Nikon D750を選んだ理由とは


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

なんでNikonのD750を選んだのかという理由。

こんにちは。あだじょぱです。

普段から荷物になるような物を持ち歩きたく無いと思っていた人間ですが、北海道へ移住してからは、カメラをぶら下げて出かける機会が増えました。

そもそも、デジタルカメラならブログで画像を使う程度なので、コンパクトでも良いくらいに思っていたんですが、気がつけばNikon D750をメインとして使っている状態。

お世辞にも小型軽量なんて言えないサイズ感のカメラを持ち歩いているのです。

カメラは、コンパクトも小型の1眼レフも色々使ってきたのに手元に残った主力カメラはD750という結果。

そこには、色んな想いが詰まっているんです。

 

 

Nikon D750を選んだ理由

 

  • コストパフォーマンス
  • 大型センサー搭載
  • コンパクトでは物足りない
  • 高級コンデジは勿体無い

 

最終的にD750をメインとした理由は、上記の4点が大きなポイントになっています。

 

 

コストパフォーマンス

 

D750は、そのコストパフォーマンスの良さに1番の魅力を感じると思います。

この性能を有する機種であれば、もう少し価格も高くなりそうなところ。

もちろん、上位機種との差別化として連写やオートフォーカスの機能で劣る部分はありますが、それを差し引いてもコストパフォーマンスは高いと言えます。

1眼レフは、レンズ交換が出来る為、レンズにお金をかける事になるので、カメラ本体の価格は出来る限り安くて高機能であって欲しい筈です。

D750は、カメラ本体の重量があるので、レンズも重たいレンズだとずっしり感が凄いです。

軽く済ませたい場合は、単焦点との組み合わせが良い感じですが、それでもコンデジには全く敵いません。

しかし、エントリー機並みの機能ですが、画質は素晴らしいと思います。

 

 

大型センサー搭載

 

D750は、1眼レフの中では大きめのセンサーサイズを搭載しています。

センサーが大きいと何が良いのかと言うと、余裕があって解像感がアップするんです。

画素数だけで画質は判断出来ないんですね。

もっと大きなセンサーを搭載した中判と呼ばれる機種も登場していますが、正直なところ、ブログで載せるような画像だと、違いがわからないかもしれません。

ですが、個人的には、気になるんです。

一般的な1眼レフのセンサーサイズであるAPS-Cサイズよりも、D750に搭載されている35mmフルサイズセンサーの方が綺麗だと思うんです。

 

 

コンパクトでは物足りない

 

実は、コンパクトカメラも検討し、使っていた時期があります。

ですが、一般的なコンパクトカメラは、画質面で1眼レフとの大きな差を感じます。

手軽に持ち運べる小型軽量と言うメリットがあるものの、その反面で画質を犠牲にしている感じです。

更に最近では、スマホのカメラ機能が進化し、コンパクトなデジカメの存在も危うい感じがあります。

個人的にもコンパクトは、小型軽量なのでホールドしづらく感じていたのと、それならスマホで代用できるという気持ちです。

 

 

高級コンデジは勿体無い

 

それなら、コンパクトなのに大型センサーを搭載したデジタルカメラならどうでしょうか。

一般的なコンパクトカメラよりは少し大きな外観ですが、1眼レフ並みのセンサーを搭載したカメラが登場しています。

センサーは大型だけど、ミラーレスカメラよりも小型でレンズ交換が出来ないタイプなのです。

そこまで大きなセンサーを搭載しておきながらレンズ交換が出来ないという点で、なんだか勿体無いような気がするんです。

価格も小型化の影響なのか高いです。

お得感はありませんね。

 

 

残ったのはD750だった

 

そんな理由から次々とカメラたちがメインの座から消え去り、残ったのがD750でした。

スマホを、iPhone8 Plusに機種変更して、カメラ機能の向上でギターの演奏動画はスマホになりました。

ちょっとした飲食店での室内撮りならiPhone8 Plusを使っています。

大きなボケが必要に感じたシーンでは、D750に50mmの単焦点レンズで撮影する事もあります。

要は、D750とiPhone8 Plusがあれば良いう感じです。

 

D750に標準ズームレンズであるAF-S 24-120mm f4 を装着すると、重たくてスナップを撮るって雰囲気では無くなるんですが、それでも意地で持ち出しています。

なのでカメラバッグは必須になっています。

カメラバッグLowepro Flipside200を買ってみた

2016.09.17

 

カメラを持ち出さない時は、iPhone8 Plusを代用する事もありますが、殆どの場合はD750を連れ出しています。

そのくらい気に入っているというコトかも。

 

 

 

まとめ

 

カメラ選びは、上を見たらプロが使うような最上位機種が君臨している世界。

どうしてもそこまでの機能が必要だという人なら高い価格でも購入するしかありませんが、一般の素人が購入するには結構な価格ですよね。

1眼レフだとカメラの性能以上にレンズも大事になってくるので、何を求めるかが非常に重要だと思います。

機種によって微妙に機能に差があるので、どの機能を優先するのかで変わってきます。

個人的には、コンパクトで大型センサー搭載の機種は魅力的ですが、高価なモデルが多く、レンズ交換が出来ないのがネックですね。

少し重くても我慢して、画質には妥協したくないという気持ちで、D750を使っています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。