PowerShot G7X MarkⅡ が最近の使用頻度No1カメラな件


スポンサーリンク


スポンサーリンク



なんだかんだで、ここ最近、1番持ち出すのが多いカメラはコンデジです。

こんにちは。あだじょぱです。

コンデジと言えば、以前にSONYのRX100M5の記事を書きました。

 

関連記事

 

RX100M5の後、RX100M5AやRX100M6などが登場しましたが、今でも良いカメラだと思います。

ちょっと値段が高過ぎる感じですけど・・・(;゚∀゚)

 

ですが、現時点で使用頻度No.1のコンデジはコイツ(RX100M5)では無いのです。

持ち出す機会が多いのは、CanonのPowerShotシリーズで人気の機種、G7X MarkⅡです。

 

 

PowerShot G7X MarkⅡ

 

G7X MarkⅡとは、キヤノンのコンデジのシリーズでも大型の1型センサーを搭載した機種になります。

SONY RX100シリーズと似たような系統ですが、価格もスペックも、ややRX100の方が上っぽい。

 

 

G7X MarkⅡ の特徴

 

 

SONYのRX100シリーズ同様、コンデジとしては大型の1型センサーを搭載。

F1.8-F2.8という明るい大口径レンズ。

35mm換算で24-100mm相当のズーム域。

画像処理エンジンDIGIC7搭載。

4段分の手ぶれ補正。

液晶はチルト式の可動タイプで3型104万画素。

 

RX100M5との比較では、ファインダー(EVF)の有無が大きな違い。

G7X MarkⅡは、ファインダー非搭載。

その代わりに液晶はタッチパネルで、直感的な操作が可能。

RX100M5には無かったグリップも付いているので、握り易いボディ形状をしています。

 

ボディの大きさは、一般的なコンデジよりも少しレンズの突起もあって大き目ですが、1型センサー搭載機種としては、コンパクトな方だと思います。

因みに上位機種のG1X MarkⅡはAPS-Cセンサー搭載の為、ミラーレスのOM-D E-M10シリーズと似たような大きさがあります。

 

 

RX100M5とG7X MarkⅡ

 

普通に考えて、フィルムカメラからデジカメが主流になっても、一眼レフを持ち歩く人は少ないですよね?

趣味や小さなお子さんがいる家庭では所有しているかもしれませんけど、普段から持ち歩くのは交換レンズも含めて結構な荷物になります。

それに最近のスマホは、デジカメにも劣らないくらいの高画質になってきました。

北海道の各地で見る観光客も、スマホで景色を撮影している人が多い印象です。

 

我が家も子供が大きくなり、家族揃って出かける機会は殆ど無くなりました。

外出する際に持ち出すのは、財布とスマホくらいです。

そこへミラーレス一眼であってもカメラを持ち出すとなれば、やはりカメラの収納などで荷物が増えます。

 

そこでカメラを持ち出すのなら、RX100のようなコンデジが便利。

スマホだとカメラ機能としての操作性に難があるので、咄嗟に撮りたくなった場合はカメラが安心です。

それなのにRX100では無くてG7Xの方が使用頻度が高いのは、やはりグリップでしょうか。

なんと無く持ち出しやすいんです。

 

最初の頃は、RX100M5の内蔵EVFが便利に感じていましたが、段々と煩わしく感じるように・・・。

そうなるとツルツルしたボディのRX100M5よりも、最初からEVFの無い安定したG7X MarkⅡを選択しちゃうのかもしれませんね。

なんにせよG7Xの方が持ち出し易いと感じています。

 

 

最終的には好みの問題

 

正直な感想としては、RX100M5とG7X MarkⅡなら価格的にもRX100M5の方が少し上って感じです。

ですが、敢えてG7X MarkⅡの方を使うのは、好みの問題が大きい理由。

EVFを使うのならOM-D E-M10 MarkⅢという選択肢があるので、せっかくコンデジを使うのなら、もっと割り切って使いたいと思うようになりました。

スマホのような手軽さでありつつ、簡単キレイに撮れる感覚。

それがコンデジに望む事。

 

そして、そのキレイというのもカメラ内の設定で、各社の写真に対する味付けが異なります。

最終手段でソフトを使って加工する方法もありますけど、毎回だと面倒です。

できる限り撮って出しの画像が好みであるコンデジが理想。

 

作品を残すのを目的としていたら大きくて重くてもフルサイズセンサー搭載の一眼レフがオススメ。

ですが、日々の日常をスポット撮影するような使い方ならコンデジで十分だと思います。

持ち運びを重視した携帯性と高画質のバランスです。

 

 

ブログがメインならG7X MarkⅡ 1台でも十分

 

このG7X MarkⅡを持ち出すまでは、一眼レフのサブ機としての使用を検討していました。

しかし、実際にミラーレスと一緒に持ち出しても使うのはG7Xばかり。

素早く取り出せて、サクッと撮影できる手軽さが決め手です。

 

それまでは、1台だけで持ち出すのならRX100M5と思っていましたが、G7Xがあれば十分です。

RX100の方がボディはフラットな感じで収納には困りませんけど、G7Xのグリップは握り易くて便利。

価格もRX100M5よりかなり控えめでお得感さえ感じます。

 

ブログでは画像のサイズを圧縮する事も多いので、D750のような本格一眼じゃ無くても問題ありません。

マイクロフォーサーズよりもセンサーサイズが小さい1型のコンデジですが、不満を感じる画質でも無いので、利便性で活躍の場が増えています。

お店とか外食の際に写真を撮るのも大きなカメラだと照れますよねw

G7Xならコンデジなので、気軽に撮れます。

子供を撮影するのに一眼レフを求めているなど、特別一眼レフに拘る人を除き、一般的な用途でのカメラとしては、かなりオススメの1台ですよ。

 

 

 

まとめ

 

コンデジには安価なモデルからミラーレス一眼を越える高額なモデルが存在します。

安価なモデルはスマホとの画質の差は感じないかも知れません。

それでもカメラに特化している分、撮影の操作性はスマホよりも上です。

 

RX100シリーズやG7Xシリーズのように1型センサーを搭載した機種であれば、画質も良くコンパクトさもあるので、スマホとの棲み分けも出来てオススメです。

普段からポケットに入れておけるので、財布とスマホと一緒に持ち出し易いカメラになっています。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。