カメラバッグLowepro Flipside200を買ってみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

新しいデジタル一眼レフ(Nikon D750)が入る鞄がありません。

こんにちは。あだじょぱです。

衝動的に購入してしまったD750ですが、普段持ち歩くときに入れておくような鞄がありませんでした。

このセットレンズが馬鹿デカいからというのもありますが・・・。

そこで、今回カメラバッグを購入してみました。

 

 

カメラバッグ購入

カメラバッグ検討段階

 

カメラバッグと言っても種類が沢山あるので、どれを買おうか悩みました。

個人的に機能性重視派なのでメーカーなどは気にしません。

自分に合った物を選ぶ。ただそれだけです。

カメラバッグのメーカーは気にしませんが種類があります。

ショルダーバッグやリュックなど。

更にその中でも様々なメーカーが色んな付加価値などを付けて販売しているので、普通に考えていると何日も必要になります。

 

僕は普段、D750の様な少し大きいカメラにはネックストラップは付けず、ハンドストラップを付けています。

そして、バッグへの要望もあります。

  • すぐに取り出せる構造であること
  • 長時間移動でも身体への負担がすくないこと
  • なるべく小さくコンパクトであること
  • 雨などにも対応可能なこと

 

ちょっと欲張りな要求かもしれませんが、荷物が多くなって機動力を削がれるのが嫌いなんです。

そしてスナップ写真をサクッと撮れるように簡単にカメラが取り出せないと困ります。

ショルダーバッグでは、長時間移動の際に肩が痛くなりそうなのでリュックタイプの方で絞る事にしました。

 

 

Lowepro

 

機能を絞って調べていくうちにLoweproのカメラバッグに興味が湧きました。

その中でも、SlingshotEdge 250 AWⅢFlipside 200の2つが自分の要望に合いそうな気がしました。

前者は片掛けのタイプでコンパクト。

後者はリュックのタイプでコンパクト。

悩みます。

 

名前はSlingshotの方がカッコイイんですけど、Flipsideと比較して気になるのが片掛けという事と背面にファスナーがあるのでファスナーを閉め忘れたらカメラが落下してしまいそうな点。

それに比べてFlipsideの方は、内側にファスナーがあるので背負っている限り開く事はありません。

それに両肩で背負う方が負担も少ない。

更にリュックを下ろさなくてもカメラが取り出せる。

 

両方の商品について確認してみると、Slingshotの方は小型のミラーレスを想定している商品みたいでした。

D750に24-120mmを付けた状態だと、結構な大きさと重さになるので、最終的にFlipsideに決定。

Flipsideのシリーズで人気があるのは、Flipside 400という少し大きめのタイプでしたが、個人的には出来る限りコンパクトにしたかったんで、1番小さいFlipside 200にしました。

入るかどうか少し不安もありましたが、仕切りを変更できるので何とかなるだろうと思い、購入する事にしました。

 

安かったんでAmazonでの購入です。

 

 

レビュー

 

dscf7641

指定など一切しなかったんですが、オーダーして2日ほどで届きました。

段ボールを見ただけで何が届いたか理解しましたよ。

開梱して袋から取り出して中身を確認、Lowepro Flipside 200が入っていました。

 

dscf7642

外観はこんな感じです。

外側に付いているベルトは、三脚を固定出来るようになっています。

バッグ下側に三脚の脚先を収納する袋が隠れていて簡単に持ち運べるみたいです。

現物は思っていたより少し小さくて、正直カメラが入らないかもしれないと焦りました。

 

dscf7646

実際に収納してみた感じ。

このめくれてる方が背中側になります。

腰のベルトが付いているので、そちらを固定しておけば、背中からお腹側にバッグを回して、地面に降ろす事無く、カメラが取り出せるようになっています。

カメラのストラップが邪魔に感じるようなら、ハンドストラップという方法もあります。

 

 

 

カメラの液晶側が上になるのですが、小さなファスナー付きの収納があります。

めくれている方にもポケットがあるので、ちょっとした物を収納出来そうです。

カメラの横にはレンズが収納可能で、仕切りもマジックテープで自在に変更が出来ます。

 

dscf7648

サイドにはペンやSDカードなどを収納可能な部分がありました。

反対側はネットが付いているのでペットボトルなどが突っ込めそう。

これで出かけるときも、常にハンドストラップで手に持ったまま歩くというスタイルから、おさらば出来そうです。

雨の場合は、カバーを被せようと思います。

 

img_66050

実際に背負ったサイズは、こんな感じです。

 

 

まとめ

 

今回の購入は自分に合った物という事で選びました。

  • コンパクトでD750+24-120mm f4 キットレンズ付が収納可能
  • 他にレンズ2本くらいは入りそう
  • X70も入りる
  • ちょとしたペンやメモ帳を収納可能
  • 雨でも大丈夫
  • 三脚も持ち運べる
  • バッグを降ろさずにカメラを出し入れ可能

 

機材が多い方は全然入らないですが、お手軽散歩用には適していると思います。

レンズも長い物だと入らない可能性が高いので、少し大きくなりますが300か400の方が無難です。

400以上には、防水カバーが標準装備されています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。