初心者にはデジタル一眼レフのマウント選びから難しい


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

デジタル一眼レフを購入する時に気をつけなければならないメーカー選び。

こんにちは。あだじょぱです。

デジタル一眼レフって、メーカーによってレンズのマウントが違うので、

カメラとレンズで別のメーカーを使うという事が出来ないのが、

カメラ選びを難しくしているように感じます。

特に何も知らない初心者の段階では、このマウントについての知識も乏しく、

後悔する人がいるかもしれません。

 

殆どの場合は、最初に買った一眼レフカメラのメーカーでレンズも揃えることになり、

システムが完成していく流れだと思います。

そう考えると、最初に購入する一眼レフカメラのマウント(メーカー)って

大事なんだなと思いますが、どのように選べば良いのかという問題があります。

 

個人的には、今現在、Nikonのカメラを使用していますが、

落ち着くまでには、CanonやPentaxなども使っていた時期があり、

随分と遠回りをしてきました。

 

それは、やはり他のメーカーも気になったからというのが大きなところなんですけど、

出費も大きいですから失敗でもありますよね。

そんな失敗をしないために、最初から自分に合うメーカーを選んで欲しいと思います。

 

 

マウントの種類が多くて迷うけど

 

デジタル一眼レフでは、撮影のシチュエーションに応じてレンズを交換する事が多く、

その為にレンズを買い増していくことになりますが、

各社で互換性が無い為に、カメラの本体を購入した時点で、

ほぼ自動でレンズ資産の方向が決まります。

 

一部、サードパーティと呼ばれるレンズもありますが、

マウントが異なるのでNikon用、Canon用と同じレンズでも種類があり、

Canon用のレンズでNikonでも使うという事が出来ないのです。

最悪、気に入ったレンズをマウント別に二本用意することになるのです。

 

なんて面倒なんだ!

 

例えば、Sonyの一眼レフとCanonの一眼レフを所有すると、

SonyのレンズシステムとCanonのレンズシステムを構築する必要がありますが、

2台ともSonyにするなど、同一のメーカーで揃えることによって、

1つのメーカーのレンズを使いまわせるようになります。

 

他メーカーのマウントを使い分けることで、

異なる味付けの写真が楽しめるというメリットがありますが、

良いレンズほど価格も高くなるので、お金は非常にかかります。

 

なんだか初めて購入する1台目のマウント選びって、

相当なプレッシャーを感じますよね。

各社で特徴があるので、そこから判断するしかありませんが、

かなり悩むところです。

 

 

SONYのEマウントとAマウント

 

Sonyだけで2種類のマウントがあるやん!って、感じですが、

そんなところが、ややこしくしているんですよね。

そもそもSonyの一眼レフは、コニカミノルタのカメラ事業を買収した経緯があって、

コニカミノルタの時代のマウントをそのまま利用したのがAマウントなんですね。

CanonやNikonに近いカメラがラインナップにありますけど、

現行でも2機種しかないところから、

主力は後述のEマウントになっていくような気がします。

 

Eマウントの方は、小型軽量が特徴のミラーレス機で出てきましたが、

35mmフルサイズセンサーモデルからAPS-Cセンサータイプのカメラまで、

カメラ本体のラインナップも多いのが特徴です。

 

小型軽量でシステムを組むなら、Eマウントを選択するのもありだと思います。

マウントでは、小型軽量では有利なシステムとして、

オリンパスやパナソニックが採用しているフォーサーズという規格がありますけど、

センサーサイズがAPS-Cよりも小さいので、

個人的にはSonyのEマウントの方が35mmフルサイズまで対応できる分、

良いのかなと思います。

 

結局は、機能満載のカメラほど少し大きめになりますし、

レンズが大口径になったりで、軽量化の恩恵を感じるのは難しいように思います。

デザインも現代的な感じがするので、若者にも好まれそうな雰囲気です。

実はa6000シリーズは、所有していた時期がありますが、

その頃はAF機能とグリップの感触、

しっかりホールド出来ない感じがして満足できませんでした。

 

初心者にオススメと言いたいところなんですが、

安価な価格帯のものは不満点が残るので、

オススメは上位機種になるのですが、価格がちょっとお高い。

魅力的ですが、カメラもレンズも高価というのが、最大のネックです。

 

 

 

 

Canon 複数の種類があるけどEFマウント

 

キヤノンのマウントは、ハイテクな感じのマウントで電子制御が特徴になっています。

ややこしいと感じるのは、同じEFマウントでもレンズによって種類があり、

EF-SシリーズがAPS-C専用のレンズ、EF-Mシリーズがミラーレス専用のレンズ、

ただのEFになると35mmフルサイズ対応となるところ。

  • EFレンズ
  • EF-Sレンズ
  • EF-Mレンズ

 

同じEFだから間違ってしまいそう。

又、ミラーレスについては、Sonyやオリンパスなどの先行しているメーカーの方が魅力的で、

キヤノンとしては、APS-Cクラス以上の機種ほど注力していないようにも感じます。

APS-Cサイズ以上のカメラであれば、

性能も素晴らしくレンズも評価の高いものが豊富に揃っているので、

最終的な写真の色味などの方向性が合えば、オススメのメーカーです。

Canonは、初代KissからEOS7Dまでお世話になりましたが、性能では文句無しの優等生でした。

 

好みの問題でNikonのゴツゴツしたカメラ本体に移りましたけど、

丸みを帯びたCanonのルックスが良ければ、長く使える機種だと思います。

メーカーとしての考え方が一貫しているようで、

下位機種は下位機種らしいエントリーモデルの仕様、中級機は中級機の仕様という風に、

機種ごとの壁を守り続けるようなイメージがあるので、

自分にあったランクの機種を選べば後悔は少ないと思います。

 

 

 

 

Nikon わかりづらいFマウント

 

Nikonのレンズは、表記だけだとパッと見てわからないような感じですが、

全般的にFマウントと呼ばれます。

違うのは、ミラーレスみたいな機種が存在し、

それだけ規格が別系統でNikon1というシリーズを展開し、

マウントが1マウントとなっているところ。

 

しかし、このNikon1シリーズが個人的には好きになれないシリーズで、

コンデジ並みのセンサーサイズを搭載したレンズ交換式のカメラです。

なぜ他社が35mmフルサイズのミラーレスまで発売しているのに、

こんな仕様で出してきたんだ?

と思うくらい謎のシステム。

 

小型軽量なら画質が向上中のコンデジやスマホもあるので、

失敗したんちゃう?

と思ってしまいます。

それならSonyのミラーレス買うわ。

って思ってしまう中途半端な仕様に全く興味が湧きません。

 

Fマウントは、DXというタイプがAPS-C専用になっていますが、

35mmフルサイズ対応のものは特にFXという表記が無いんですね。

NikonとCanonとで迷う人がいますけど、どちらが良いかと問われれば、Canonを勧めたいと思います。

 

個人的な意見ですが、Canonだと簡単に好みの写真が撮れるような気がしますけど、

Nikonのカメラは失敗も多くあるような感じがするんです。

同じクラスの機種を比較しても、両社で微妙に仕様が違うところがあるので、

好みで選ぶのが無難ですが、将来的に色んなレンズを使いたいのであれば、

レンズのラインナップが重要だと思います。

 

 

 

PENTAXのKマウントとその他マウント

 

ペンタックスは、結構好きなカメラです。

今はリコーの中のカメラブランドとなってしまいましたが、良いカメラだと思います。

ペンタックスには、主力のKマウントのほかに、

中判と呼ばれる35mmフルサイズよりも大きなセンサーを搭載したカメラがあるので、

専用の645マウントというのがあり、

逆に小さなコンデジサイズのセンサーなのにレンズ交換可能なミラーレス一眼もあるので、

専用のQマウントなんてのもあります。

かなりマニアックな感じですね。

 

しかし、KマウントはAPS-Cサイズと35mmフルサイズのラインナップがあり、

写りの傾向も他社に劣るとは思いません。

その上、コストパフォーマンスに優れたカメラを次々に開発して

販売するところが素晴らしいと思います。

エントリー機でも防塵防滴仕様になっていたりと手を抜くところは無いといった感じで、他のメーカーと差別化を図っている感じがカッコ良いと思います。

 

ただ、レンズのラインナップは少なめなので、そこで敬遠される人もいるようです。

PENTAXは、ist時代に所有していましたが、

当時は今の機種ほど盛り沢山な機能では無かったのと、

レンズが少なかったのとで手放すことになりました。

AFの性能が若干他社よりも劣る気がするので、そこが改善されれば、

非常に魅力的なカメラになると思っています。

レンズの縁のグリーンのラインもカッコ良いです。

 

 

 

 

カメラに関する情報の真偽

 

マウントも気になりますが、カメラ本体やレンズについての情報も気になりますよね。

これだけネットが普及した時代ですから、口コミサイトにアクセスすれば、

気になるカメラの情報は溢れています。

初めて一眼レフを購入する時って、多くの場合で皆さん初心者だと思います。

すると、口コミサイトで調べようと考える人も少なく無い筈。

ですが、意外にも、口コミサイトを見て更に迷いが大きくなってしまう事もあります。

個人的にも、気になったカメラがあれば、

誰もが書き込めるような口コミサイトで情報を確認することはありますが、

同一機種でも真逆の意見が書き込まれていたりするので、

どの意見を信じれば良いのか判断に困る事がありました。

 

自分が使っているメーカーや機種には愛着が湧くので、少し補正がかかってしまうのは仕方ない気もするんですが、議論がエキサイトしてくると話が大きくなったりしているようにも感じてしまいます。

 

ある程度の知識がついてくれば、

書き込みの意見を参考に自分自身で判断も出来ますが、

初心者のうちは判断がつかない事も多いです。

口コミサイトを見る前よりも、悩む結果になるのは、そんな時です。

 

 

使いたいレンズで選ぶ

 

最初のデジタル一眼レフを購入するときに、

初心者だとカメラばかりに気をとられがちですが、

将来的にレンズを増やすつもりであれば、

使いたいレンズが揃っているかどうかを確認しておくと後悔しません。

いざカメラを購入したけど、使いたいレンズが無かった。

なんて事になると、結局カメラを買い替えるか、使わなくなってしまいます。

レンズは、焦点域だけでなく評判なども大事で、使いたい焦点域のレンズがあったとしても、評価が低いレンズばかりだと他社が気になるものです。

 

レンズでも単焦点レンズの評判が高いメーカーや、

機能面で評判が高いメーカーなど特徴があるので、

自分に合ったメーカーで選ぶのが良いと思います。

 

レンズも超広角レンズや、望遠レンズ、単焦点レンズやズームレンズ、マクロレンズなど種類が豊富な上に、手ぶれ補正機能やコーティングなど仕様での違いもあるので、値段も変わってきます。

又、センサーサイズによるフォーマットの違いで、

同じメーカーでも組み合わせによって使えないレンズというのが存在するので注意が必要です。

 

 

カメラ本体で選ぶ

 

個人的には、このタイプですが、気に入ったカメラ本体で選んだパターン。

カメラ本体のデザインは好みで意見が分かれるところですが、

丸みを帯びたCanon機よりもNikon機の方が個人的に好みだったという点が大きいです。

あとは、グリップを握った時に握りやすいと感じたのもNikon機でした。

 

レンズ群で考えると、Canonの方が魅力的に思っていますし、

カメラ本体の性能面でもCanonの方が上のように思っている部分は大きいですが、

敢えてNikon機を選んだのはグリップと外観デザイン。

ぶっちゃけ、高機能であっても使いこなす腕は持っていないですし、

今の機能で何でも頑張れば、腕も上がって良いんじゃないかと思っています。

ですので、友人や知人にカメラのオススメを聞かれた際には、Canonを勧めています。

又は、お金に余裕があれば、Sonyのミラーレス。

 

Canonは、初心者でも使いやすく簡単に綺麗な写真が撮れるように感じました。

Nikonは時々、なんだか弄らないと上手く撮れない時があるように思います。

Sonyにもフルサイズ機がありますけど、価格が高いので嫁の許可が・・・。

 

 

結局Nikonを選択した理由

 

前述の通りNikon機を選んだのは、外観と使いやすさのバランスと価格面を考慮した結果です。

まず、マウントを選択する上で、各メーカー毎にセンサーサイズの違いという要素もありました。

カメラ選びをややこしくしている原因の1つだと思うんですけど、

個人的にはセンサーサイズの小さいものは、

コンパクトなシステム構成になるのがメリットになるけど、

画質は少し劣るような感覚を持っています。

 

コンパクトなシステムを組みたいという理由が無く、

ファインダーを覗いて風景を撮影する目的を最優先に考えると、

Sony、Canon、Nikonくらいに絞られてきました。

そこから外観や機能、価格などを検討して最終的にNikonに落ち着いたという感じです。

 

 

最後に

 

ギターもカメラも同じですが、気に入ったものを購入しないと使わなくなるので、

モチベーションを維持するという意味でも重要な要素だと思います。

全てにおいて完璧なものは無く、評判の悪い部分だってあると思いますが、

自分が気に入ったものであれば、そんなところも許容出来ます。

 

本格的な写真を撮りたいのであれば、最上位機種を買っておけば間違いないですし、

そこまで必要なければ、妥協しないで欲しい機種を購入するのが1番です。

妥協してしまうと、いつまでも不満が残ってしまい、結局、買い替えに走るかもしれません。

 

 

マーケットで考えると、一般的なCanonやNikonの一眼レフは販売台数も年々減少傾向にあり、逆にSonyなどのミラーレスが販売台数を伸ばしています。

Nikonからシステムを移行される人や、Sonyのカメラを買い足す方も増えてきました。

オートフォーカスの精度や動画性能など優れた面も多く、

価格さえもう少し安くなれば、個人的にも購入してしまいそうな勢いです。

 

将来の事は明確にわかりませんが、ミラーレスが販売台数を伸ばしている事は間違いないので、今後はミラーレスが主流になっていくのかもしれません。

そうなると、先行して開発しているSonyが有利で、

これから購入するには良いのかなとも思います。

やっぱり、マウント選びって難しいですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。