接眼目当てが勝手にさよならする件


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道へ移住して、主に風景を撮影するのにNikonのデジタル一眼レフカメラを使ってます。

こんにちは。あだじょぱです。

使用しているデジタル一眼レフカメラは、D750とD5500の2台。

北海道も夏になり、道内各地でお祭りなどのイベントが開催され、観光シーズンの真っ只中という感じ。

こんな時期は、ちょっと遠出してでも、北海道らしい自然の風景を撮影したくなりますよね。

カメラを持ち出す機会も増える時期かと思います。

D750&D5500で出かけるようになって1年ですが、1年使ってみて困った事があるので、これから購入を検討される方向けに参考に書きます。

 

 

接眼目当ての紛失

 

問題とは、接眼目当ての事です。

この1ヶ月で、2個の接眼目当てを紛失しました。

D750とD5500では、接眼目当ての形が違うので品番も異なるのですが、1個ずつ紛失しました。

撮影に出かけて帰宅して気がつくと既に無くなっているんです。

 

それまで、何度かカメラバッグの中に落ちていたり、移動で使った車の車内に落ちていたのを発見した事も数回ほどありました。

正直、こんなに外れちゃうもんなのか?と思うワケですよ。

 

首からぶら下げて歩いている間に、身体の何処かと接触して緩んだ後にぶっ飛んでるのか、カメラ同士がぶつかって接眼目当てが外れるのか。

最初は、カメラバッグからの出し入れで外れてしまったのだろうと思っていましたが、カメラバッグから出した状態の時にも外れていたので、それだけが原因では無いみたいだと気がつきました。

 

接眼目当て自体は、単価500円ほどの物ですが、あまり頻繁に紛失するようであれば、塵も積もればで出費が大きくなるのも困りもの。

何か使い方が悪いのか?

と言っても、普段の撮影では、首からぶら下げて歩いているだけなので、無茶な事は何もしていないとおもうんですが・・。

そこで、ネットで調べてみると、紛失している人が多くいました。

ネットのショップでもD750用のDK-21という接眼目当ては売り切れているところがありました。

おいおい・・。

あまりに紛失するので、ロット購入で自宅にストックを持つ人や、接眼目当てとカメラ本体とを紐で繋ぐなどの対策を施されている人までいるみたいです。

紐状のもので接眼目当てのネジ部分と、カメラ本体のストラップを結ぶ方法は思いつきましたけど、実際の撮影時に邪魔になってイライラしそうなので、却下しました。

紛失は防げるでしょうけどね・・。

うちの嫁からも、そんなに紛失するんならアロンアルファで貼っちゃえば!などと言われる始末。

いや、そんなコトしたら困るんですけど・・。

 

(;゜ロ゜)

 

 

 

 

 

 

ただ、接眼目当てをセットした状態で、外そうとすると結構きついんです。

なんなんだろうか。

Canonのカメラを使っていた時は、1度も無かった事なんですがね。

 

D750は、フルサイズセンサー搭載のNikonでいうところのFXモデルですが、エントリーモデルな作りなので、接眼目当てが四角いタイプ。

D500やD810のような丸形の物であれば、外れにくいらしいです。

エントリーモデルのカメラを嘲笑うかのように・・・。

マジかよ・・。

 

 

最後に

 

これからNikonの一眼レフカメラを購入しようかと検討される参考にしてください。

あまり頻繁に紛失すると嫁に怒られるので、これからは気を付けて頻繁に確認しながら撮影します。

特に、2台で持ち歩くときに、1台を首から下げて、もう1台を肩にかけてという風にする事がありますけど、これだと肩に掛けた方が目に入らないので、紛失しても気がつかない可能性があります。

カメラバッグに入れて持ち運ぶようにしておけば、万が一、外れたとしてもバッグ内に落ちる事になるので、発見しやすいかと。

この接眼目当てがすぐに外れる件だけは、ちょっと気になります。

それ以外は、とても良いカメラなんですけどね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。