D750を使って感じるD5500の良さ


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

D750は良いカメラだと思います。

こんにちは。あだじょぱです。

 

下手くそながらD750を使って、移住した北海道で写真を撮るのが楽しく感じていますが、サブ機となったD5500も良いカメラで手放せません。

【カメラ】 お手軽一眼レフNikon D5500 【レビュー】

2016.09.06

 

既に、D5600という後継機種が発売され前モデルという扱いですが、D5600と比較しても大きな仕様で大きな差も無く、まだまだ使えるカメラだと思います。

これから購入する方は、D5600で良いと思いますが、D5500の中古などを検討する方には良いカメラなのでオススメしたいですね。

 

 

最近のカメラの性能

 

最近、凄く思う事があります。

僕がD750をメインで使用するのは、ただのフルサイズ機を所有している満足感が大きいのだと思います。

正直、撮った写真の用途はブログやSNS。

大きくプリントアウトする事も無く、作品を撮るような感じでもありません。

言ってしまえば、

 

アホです。

 

 

D5500でも充分

 

 

D750は、AFが51点ですが、殆ど使う事がありません。

 

男は黙って

センター1点!

それなら、D5500のAFでも充分です。

D750の背面液晶モニターは、可動式ですが横には動かないタイプですが、D5500の背面液晶モニターは、バリアングルの可動式で横にも動くタイプなので、D5500で良いのです。

 

D750は、D5500と同じモノコック構造で、フルサイズ機の中ではスリムに造られており、コンパクトな方かもしれませんが、D5500の小型軽量には敵いません。

そして、D5500は小さいのにグリップ部分がしっかりしているので握りやすいです。

ブログやSNSで使用するサイズであれば、フルサイズとAPS-Cで大差も感じず、この用途であれば、軽くて使いやすいD5500で充分だなと思います。

 

D750の方が機能は充実していますが、風景なども三脚を立てて、作品を撮る気持ちでカメラを趣味にしている方向けかなと思います。

僕の場合は、スナップ写真程度なのでコンデジでも良いくらいかもしれません。

最近のデジタルカメラは、普通に写真を撮るくらいなら充分な機能を備えているので、上位機種じゃ無くても困ることは殆ど無いと思います。

こだわりが無ければ、最近のスマホが最強で、携帯性に優れているので、撮りたいと思ったらすぐに撮る事が出来ます。

さすがにカメラには及ばないところもありますけど、一般的な人ならスマホで充分と思う気持ちもわかります。コンデジならスマホで良いや。

ってなりますよね。

 

やっぱり一眼レフで撮りたい。

というのであれば、D3400でも良いくらいです。

僕の場合はギターの演奏動画を撮るのにバリアングル液晶が便利なのでD5500ですが、バリアングルが不要ならD3400でも良いかもしれません。

 

D5500は、APS-Cサイズなので、レンズがDXタイプですがフルサイズのFXタイプも使えるので広角は不利ですが望遠が有利になります。D750ではDXタイプは使えません。

D5500に50mm1.8を装着して出かけると軽くて機動性がアップします。

それからD5500は小型の為、D750のようなサブのモニターはありませんが、そこまで不便とは思いません。

D5500で不満があれば、D500とかD810などの上位モデルじゃ無いと不満は解消しないかもしれません。

D750も機能面では入門機のような感じです。

軽くて持ち歩くのも苦にならないけど、一眼レフの写りで撮れるD5500は本当に良いカメラだと思います。

 

 

Canonと比べて

 

NikonのカメラとCanonのカメラって微妙なんですよね。

価格と性能のバランスでNikonが良かったり、Canonが良かったり。

カメラの本体で考えるとCanonのフルサイズ機に比べて、NikonのD600番代とD700番代がよくわからない存在。機種多すぎなんじゃ・・?

カメラ本体は、若干Nikonの方が安く感じるんですけどね。

レンズは高く感じます。

僕の場合は、Canonは性能面で欲しい機能が搭載されるのが遅めで小出しにしてくる感じがしています。

この機能は良いけどあの機能がついてないみたいな。

Canonのレンズは魅力的なんですよね〜。

セミリタイアの身なのでダブルマウントは無理なのでNikonで統一してます。

Canonなら80Dのクラスで充分かな。

企業で見るとNikonは大変みたいだからCanonの方が良いかもしれないけど、カメラメーカーとして一強になると良い事ないし、Nikonにも頑張って欲しいですね。

 

 

革新的な進化はない

 

プロが使うような最上位モデルは知りませんが、一般的な中級機種までを考えると、今の入門機は高性能なので、上位モデルを購入しようと思うような大きな魅力を感じなくなっています。

おそらく普通の人なら入門機で満足できると思います。

中級機以上は、カメラにハマって本格的に始める人が撮りたい被写体に合った性能を求めて購入するイメージです。

一般的な人が撮る分には、入門機の性能でも問題なく使えるレベルだと思います。

プログラムオートしか使わない人もいますから。

入門機に単焦点レンズを装着していれば、初心者であっても、そこそこ綺麗な写真が撮れます。ズーム出来ない分は足を使って撮る。これ基本です。

 

それでも、普段はD750を持って出かけます。

D5500と違って、重たくて機動性は悪くなりますが、カメラとしての造りだったりで写真を撮ってる感があります。

そして、一緒にD5500も持って行きます。

 

 

最後に

 

D750は勿論良いカメラですが、性能を100%引き出せているかと言うと、全然、引き出せていません。D5500でも撮れるくらいです。

細部の再現力はセンサーサイズが大きい分、D750の方が上ですがブログやSNSで使用するくらいの大きさであれば、普通の人なら見分けがつかないくらいです。

使いこなせない性能であれば、安価な入門機で充分。

D5500の画質や機動性は文句がありません。

初めて一眼レフを購入するなら、レンズ資産を気にする事もないので、一般受けするCanonをオススメします。

性能面で気に入ったカメラがNikonにあるならNikonで。

どちらにしても入門機で手軽に持ち出せる機動性が魅力です。カメラにどっぷりハマるようなら上位機種を購入すれば良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。