カメラ初心者とD750の便利な機能


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

カメラ初心者にとって、D750は良いカメラだと実感しています。

こんにちは。あだじょぱです。

今まで腕も無いクセに色んなカメラを購入しましたが、現時点で1番満足度が高いカメラだと思うのが、Nikon D750です。

個人的な意見ですので、使い方や目的に応じて、合う合わないがあると思いますが、現在の使用状況では十分満足のレベルに達しています。

上をみるとキリがなく、そんな人は、おとなしく最上位機種を購入するしかありません。

最近のデジタルカメラは、あらゆる面で進化しているので、殆どの機種が購入しても後悔する事が無いような気もします。

ただ、デジタルカメラ同様にスマホも進化しているので、スマホとの差を感じられないのであれば、後悔しちゃうかもしれません。

その点、D750はデジタル一眼レフの中でも、センサーサイズが大きなクラスで、画質に余裕があります。

個人的には、コンパクトなデジカメやスマホと、一般的なAPS-Cサイズセンサーの一眼レフカメラでは大差を感じませんが、フルサイズセンサーは別格のように感じます。

それでいて、コストパフォーマンスが良いのが、D750の良いところ。

D750は、機能面では上位機種に劣る部分もありますが、初心者には十分すぎるスペックです。

 

 

色んな機能

 

デジタルカメラには、色んな機能が搭載されている機種が多く、最初は戸惑いますが、使っていく程に色んな機能を試してみたくなります。

D750も機能満載ですが、そんな機能の中から幾つかをご紹介します。

 

 

撮影時の基本設定

 

これは、どんなカメラにも多く搭載されている機能ですが、オート撮影モードがあります。

カメラが全ての状況を判断して良く写るように撮影してくれるモードなので、撮影者はシャッターを切るだけのラクチン撮影が出来ます。

しかし、これではスマホよりも大きく重いカメラを持ち歩く意味が損なわれてしまいます。

そこで、マニュアルモードやシャッター優先、絞り優先などの違ったモードを使って撮影してみると楽しみが増えます。

何度も撮影して設定を変更しながら、その場面に合った設定を見つけて、最高の1枚を撮る事が出来ます。

慣れないうちは、苦戦しますが経験が大事です。

どうしても上手く撮れないと感じた時だけ、撮りたい場面に応じたシーンをセレクト出来るオートモードにして撮影すれば、そこそこ撮れると思います。

 

センサーサイズが大きい事もあり、暗い場面での高感度撮影も結構良い感じに撮れます。

感度設定も簡単に変更可能で、オートの設定では限界値も決められるので安心して使えます。

低感度になる程、ノイズレスで綺麗な画質になるので、本来は明るい大口径レンズの使用が理想的ですが、明るい大口径レンズは高価ですので、感度UPで対応出来るのは懐に優しくてありがたいです。

 

 

ピクチャーコントロール

 

Nikonのカメラには多く搭載されている機能です。

風景やポートレート、モノクロなど色味などが違った撮影が可能になります。

デフォルトでは、SD(スタンダード)に設定されており、そのままの設定でも十分問題ないのですが、お好みで変更が出来ます。

一般的な考えとしては、メーカー側でそれぞれの場面に応じた画像の設定をしているので、その場面に合った設定にしておけば問題ないと思います。

風景モードで人物を撮影しても問題ありませんし、本当にお好みで選ぶ感じです。

風景なら彩度が高く鮮やかに写るなど、それぞれ違った印象になります。

更に既存の設定でも、細かく設定を変更してカスタマイズする事が可能ですので、奥が深くハマると大変な事になります。

これは、好みに個人差があるので、自分自身で探るしかありません。

個人的には「風景」で撮影する事が多いですが、時々細かな設定を変更する場合があります。

 

 

ライブビューと液晶の角度

 

ファインダーを覗かずに撮影が可能なライブビュー撮影も出来ます。

スマホやコンパクトカメラで撮影する感覚で、液晶に被写体を写して撮影する方法です。

動画用になりつつありますが、所有しているNikonのD5500では、ギター演奏動画を撮っているので毎回ライブビュー撮影を行なっています。

普段、北海道の風景を主な被写体にしているD750では、殆ど使用する機会がありませんが、お祭りなどのイベントでは使う事があります。

 

よく使う場面ですと、イベントで人が多く撮りたい被写体にカメラを向けても人が邪魔な場面で、カメラを高く持ち上げて液晶を見ながらシャッターを切ります。

この時、液晶は下側に向けて自分で見やすい位置にしておきます。

D750は液晶が動くタイプなので、これが非常に便利だと思います。

あとは、地面すれすれで芝生に転がる人を撮影するなどにも利用出来ます。

 

 

スマホ連携

 

近年のSNS利用率を考えても便利なのが、wifiじゃ無いかと思います。

Instagramなんてのは、綺麗な写真が自慢のようなところがあるので、スマホで撮影した画像よりもインパクトがありそうです。

僕自身はInstagramをやっていませんけど、スマホへ転送したり、ニコン純正のアプリを使ってカメラをリモートで操作するなんて使い方をしています。

便利な世の中になりましたね〜。

リモコンが無くてもスマホからスマホの液晶で被写体を確認しながら撮影できるんですから。

まだ、そんなに利用頻度は無いのですが、使いこなせれば便利だと思います。

最近のカメラは、当たり前のように搭載している機能です。

 

 

レンズが重要

 

デジタル一眼レフでは、レンズの影響が大きいように思います。

勿論、カメラの差によってオートフォーカスや高感度の優劣などが変化しますが、撮影した写真を確認すると、レンズによる違いも感じます。

メーカー純正のレンズであれば、安価な古いレンズ以外を使用していれば、ガッカリする場面は少ないですが、サードパーティ製のレンズではガッカリする事もありました。

カメラ本体だと、フルサイズに拘りがなければ、D500で良いレンズを使用すれば、かなり満足出来そうです。

フルサイズ機種は、レンズを選ぶというくらいなので、良い写りを求めて高価なレンズが欲しくなります。

 

個人的にはカメラよりギターにお金をかけているので、レンズには慎重派です。

普段なら標準の望遠ズーム、僕の場合は24-120mmがあれば何とかなります。

手ぶれ補正も付いているので、F4通しでもフルサイズセンサーの恩恵で感度UPして対応できる場面が多いです。

高感度撮影を嫌う方は、明るい大口径ズームにお金を投じてください。

スナップ写真の場合は、軽さを求めて50mm単焦点レンズ1本勝負です。

簡単なポートレートでも活躍します。

 

現時点では望遠レンズを持っていないのですが、120mmで足りないと感じる場面が殆どないので購入予定がありません。

もっとカメラ熱の強い方なら望遠レンズも必要になると思います。

カメラがフルサイズセンサーで高感度撮影に抵抗が無ければ、F4通しも選択肢の1つかと思います。

やはり明るい大口径レンズは魅力的ですが、本当に高価ですよね。

 

 

最後に

 

カメラは趣味です。

初心者だからとか、そんな事を気にする必要もありませんし、自分のニーズを探る事が重要で、本当に優先したい機能が何なのかが理解出来ていない事が、後悔の原因に繋がるのだと思います。

一眼レフは普通のコンパクトカメラに比べて、高価ですから失敗したくないですよね。

まずは、自分が何を主な被写体とするのか? そして、その為に必要な機能とは何なのか?を知る事が大事です。

D750は、D500と比較してセンサーサイズが大きいですが、カメラとしてのオートフォーカスは弱く、動く被写体では劣ります。

それぞれ得意分野がありますが、カメラが苦手な事を腕でフォローされている方も多いです。

D750は、コスパで考えても良いカメラだと思いますし、満足しています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。