衝動買いしたOM-D E-M10 MarkⅢの使用感とか書いてみた

スポンサーリンク






 

オリンパスのミラーレス一眼、E-M10MarkⅢを購入して暫くが経過しました。

こんにちは。アッシュです。

思えば、初オリンパスの一眼レフという事で戸惑いもありました。

カメラの使い方とかクセが全くわからないところからのスタート。

見た目のデザインに惚れて購入した部分も大きいカメラですが、使ってみるとかなり良いです。

どうして、これまで使わなかったんだろうと思うほど、自分にピッタリのカメラ。

買ったばかりということもありますが、現時点では、1番持ち出す機会が多いカメラになりました。

さて、そんなE-M10MarkⅢの使用感をまとめてみました。

 

 

OM-D E-M10MarkⅢ EZダブルズームキット

 

実は、このミラーレス一眼を購入するまでは、フォーサーズに良い印象を持っていませんでした。

 

関連記事

 

ようやくマイクロフォーサーズに辿り着きました。

初めてのオリンパスですから、レンズは持っていません。

お買い得感のある価格で販売されているEZダブルズームキットというのを購入しました。

パンケーキレンズって使ってみたかったんですよね〜。

 

 

パパママをターゲットにしたエントリーモデル

 

 

オリンパスのミラーレス一眼ラインナップの中で、E-M10系の位置付けはエントリーモデル。

しかもターゲットは、パパママ層みたいですね。

このくらいのモデルの方が、価格も高過ぎず使い易いと勝手に思っています。

 

オートでも、そこそこ撮れるのがエントリーモデルの良いところ。

但し、写真の仕上がりについては、個人の好みもあるので、最初にメーカーから用意された味付けが気に入らない場合だってあります。

その時は、各種設定を自分好みに合わせて行くという俺色に染める感じになります。

 

 

デザインが秀逸でパンケーキレンズが似合う外観

 

 

正面からみた感じ。

PEN-Fのように上部はフラットではありませんが、こっちの方が好き。

NikonでいうところのDfチックな雰囲気を持ちつつ、ちょっとキュートな雰囲気。

フルサイズ機と比べると、かなり小さくてコンパクトです。

更にキットレンズのパンケーキレンズが似合うエントリーモデルらしさも良い感じ。

 

上部のダイヤル系統は、モードダイヤルの他に2つ。

直感的に操作が出来るので、絞りや露出補正をする際に使い易いです。

 

 

背面は、ファインダーのアイカップが飛び出した感じになっています。

背面の液晶モニターは、可動式のチルトタイプ。

但し、RX100M5のように180度回転では無いので、自撮りは不可。

スマホのアプリでリモート撮影は可能なので、気にしていませんけどね。

 

外観は、非常に気に入った部分です。

ダイヤルの配置も見た目だけでなく、操作性が良いので撮影が楽しくなりました。

 

本体のカラーは、シルバーとブラックの2種類。

E-M10系は、小型軽量なので女性にも人気のようです。

シルバーだと女性が持っているイメージなので、敢えてブラックを選択しました。

嫁の勧めです。

 

 

エントリーモデルらしさと操作性

 

Nikonでは、フルサイズ機のD750までに数台のAPS-C機も使ってきましたが、オリンパスは初めて。

メーカーが変われば、操作方法などが大きく違う部分もあるので戸惑います。

そんな時でも、E-M10MarkⅢならメニューの項目ごとに説明表示があるので迷わないです。

同じ機能でもメーカーによって呼び方が違うと設定画面で悩みます。

そんな時に説明が表示されれば、「あー、あの機能と同じね」となるワケです。

 

そして、タッチパネルが超便利。

どちらかと言えば、ファインダーを使って撮影する事が多いのですが、液晶モニターで撮影する機会もあります。

例えば、混雑した場所での撮影時にカメラを高く持ち上げて撮る場合や、ローアングルでの風景撮影。

この場合は、液晶モニターで被写体を確認しながら撮影しています。

 

RX100M5の場合、タッチパネルでは無いので、ローアングルでも上部のスイッチを操作する必要があります。

これって意外と大変なんですよね。

E-M10MarkⅢなら、タッチパネルで操作が可能なので、超便利で超簡単に撮影可能です。

スマホ感覚で撮影が可能です。

さすが、パパママ向けのエントリーモデル。

これならお子さんを見ながらでも、簡単に撮影出来そうです。

 

勿論、M10系よりも上位のM5系やM1系も魅力的です。

M5系は、中級者向けのカメラで防塵防滴が魅力ですし、プロ仕様のM1は最高峰のスペック。

ですが、価格や軽量という面、そしてお手軽エントリーマシンとしてM10系は最高だと思います。

 

 

電子ビューファインダーも快適

 

RX100M5を使用するようになって電子ビューファインダーがお気に入りになりました。

過去に使った事のあるネオ一眼系統の電子ビューファインダーが、イマイチだったんで良い印象が無かったんですが、RX100M5の電子ビューファインダーは、かなり使い易く感じていたんです。

設定を変更すると映像に反映されるところも良いですね。

普段は、背面液晶のモニターを確認しながら撮影する人でも、外ではモニターが見づらい場合があります。

そんな時には、ファインダーを使う事になるのですが、かなり見易い印象です。

 

電子ビューファインダーを覗くと、背面の液晶モニターが自動でOFFになります。

もう1つすごい機能として、AFターゲットパッド。

ファインダーを覗きながら、タッチパネルでAFポイントを操作できるというハイテク機能。

これ、凄く便利でめちゃくちゃ良い感じ。

 

 

憧れのボディ内手ぶれ補正

 

Nikonの一眼レフ機は、全般的に手ぶれ補正はレンズ側です。

その為、手ぶれ補正搭載のレンズでのみ対応。

手ぶれ補正機能を搭載したレンズは、その分割高になるという感覚でした。

一方でミラーレス機は、ボディ内手ぶれ補正を採用している機種が殆ど。

手ぶれ補正をボディ側で行うので、ほぼ全てのレンズで手ぶれ補正が作動するという素晴らしさ。

正直、ちょっと憧れていました。

 

E-M10MarkⅢは、ボディ内5軸手ぶれ補正を内蔵。

かなり強力な手ぶれ補正なので、暗い場所でもかなり手ぶれを抑制してくれます。

 

 

エントリーモデルでも凄いんです

 

使うかどうかは別ですが、ムービー機能も優秀です。

パパママ向けという事もあって、ムービーは欠かせない要素なのかもしれません。

4Kムービーに対応しているので、お子さんの成長する姿を綺麗な映像で残せます。

 

ここは、背面液晶モニターが自撮りモードまで回転できれば、演奏動画も撮れたのに。

E-M10MarkⅢだと液晶を確認しながら撮れないので、演奏動画は、RX100M5で撮影してます。

 

 

マイクロフォーサーズは、画素数が控えめ。

このE-M10MarkⅢは、1,600万画素。

一般的な一眼レフが2,000万画素を越えてきたのを考えると物足りなく感じますよね?

ですが、実際は画質は画素数だけでは語れない部分があるので、関係ないです。

小型軽量化が可能なセンサーサイズで、画質とのバランスを考えると、マイクロフォーサーズは素晴らしいと思います。

 

更にE-M10MarkⅢに搭載されている画像処理エンジンは、TruePicⅧ。

これは、フラグシップ機のE-M1MarkⅡと同じです。

エントリーモデルなのに凄いんですよ。

 

 

カメラを選ぶのは画質だけが理由では無い

 

 

これまでは、画質優先ばかりが頭にあってNikon D750に辿り着いたところがありました。

しかし、カメラを持ち歩く日々の中で、重たい機材を持ち出すのに疲れてしまったんです。

 

そう、

THE ダメ人間

 

ですが、同じような人はいないのかと、ちょっと検索してみたんです。

 

ΣΣ(゚д゚lll)!

 

めっちゃ いてるやん

 

やはり、同じようにフルサイズへ辿り着くものの、疲れ果てた男たちの姿がありました。

フルサイズは男たちの墓場・・・。

「小型軽量」・「画質」・「周辺機器を含めた価格」

これらのバランスで考えた場合、次に辿り着くのがマイクロフォーサーズみたいw

みんな考える事が同じで笑うw

確かに画質だけならフルサイズは余裕がありますが、大きく重たいというデメリットと価格も高いという問題があります。

このデメリットと画質の関係ですが、個人的に画質の差は気にならない程度という認識です。

それなら、より軽くシステムを組めるマイクロフォーサーズは魅力的なんです。

Nikonなら20万円コースのf2.8通しのズームレンズマイクロフォーサーズなら安いw

 

コンパクトでありながら一眼レフの画質。

フルサイズほどの画質では無いにしても、かなり綺麗に撮れますから通常の用途で困る事はありません。

作品として大きくアウトプットする機会が多いのであれば、フルサイズを勧めますけど。

カメラを持ち出す事自体が減ってしまうくらいなら、小型軽量で気軽に持ち出せる方が良いと思います。

そんな選び方もあるって事です。

 

 

初心者やパパママには超オススメ

 

 

今回、購入したEZズームキットは、パンケーキレンズと望遠ズームレンズのセット品。

パンケーキレンズは、標準域のズームレンズなので、普段の持ち歩きにピッタリ。

カメラにハマった場合にも、ステップアップするならパンケーキレンズを上位の標準ズームに買い替えたり、単焦点レンズを追加したりと対応出来ます。

カメラの本体をステップアップするにしても、上位のM1系やM5系もありますし、他社のAPS-Cやフルサイズ一眼レフを購入しても、サブ機として残しておけるくらいコンパクトで使い易いです。

そんなところから、小さなお子様のいるパパママに非常にオススメのカメラだと思います。

 

もちろん、パパママじゃなくても十分使えるカメラ。

我が家も子供達は大きくなり、被写体になってくれませんが、風景でもかなり使えるカメラです。

E-M10 MarkⅢ + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 EZ

何と言ってもバランスが良く、持ち出すのが手軽で楽しいのに綺麗に撮れるのが良いところ。

 

関連記事

 

長時間の持ち歩きでも疲れない。(電池なくなるけど)

マイクロフォーサーズ良いわ。

 

お陰でPEN-Fも気になるようになりましたw

 

 

 

 

まとめ

 

初めてのオリンパス製ミラーレス一眼。

購入してみて感じるのは、そのバランスの良さと個人的に相性が最高であるという事。

 

小型軽量で気軽に持ち出せて、一眼レフの写りと撮影が楽しめるカメラ。

それでいて、見た目の外観デザインの素晴らしさ。

持つ喜び撮る喜びの両立がありました。

画質に納得が行くのであれば、超オススメのカメラです。

 

画質重視でという事なら、重たい機材を我慢してでも、フルサイズが良いと思います。

カメラを選ぶ場合は、最終的には自分自身に合うかどうかです。

正直、購入する時は、機能が前機種から減ったという理由で、評判が良いとは言えないカメラでしたが、買い替えならまだしも、新たに購入してみると、気にならない事ばかり。

自分が良いと思えば、それが良いカメラなんです。

個人的には、これから先、D750では無く、このカメラがメインになりそうな予感です。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。