旅行での風景撮影にD750は良いんじゃない


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道を観光で訪れると、豊かな自然の光景を写真に収めたいと思いますよね。

こんにちは。あだじょぱです。

最近ではスマホが進化して、内蔵のカメラだけでも綺麗な写真が撮れるようになりました。

スマホは、普段から携帯するのにも嵩張る事が無く、便利だと思います。

ですが、写真を綺麗に思った通りに撮影する為に、色々設定できる自由度の高さを含め、写真を撮る愉しみという面では、本当のカメラが断然上だと感じます。

要するに用途に合わせた使い分けで、どちらも使えるという事です。

カメラは持ち出すのが億劫という事で、手軽なスマホで済ませる人も多いものだと思いますが、スマホでは撮れないような写真を撮る事が出来るのも間違いありません。

それが旅の思い出ともなれば、綺麗な写真を残したいと思う筈。

今回は、デジタル一眼レフのNikon D750を使ってきた感覚で、これから一眼レフを購入しようとお考えのカメラ入門者の背中を押したいと思います。

 

 

思い出を残すカメラ

 

 

デジタルカメラの中でも一眼レフカメラを検討されるシーンとは、どんな時でしょう?

一般的な生活の中では、コンパクトで安価なカメラの方が、持ち運びも便利で人気があるように思います。

一眼レフカメラを持った人を見かける事が多いのは、運動会などの子供の行事であったり、観光名所での風景撮影時や家族旅行の記念撮影などでは無いでしょうか?

そう、それらは思い出として残せるような大事な場面だと思います。

 

 

コンパクトより一眼レフを選ぶ時

 

だけど、コンパクトなデジカメでも良いんじゃ無い?

そんな風に思っていた時期もありました。

(*´з`) トオイメ…

 

最近では高級コンパクトというジャンルみたいなものがあるので、そのクラスになると一眼レフと変わらない機能だったりしますが、ごく一般的なコンパクト機ならば、スマホとの差を殆ど感じないです。

厳密には勿論カメラの方が、より細かな設定が可能ですが、スマホであればアプリで加工など、別の楽しみ方も出来るという利点があります。

友人同士で楽しみたい若者であればスマホが適しているのかも。

 

ですが、家族が出来たり写真を趣味に日本や世界中の景色を撮影したいと考えるのなら、デジタル一眼レフが適していると思います。

運動会では、大きな望遠レンズでカメラを構えるお父さんも多く見かけました。

場所の取り合いもありますが、カメラのレンズアピールも凄いですよね。

運動会のような動きのある被写体を捉えるには、コンパクトだとピントが全体に合うパンフォーカスになり易く、躍動感が薄れた静止画像になってしまい易いです。

その点、一眼レフのタイプであれば初心者でも、背景がボケた躍動感を感じる写真が、簡単に撮影可能になります。

自分の腕が良いと勘違いも出来て、一石二鳥です。

 

観光地での風景撮影では、パンフォーカスで隅々までピントが合うコンパクトの方が良さそうに思いますが、撮影した画像の解像度が高いほど、綺麗で自然な写真になるので、センサーサイズとレンズの関係が重要となり、一眼レフの方が有利になります。

 

 

コンパクトな一眼レフ

 

最近のデジタルカメラは、ラインナップがカオスです。

コンパクトなデジカメも種類が豊富なのに、一眼レフもやたらと種類が多いように感じませんか?

それにメーカーによってレンズのマウント形状に違いがあるので、他社のカメラとレンズを組み合わせる事が出来ません。(出来る事もあります)

となると魅力的なデジタル一眼レフカメラを購入しても、魅力的なレンズが無ければ、結局そのカメラを使わなくなる可能性があります。

個人的には、レンズありきでカメラを検討するのがオススメです。

そうなるとメーカーが絞られるのですが、CanonNikonがカメラの業界では、専門性が高くレンズも豊富でオススメです。

 

一眼レフの中でもコンパクトなファインダーすら省いた機種があります。

機動性を重視したタイプで機材が小さくなる分、嵩張らないというメリットがあります。

ミラーレスと言われるラインナップです。

個人的には、それなら一眼じゃなくて良いと思ってしまいます。

小さくする事を重視しているので、センサーが少し小型だったり、ホールド性が悪かったりと購入しようという気持ちにはならないです。

それならば、各メーカーが用意している一眼レフの入門用の機種をオススメします。

CanonのキッスシリーズNikonのD3000番台の機種です。

ホールド性も良く初心者が扱い易いように設計されているので、最初に慣れるにはオススメの機種だと思います。

 

 

フルサイズセンサー

 

デジタル一眼レフには、センサーの大きさによる違いがあります。

一般的にはセンサーサイズが大きいほど、カメラ本体の価格も高くなる傾向です。

センサーサイズによる規格の違いもあるので、使えないレンズもあります。

 

 

初心者でもフルサイズ

 

フルサイズセンサー搭載機種は、ラインアップの中では入門機種であっても、価格が少し高めな事が多く、一般的な初心者から見ると難しい中級機のように感じるかもしれません。

ですが、フルサイズ機種にも入門機と上級者向けがあり、入門機であれば初心者でも扱い易い設計になっているものが多いのです。

それよりもデジタルカメラは、細かい設定を自分自身が考えなくても、カメラ側が勝手に行ってくれる初心者向けのカメラの方が簡単に撮影が出来ます。

カメラも賢くなっているので、結構良い感じで撮れる事が多いです。

更にセンサーサイズが大きいと、解像感が高く、初心者が撮ったとは思えないような写真が撮れる事も多いです。

腕では無く、カメラによるところが大きいです。

このブログでは写真が圧縮される設定なので、わかりづらいですがSDカードを持って店頭で撮り、自宅でモニターで見比べてみると良く分かります。

被写体が動きの激しい場合は、オートフォーカスの能力を重視するので、フルサイズ機だと最上位機種くらいを購入する必要があって、高価な買い物になるのでAPS-C規格のオートフォーカスと連写に優れた機種を購入するのがオススメです。

Canonだと7Dクラス、NikonだとD500クラスがそれに該当します。

 

 

風景ならNikon D750

 

僕が今使っているカメラは、NikonD750になります。

これは、フルサイズセンサー搭載の入門機という位置づけのカメラです。

機能面では、連写やオートフォーカスなどが入門機仕様で高性能ではありません。

しかし、解像度は素晴らしく流石フルサイズセンサーだなと感じます。

Nikonではフルサイズ規格をFXフォーマット、APS-C規格をDXフォーマットと呼んでいます。

それぞれ使えるレンズがあるので、購入の際には注意が必要です。

D750は入門機という位置づけですが、堅牢性も高く安心感があります。

それに撮影が簡単なオートも設定出来るので、不安なシーンでも安心して撮影可能です。

使ってみて本当に良く出来たカメラだと思います。

動きの激しい被写体の撮影は、D500の方が簡単に撮影出来ると思いますが、D750だから撮影出来ないという事はありません。

難易度は高くなりますが。

最大の欠点は、大きく重いという事ですね。

FXの中では小型化出来た機種ですが、やはり女性が持つには大きく重いと思います。

 

 

ですが、このカメラを持った女性がいたら素敵だなと思います。

 

うん。惚れちゃう!

 

 

 

最後に

 

カメラ、特に一眼レフを選ぶ場合は、今後も同じメーカーのレンズを買い足す事になります。

その為、最初に選ぶカメラは重要だと思います。

選ぶ時のポイントは、カメラ本体も重要ですがレンズのラインナップにも注目してみて下さい。

使いたいレンズが豊富にあるのかどうか、レンズが高すぎないかどうかなど、今後のカメラライフを考えて選択するのがオススメです。

フルサイズセンサーを搭載しながら、初心者向けに充実した親切機能もあり、お手軽簡単に綺麗な写真が撮影出来るNikonのD750は、動きの無い風景写真を撮影するのに、価格も入門機価格で、非常にお得なカメラだと思います。

北海道のような大自然を撮りたくなった時に良いカメラだと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。