【カメラ】 D750とD500で悩んだ末に買ったのは 【購入】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



やってしまいました。

こんにちは。あだじょぱです。

前回、Nikon D5500の記事を書きましたが、観光スポットを巡る中で欲が出てしまいました。

出かけた際に、ちょっと寄り道とカメラ屋さんに入ったら、店頭に目立つように展示されていたD500。

Nikonの一眼レフシリーズでは、最新機種です。

これが始まりでした。

 

D500とD750

 

実は、店頭に来る以前からネットではD500の事を調べていました。

特に購入しようという訳では無く、D5500を使用していたので、上位機種について気になっただけでした。

しかし、実際に実機を見てしまうと購入意欲が湧いてしまい、悩んだ末にD750を購入しました。

そんな腕も無いのに・・・。

 

 

 

 

D500

D500は、Nikonのデジタル一眼レフシリーズの最新機種。

センサーサイズがAPS-CでNikon流に言うとDXフォーマット。

D500は、DXフォーマットのフラグシップ機として登場した機種になります。

 

数年前に発売したD300系統のクラスになるかと思うこの機種は、現在のフルサイズ機、Nikon流に言うとFX機のフラグシップであるD5の機能を受け継いだDX機。

実際に機能面では、下位クラスとは格段に違います。

AF(オートフォーカス性能)が153点で、中央部が-4EVの低輝度対応、1秒間に約10コマの連写性能、画像処理エンジンにEXPEED5を搭載など最新式ならではのスペックです。

 

 

D750

モデルとしては、2年ほど前に発売になった機種ですが現行機種です。

こちらは、センサーがフルサイズセンサーで、Nikon FXフォーマットのエントリー機種になります。

下位のクラスにD610という機種も存在するので、上位のD810とD610の中間的な機種という位置にあります。

 

フラグシップ機では無いので、性能面では画像処理エンジンもEXPEED4で、AFが51点-3EVの低輝度対応とD500に比べても負けている上に、シャッタースピードはD7200より下です。

ただ、重量はフルサイズ機でありながらもD500より少し軽いくらいになっています。

風景がメインなら問題無いレベルかなとは思いますけど、複雑な気持ちです。



 

 

D750にした理由

 

僕の場合は、結局D750を購入しました。本当に悩みましたが良かったと思います。

DXかFXか

スペック比較では、明らかにD500の方が高機能な機種でした。

一時期D200を使用していた事もあり、操作性はD500の方が慣れた感覚で使えそうなのと、D5500というDX機を所有しているので、DX対応レンズを共有出来るというメリットもあります。

最新機種なので、機能も最新ですから暫く廃れる事もないと思います。

 

僕は、今まで腕も無いし高価な機種は必要無いと考えていました。

それが、このサイトで観光スポットを巡るうちに、写真もカッコイイものが撮りたいという気持ちが湧き始め、どうせなら良いカメラで撮ろうと思うようになってきました。

その方がモチベーションも上がります。

そして、D750を購入するにしても、現時点ではD5500はキットレンズの標準ズームしか持っていないので、DXレンズ資産がネックになる事も無かったのです。

 

判断としては、DXかFXかになります。DXでは、望遠側が有利となりますし、機材もコンパクト化が可能なので、今までの僕のスタイルには合っているような気がしましたが、両機種の撮影サンプルを何度も見比べて、センサーサイズの大きなD750の方が余裕があり、綺麗と感じたのが大きいです。

DXが悪いとかでは無く、今回はFX機を自分が必要だと感じた結果です。

 

 

センサーサイズの違い

D500は、センサーサイズが小さい分を、新しい画像エンジンEXPEED5でカバーしていると思われますが、パッと見た感じでも吐き出された画像はD750の方が綺麗に見えました。

やはり画像処理エンジンが進化し優秀であっても、センサーサイズ自体の大きさの違いを埋めるのは難しいのでしょうか?

僕にとっては、連写性能などは望んでいない機能でもあるので、重要視してませんし、機能面ではD750でも充分過ぎるくらいです。

夜景や暗い場所での撮影が多く高感度撮影を多用される方は、FXにした方が幸せになれます。

D500とD750だと外観も少し似ていて、どちらも一部にマグネシウム合金を使用したカーボンモノコック構造でボディを薄くした構造になっています。これはD5500でも採用されていますが個人的には好きな形状です。

お手軽一眼レフ Nikon D5500

 

そして、店頭では最新モデルという事でD500の方が数万円高い価格設定になっていました。

結果、お買い得感が増したように思える、お店の戦略にハマってしまったのかもしれませんが、DXでは無くFXのD750を購入する事にしました。

関連記事

 

 

D750を購入して

 

操作系について

dscf7520

 

やっぱり良いですね。上部の液晶。

D5500では、特に無くても問題を感じませんでしたが、一切にあるだけで高級感がありますね。

全体的な造りがD5500とは違います。

操作系もD5500と全然違うので、最初は戸惑いましたが、なんとかなりそうです。

D5500には無い前方のダイヤルが使いやすくて良いですね。

そういえばD200にも付いてましたね。すっかり忘れてました。

あった方が良いです。

D200を使っていた時に良かった左肩のダイヤルは、今はD500に搭載されていますね。

D750の方はエントリーモデル風のダイヤルで、使い勝手は断然D500の方が上だと思います。

 

背面のボタン類はNIkon機の他機種と同じように並んでいるので、特に違和感などはありませんし、使い易いと感じています。

機能で水準器が水平と垂直に対応しているのも便利です。

Nikon機は初めてでは無いので、すぐに慣れることが出来そうです。

 

 

レンズキット24-120mm

dscf7517

 

今回は、FX用のレンズ資産が無いのでレンズキットで購入しました。

あまり評判の良く無いAF-S  NIKKOR24-120mm f/4G ED VR のセットです。

フルサイズ機にしては、コンパクトなD750ですが、このレンズを装着すると・・・。評判通りのデカさですね・・。重さもD750と同じくらいなので、取付た状態だと重くてお手軽カメラでは無くなってます。

X70という単焦点カメラもあるのでF4通しでも問題無いと思ってます。今のところ。

食べ物を撮る時は、コンパクトな方が良いですよね。

このレンズ、ナノクリスタルコートで逆光耐性を強化しているらしいのに評判が良く無いですよね。

でも使います。僕のような人間には便利なズームなんです。

レンズを装着すると重くなるので、首から掛けるのが辛いという方には、ハンドストラップなんてのもあります。

 

 

 

 

チルト式背面モニター

dscf7509

なんだか地味な機能と思ってしまうんですが、結構便利です。

今までD5500のバリアングルに慣れているので少し不便に感じるくらい。

モードセレクトのダイヤルには上部にボタンが付いていて、押しながらじゃないと回らないようになっています。

誤作動しないように配慮されているんですね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

その他の詳細は、Nikon公式HPで確認してみてください。

D750をメインで出歩く機会が多くなりました。

ブログ内の殆どの風景写真で、D750を使用しています。

時間があれば、ちょこっと観光系の記事でも読んでみて下さい。

 

そして、D5500に慣れきってしまった体には非常に重く感じます・・。

これからピクチャーコントロールなど、好みに調整して徐々に自分好みの設定を構築していこうと考えています。

 

D500とD750であれば、僕のお勧めはD500です。

後発の機種で機能は最新ですから、FXフォーマットに拘らない方や、サブ機としてなら断然D500ですね。

D750は、今後FXに移行する方には良いと思いますが、本格的に撮影に取り組むならD810が良いです。

僕は、そこまで本格派では無いし、DXレンズ資産も無かったんで、D750の操作性や機能には満足していますが、本格的に撮影される方だと、上位機種の方が後悔は少ないと思います。

 

D500は、DXフォーマットの最高峰ですので満足して使えると思います。Nikonでは最高のサブ機としてもメインとしても使える機種だと思います。

 

僕の場合は、DXのレンズを増やすつもりが無く、FXの方は今後増やすつもりですので、D750を選択しました。

以前はDXがあれば、FXは必要無いと思っていた時期もあったんですが、今思えば、最初からDXを使わずFXを購入しておけば良かったかな。

 

FXを敬遠しDXでレンズ資産を築いてしまうと、FXを購入した場合に使えないので、将来的にFXの購入を検討される方は、DX用のレンズを増やさない方が良いですね。いつかはFXが欲しくなるんじゃないかと思います。

今回、大きな出費して買っちゃったんでなんとか、頑張って腕を磨くように精進します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。