ミラーレスとマニュアルモードの親密な関係


スポンサーリンク


スポンサーリンク



E-M10 MarkⅢでは、マニュアルモードを使う機会が増えました。

こんにちは。あだじょぱです。

おそらく、これまで使ってきたデジタル一眼レフでは、絞り優先モード(Av)を1番使っていたと思います。

オートも使いますけど、絞り優先をよく使っていた記憶があります。

ですが、E-M10 MarkⅢ では絞り優先よりもマニュアルモード(M)をよく使っています。

マニュアルフォーカスじゃなくて、マニュアルモードの方です。

 

 

ミラーレスではマニュアルモードが便利

 

デジタル一眼レフの多くは、撮影モードが選択できるようになっています。

 

基本的な撮影モード
  • プログラムオート(P)モード
  • 絞り優先(A)モード
  • シャッター優先(S)モード
  • マニュアル(M)モード

 

 

一般的には、上記のモードが基本になると思います。

 

フギャア!

 

初めて触る人なら、モードがあり過ぎて困惑するかもしれませんが、使っていると慣れます。

 

 

 

プログラムオート

 

被写体の明るさに応じて、最適な絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に設定する撮影モード。

カメラ任せで撮影が出来るので、初心者でも安心のモードです。

難しい設定は苦手だけど、スマホよりも綺麗に撮りたいという願いを叶えてくれます。

 

暗い場所では、シャッタースピードが低速になり、手ブレの確率が高くなります。

E-M10 MarkⅢの手ぶれ補正は強力ですが、低速すぎるシャッタースピードでは期待が薄いです。

ISO感度設定もAUTOにしておく事で、高感度での撮影となり、手ブレは低減できます。

しかし、高感度ではノイズの発生もあり、画像は少し荒くなるので、自身の許容範囲だと思われるところで、上限感度を設定しておくのがオススメです。

 

一眼レフを初めて触る初心者にオススメのモードです。

 

 

絞り優先モード

 

ダイヤル上は、AとかAvと表記される事が多いです。

絞り優先モードは、絞り値を設定するとカメラが適正なシャッター速度を自動的に設定する撮影モード。

カメラのダイヤルで絞り(F値)を開く(絞り値の数値を小さくする)ほど、ピントの合う範囲(被写界深度)が狭くなり、背景のボケが強くなります。

逆に絞り(F値)を絞る(絞り値の数値を大きくする)ほど、ピントの合う範囲が前後に広くなります。

 

絞り(F値)を絞る(絞り値の数値を大きくする)ほど、シャッタースピードは遅くなるので、手ブレが発生するようであれば、ISO感度を上げる(数値を増やす)必要があります。

最初からISO感度をAUTO設定にしておけば、感度も手ブレをしない限界値(上限)でカメラが設定してくれます。

 

一眼レフに少し慣れた人にオススメです。

 

 

シャッター優先モード

 

シャッター優先モードは、シャッター速度を設定するとカメラが適正な絞り値を自動的に設定するモード。

シャッター速度を速くすると、動きの速い被写体でも止まって見えるように撮影できます。

シャッター速度を遅くすると、動いているものはブレて撮影されますが、躍動感や動きのある仕上がりになります。

 

カメラに慣れてきた人向けのモードです。

 

 

マニュアルモード

 

マニュアルモードは、絞り値とシャッター速度を自分で設定する撮影モード。

カメラで撮影する際に重要な要素を自分でセルフコントロールする感じです。

 

撮影で重要な設定要素
  • 絞り値
  • シャッタースピード
  • 露出補正
  • ISO感度

 

通常のデジタル一眼レフは、ファインダーを覗いて撮影するのがメインです。

このファインダーもミラーを使った実像が見えるタイプ。

その為、設定を変更して撮影しても撮影後まで結果がわからず、経験の浅い初心者にはマニュアルモードでの設定が難しいものになっていました。

 

しかし、ミラーレスであれば、背面モニターや電子ビューファインダーで確認しながらの撮影になります。

その為、設定を変更した時点で、表示画像に変更後の結果が反映されるされるというメリットがあるのです。

これなら経験の浅い初心者であっても、画面を確認しながら設定が可能。

絞り値とシャッター速度、ISO感度を調整して、適正露出(自分の撮りたい画像の露出)へ近づけていくような感覚で操作ができます。

 

 

E-M10 MarkⅢでマニュアルモードを使用する

 

E-M10 MarkⅢ で実際にマニュアルモードを使用する場合、カメラ上部のモードダイヤルで設定します。

モードダイヤルでMを選択すれば、それだけでマニュアルモードになります。

 

あとは、モードダイヤル隣にある2つのダイヤルを使って絞り値とシャッタースピードを調整です。

調整値は全てモニター(電子ビューファインダー)に表示されています。(写真下側の数値)

ISO感度も合わせて調整すると、手ブレも軽減できると思います。

 

OM-D E-M10 MarkⅢ + ED 12-40mm f2.8 PRO

 

チーズとポテトの組み合わせも最高。

思わず、撮影してしまう時でもマニュアルモードが多いです。

 

しかし、マニュアルモードでは苦手なケースもあります。

 

マニュアルモードが難しい場面
  • 時間を掛けられない一瞬のチャンス

 

よく言われるのは、結婚式のキャンドルサービスなど暗い場所での失敗が許されないケース。

マニュアルモードは、自分で色々設定が可能な分、時間がかかるというデメリットがあります。

じっくり撮影する場面では、問題ありませんが、瞬時の撮影は苦手となります。

暗い場所ではISO感度をAUTOに設定しておくという手段もありますが、マイクロフォーサーズ級の高感度耐性では、安心できません。

風景写真がメインならマニュアルモードが便利という感じですね。

 

 

まとめ

 

ミラーレス、特にマイクロフォーサーズ最大のメリットは小型軽量。

その上、背面モニターや電子ビューファインダーで設定の反映された画像が確認できます。

ミラーレスを使っていなければ、マニュアルモードは難易度が高いと敬遠気味のままだったかもしれません。

 

  • シャッター速度
  • 絞り値

 

この両方をコントロールして、様々な写真が撮れるようになれば、楽しみも倍増しそう。

 

確かにD750のような大型のイメージセンサー搭載機は有利な面が多いのですが、まず頻繁に持ち出す気持ちになれるかどうかも重要な要素。

フルサイズ機に疲れたら、小型軽量はですw

風景写真だけでなくスナップ写真でも気軽に持ち出せて、マニュアルモードも簡単に使えるミラーレス機は、初心者にもオススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。