF値が小さいほど明るいレンズになります。

 

デジタル一眼レフカメラであれば、レンズは交換出来るので、レンズ付属のキットで購入しても、気に入らなければ、後からレンズを買い足すことも可能です。

明るいレンズは大口径レンズとして高額になる傾向ですが、各社お手頃価格のお試し品のような明るい単焦点レンズを用意してあるので、最初は試してみるのも良いかもしれません。

単焦点レンズは、明るいものが多く、背景をボカしやすいので、腕がイマイチでも、上手く撮れた雰囲気が出せます。

 

 

近と遠

 

そして、今度は近くを撮ることが多いのか遠くを撮ることが多いのか。

一般的にレンズ交換の出来ないコンパクトデジタルカメラは、搭載するレンズにも違いがあります。

高倍率機種に分類される機種は、望遠撮影に適したレンズを搭載しています。

ですが、望遠に強くなる分、カメラ本体が大きくなったり、画質は少し劣ることが多いです。

ですから、望遠を撮る機会はないけど、念のため高倍率機種を購入するというのは、オススメ出来ません。

どちらも使う事が多いのであれば、個人的にはカメラを2台持ちにして、望遠用と一般用で使い分けする方法がオススメです。

 

一眼レフカメラの場合は、望遠レンズという種類のレンズがあります。

しかし、カメラのボディと望遠レンズだけでは、近くの被写体が撮れませんし、風景など広く撮影したい場合に困ります。

普通は、標準レンズと併用して望遠レンズを使うのが一般的です。

お子さんの運動会などで使う場合は、グラウンドの広さや撮影位置もありますが、200mmでは足りず300mmくらいは必要になると思います。

 

 

軽と重

 

最後は、持ち歩くカメラに望む重さです。

風景を撮影する場合は、最初から場所を決めて撮影に出かける事が多いので、カメラバッグを背負いますが、スナップ写真であれば撮りたい時にポケットから出してすぐに撮影できる方が良いですよね。

普段の使い方に応じてカメラの大きさや重さを決めると後悔しません。

案外、気にしない人もいるみたいですが、実際のところ結構重要な事だと思います。

カメラが重いと持ち歩く機会が減り、最終的にスマホになる可能性もあります。

特に一眼レフは、カメラ本体以外にも予備のレンズなどを持ち歩き、重くなる傾向にありますので、注意が必要です。

 

 

使い分け

 

そして、現在使用しているD750とX70ですが、大きさやタイプの違うこの2機種は使い分けが出来て非常に便利です。

FUJIFILM X70は、コンパクトなのに画質が良い

2016.09.04

 

共通しているのは、センサーサイズが大きめである事です。

風景や料理などを撮影する事が主な用途なので、動く被写体を撮影する機会は殆どありません。

そこでAF性能は低めの機種にする事で購入価格を抑えました。

もし、動く被写体が多かったなら、D750という選択ではなく、D500にしたところです。

【カメラ】 D750とD500で悩んだ末に買ったのは 【購入】

2016.09.10

 

X70は大きさが微妙なので、SONYのRXシリーズの方が機動性は良いのは確かです。

RXシリーズも所有していますが、敢えてX70を使うのには理由があります。

フジの発色が好きな事と、X70の方がグリップが良い感触という事が大きいです。

ポケットに入らないという声が多い中、僕はポケットに入れて持ち歩く事もあります。

少し大きめのポケットであれば入るのです。

例えば、カーゴパンツとか。

普段は、カメラをバッグに入れて背負っている事も多いので、すぐに撮影したい場合はポケットから取り出せると便利です。

大きな一眼レフを出すのが面倒な店舗内だとか、X70が活躍する機会は多いです。

意外とコイツ万能です。

 

 

最後に

 

カメラは本当に種類が多くて悩みます。

特に一眼レフカメラはレンズに互換性がないので、最初に購入したら同じメーカーを使い続ける事が多いです。

ですので、色々と悩む時間を長めにとって、勉強して後悔しないようにしたいです。

僕の場合は、ギター演奏の動画撮影にも使うのですが、そちらはD5500かX70を使う事が多いです。

これは液晶モニターの角度の問題で自撮りがしやすいというだけですけど。

人によって重要視するポイントに違いがあるので、自分の使い方に最適な機種を選んで長く使えれば、それが最高の機種であると思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。