レンズ選びを悩ませるサードパーティ製レンズの魅力


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

デジタル一眼レフで装着するレンズって高価なものが多いですよね?

こんにちは。あだじょぱです。

デジタル一眼レフは、普通のデジタルカメラと違い、用途に応じてレンズを交換して撮影できるというのが、最大のメリットでもあります。

 

このメリットを最大限に活かすには、撮影の用途に合わせたレンズを数種類購入する必要がありますけど、カメラ以上にレンズにも種類があるので、購入までには相当悩む事もあります。

 

レンズにもAPS-C対応のレンズ、NikonでいうDX専用タイプとフルサイズセンサー搭載機種でも使えるFX対応のレンズがあり、より高解像度になるフルサイズ対応のレンズは、高価なものが多いのが特徴です。

カメラ自体、本体よりもレンズが重要と言われるくらいなので、本体より高いレンズなんてのも普通にあるくらいですから、純正のレンズを沢山揃えようと思うと、かなりの金額になります。

 

そこで気になるのが、純正と比べて価格が抑えられたコスパに優れるサードパーティ製品。

レンズメーカーとして、カメラメーカー各社のマウントに対応したレンズを製造販売するメーカーもあり、量販店などでも普通に購入する事ができます。

 

 

サードパーティ製品のレンズ

 

サードパーティとして、トキナーやタムロン、シグマなど有名なレンズを製造するメーカーがあります。

カメラメーカーの純正レンズと同様の仕様で比較しても、価格は安価に設定されている場合が殆どで、写りも各社で特徴があり、それぞれに人気のレンズがあります。

 

 

サードパーティ製品のメリット

 

サードパーティ製品の最大のメリットは、コストパフォーマンスだと思います。

そこまで本格的でなければ、純正との写りの違いがわからないようなレンズもあるので、お買い得感があります。

ただ、価格が純正と同じであれば、多くの人が純正を選ぶでしょうから、価格設定としては適正なのかなと思います。

 

写りに関しては、シグマはシャープでタムロンは柔らかくソフトな感じと表現される事が多いみたいですが、個人の好みで、純正よりも良いと感じる人がいるのも確かです。

であれば、高い純正を選択するよりも、価格を抑えたサードパーティ製品を選択する方が満足できますよね。

 

 

サードパーティ製品のデメリット

 

では、デメリットなんてあるのでしょうか?

それは、エラーなどの不具合が発生する可能性があるのが大きなデメリットだと思います。

カメラメーカーも純正レンズで使う事を前提にしているので、サードパーティ製品ではエラーを起こすような対策をしている場合があります。

レンズ側で最新のデーターへバージョンアップすれば、対応できる事が多いですが、そのまま使える純正品と比べると面倒ですよね。

 

機能面でも、カメラメーカーは純正品のレンズ使用時に最大限のポテンシャルを発揮できるように作られていますから、純正品のレンズを使った方が、オートフォーカスも正確で速く静かだというのもありえます。

 

そして、売却するのも純正品のレンズの方が人気が高く、中古としても高く売却できるのに対し、サードパーティ製品は、そこまで安定した価格で売れる事が少ないです。

 

コストパフォーマンス重視であるため、外観もチープなものが多いように感じます。

どちらにせよ致命的で使えないという内容では無いので、気に入ったレンズがあれば、サードパーティ製品でも良いんじゃ無いかと思っています。

 

 

魅力的なレンズ

 

現在、メインで使用しているNikonのD750で使えるようなレンズは、大口径で高価なものが主流です。

明るい大口径レンズは、どのカメラメーカーも高額なレンズになっています。

 

ところが、純正品じゃ無いレンズを見てみれば、同じような仕様の大口径レンズでも、純正品の価格よりも、かなり安価な価格設定であるんですよね。

 

 

標準域のズームレンズ

 

標準域で魅力的な純正レンズと言えば、コレ。

 

 

明るくて手ぶれ補正も搭載されて、Nikonユーザーなら憧れる標準域のズームレンズ。

でも価格を見て躊躇するというレンズ。

このレンズに近いサードパーティで探しているとありました。

 

 

タムロンのレンズですが、評判も良く価格も純正と比較するとお買い得な販売価格帯です。

Canonのカメラを使っていた頃に、このレンズの旧バージョンクラスを所有し、純正の24-105Lと併用していましたが、純正の24-105mmが暗かったので、明るいタムロンのレンズの方が仕様頻度が高かったくらいです。

どうしても純正じゃ無きゃダメだという人以外なら、コレ1本で良いとさえ思えます。

 

 

もう1つ、シグマにも同様の大口径レンズがありました。

このArtも人気のレンズですが、純正よりも安価でシャープな写りが特徴です。

純正品の価格を考えると、この価格で手に入り、この性能ですからお買い得な気がします。

 

 

スナップ向き単焦点レンズ

 

ポートレートを撮る機会は殆どありませんが、風景メインで純正の単焦点で気になるのが、35mmあたり。更に室内撮影や、小さい子供を撮影するポートレートで、ブレずに背景を綺麗にボカした写真を手軽に撮れるので、長く重宝するレンズ。

明るい単焦点レンズは、レンズ沼への入り口なんて言われますけど、よくわかります。

 

 

見た目もカッコイイ大口径単焦点レンズで、フルサイズだと丁度良い感じの35mmの単焦点。

少し暗いF値が1.8もありますが、憧れは1.4ですよね。

ですが、やっぱりこのレンズも価格が高いのがネックですよね。

 

そこでサードパーティ製品に注目すると、非常に評判の良いレンズが見つかります。

 

 

この単焦点レンズは、シグマのラインナップの中でも非常に評判の高いレンズで、レビューなどでも絶賛されていて、神レンズなんて呼ばれています。

描写は、かなりシャープな印象でキレッキレの写真になる傾向。

それでいて、この明るさでこの価格なら、純正と比べてお買い得感が高いコスパに優れたレンズ。

 

明るさを少し落としても良いということならば、こちらも評判が良いタムロンの単焦点レンズ。

 

 

シグマの特徴であるシャープな描写とは正反対の柔らかいソフトな印象になる傾向の単焦点レンズ。

好みで選ぶような感じになりそうですが、こちらもコスパに優れた大口径単焦点となっています。

そして、このレンズのみ手ぶれ補正が付いています。

 

 

最後に

 

レンズ選びも選択肢が増えることは悩む時間も多くなるかも知れませんが、良い事でもあると思います。

競合の無い1社独占ほど怖い物はありませんからね。

競い合って、より良い製品が出てくるのが理想的でもあります。

サードパーティが頑張っている印象が強いですが、Nikonは積極的にレンズのリニューアルを進めていますし、悩めるところです。

 

高額な純正レンズか、コスパに優れたサードパーティ製のレンズか。

趣味の世界なので、好きなものを買えば良いだけですが、こんな悩んでいる時間も楽しく思えて好きだったりします。

レンズ沼って恐ろしいですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。