SONY RX100M5を衝動買いしたので使用感でも書いておく


スポンサーリンク


スポンサーリンク



SONYのRX100M5というコンデジを衝動買いしちゃいました。

こんにちは。あだじょぱです。

普段のメインカメラは、Nikon D750 を使っています。

RX100M5は、特に購入予定もありませんでした。

しかし、気がついたら手に商品の入った紙袋を持っていたんです。

そう、量販店で見ていたら買ってしまったという衝動買い

折角なので、少しレビュー記事でも残しておきますね。

 

 

RX100M5というコンデジ

 

SONYのサイバーショットというコンデジのシリーズ。

その中でも、1型センサーを搭載した高級コンデジと呼ばれるクラス。

 

あだじょぱ
ポケットサイズのボディにしては大型のセンサーを搭載なんだ

 

RX100シリーズは、初代RX100からM2、M3と続き、M5は現時点の最新機種(2018年1月現在)。

普通なら、後継機種の発売で先代モデルは消えていくところ、このRX100シリーズは、今でも初代RX100から全ての機種が売られています

それだけ続くのは、人気があるからでしょうね。

 

その人気ですが、コンデジでありながら、1型センサーを搭載した事による高画質化。

大型センサーを搭載した一眼レフは、その本体も大きくなりがち。

一方、コンデジは機動性が需要で、その機動性を維持しつつ、高画質化された名機がRX100シリーズなのです。

 

最近では他社も高級コンデジを発売するようになりました。

コンデジに迫るスマホのカメラ機能を考えると、当然の流れなのかもしれません。

但し、高級コンデジと呼ばれるだけあって価格もお高い。

このRX100M5なら、10万円ほどの実売価格です。

 

ミラーレスの一眼レフが買えるやん!

 

って思うくらい高いんです。

 

 

個人的に今回は衝動買いでしたが、購入を検討する場合は、幾つか理由が考えられます。

 

RX100M5を購入する動機
  • スマホよりも高画質
  • 一眼レフよりも高い機動力
  • 高画質&携帯性のバランス

 

 

 

スマホよりも高画質

 

最近は、スマホのカメラ機能が優秀になってきました。

コンデジの下位モデルと比べても、画質に違いを感じないくらい進化しています。

正直、スマホだけあれば良いという人も少なくない筈。

そのくらいスマホのカメラ機能は進化し、日常生活では十分な機能を発揮してくれます。

 

それならコンデジが必要ないワケですが、普段よりもアートな写真を気軽に撮りたいという場合は、コンデジの方がカメラ機能に特化しているので適しています。

しかし、安価な下位モデルを購入するとガッカリするコトがあります。

それは、スマホとの間にそこまでの差を感じないから。

進化したスマホよりも更に上の性能を求めるなら、高級コンデジが選択肢に入ってきます。

 

あだじょぱ
スマホより高画質で持ち歩くのが便利なのが理想

 

価格は、人気のキヤノン PowerShot G7X MarkⅡ でも実売価格で6万円くらい。

その上のAPS-Cセンサーを搭載した G1Xシリーズになると10万円以上

各社の一般的な一眼レフカメラのエントリーモデルが買えそうな価格ですが画質は綺麗。

このくらいの価格帯なら、間違いなくスマホとの差を感じます。

 

 

一眼レフよりも高い機動力

 

カメラは持ち出してナンボ。

しかし、カメラが大きく重いと、普段から頻繁に持ち出さなくなる事も考えられます。

ちょっと出かけるだけだからと、大袈裟な鞄を持ち出さず、カメラを置き去りにした時に限って、シャッターチャンスに遭遇したりします。

カメラを持ち出せば良かったと後悔します。

それとは逆にカメラを持って出たけど、全く写真を撮らなかったので邪魔になっただけだった。

なんて思う日もあります。

 

一眼レフは、レンズが大きくなるので、持ち運びが大変です。

ボディがコンパクトな小型ミラーレスでも、鞄に入れて持ち歩くのは意外と大変。

それが、小型のRX100シリーズになると、ポケットにも入るので邪魔になりません。

小さすぎて撮影しづらいという点は否めませんが、慣れで解消できます。

 

 

高級コンデジの機種を比較

 

何もこのクラスの高級コンデジは、RX100シリーズだけではありません。

他にも同じようなモデルが各社から販売されています。

 

他の高級コンデジ
  • PowerShot G7X MarkⅡ
  • PowerShot G1X MarkⅢ
  • LUMIX TX-1
  • FUJIFILM X100F

 

 

何を基準に選ぶかで購入する機種は変わる筈。

価格が安い方が良いという価格重視の人と、価格は高くても操作性重視の人など色々です。

個人的には、キヤノンのG7X MarkⅡは価格もRX100M5より安く、良さげだと思いました。

RX100M5の方を選んだのは、ファインダーに興味があった為です。

RX100M5のファインダーについては、後述します。

 

 

 

G1X MarkⅢは、ちょっとタイプの違うカメラかと思いました。

ボディが大き目で、センサーもAPS-Cサイズを搭載しています。

それならミラーレスと変わらないから、レンズ交換できない分、魅力が薄いような気がしました。

 

 

 

LUMIX TX-1は、かなりの高性能みたいですが、ボディサイズが大きいので却下。

まぁ、このボディで10倍の望遠なので仕方無いんですけど、自分の用途には合わず。

望遠を重視したい人にはオススメです。

 

 

FUJIFILM X100Fは、キヤノンのG1X同様、大きさがネック。

X70の後継機ですが、もうお腹いっぱいです。

 

 

あだじょぱ
結局は、バランスが大事

高画質と携帯性と機動力。

これらは、全てを兼ねそろえるのが難しい要素。

全ての機能のバランスで決めるとRX100M5になった感じですね。

但し、価格だけは高すぎる気がします。

 

 

RX100M5の使用感

 

それでは、実機はどうなのでしょうか?

個人的には、RX100シリーズは2台目になります。

以前、RX100M2を使っていた時期があります。

その時は、結構頻繁に持ち出して使っていましたが、不満の無いコンデジという印象。

それから進化した機種が次々と発売になり、ついにM5まで。

 

もう手元にM2が無いので比較は出来ませんが、手にした感じはM5の方が小さく感じます。

レンズは、広角24mmスタートで、望遠端は70mm。

F1.8からの可変レンズを搭載です。

レンズが沈胴式なので、普段はコンパクトですが、電源が入るとデカイ。

それとM5では、背面のモニターが自撮りできるくらいに反転します。

 

最大の特徴は、オートフォーカス機能の進化でスピードがアップしたのと、ファインダーが搭載されている事。

 

普段はボディ内に格納されていますが、ボディサイドのレバーで飛び出す仕様。

しかし、もう1アクション必要で、ファインダーを引っ張って出さないと使えません。

ちょっと面倒な気もしますが、なかなか良い感じです。

ポケットに入るサイズなので、上着のポケットに入れて持ち歩いています。

ギターの演奏動画の撮影にも使えそう。

 

良いことばかり書きましたが、ちょっと気になるところもありました。

 

気になったPOINT
  • ツルツルボディで掴みづらい
  • ファインダーが小さい
  • 起動時間が遅い
  • 小型化の影響で操作性が犠牲に

 

 

ボディが平面で滑り止めも無いので掴みづらいです。

ファインダーは、当然ですが小さいので違和感があります。

サクサクと起動してスパッと撮れるという感じでは無かったです。

小型化するとボタンの配置に無理が出て来るので、成人男性だと他のボタンに指が触れて、誤作動させてしまう可能性があります。

総合的には良くできたカメラだと思いますし、画質にも満足です。

何より持ち出すのが楽しいカメラだと思います。

 

 

 

取り敢えず購入したケース

 

Nikon D750を入れる為に購入したカメラバッグだと、これだけを持ち歩く時に大き過ぎるので、新たにケースも小さな物を購入しました。

 

シンプルなポーチタイプ。

大き過ぎると携帯性を損なうので、なるべく小さめの物を選びました。

純正の速写カバーは、気に入らないので違ったのにしました。

Loweproのサンティアゴ30。

セミハードケースなので、外側は硬めの構造で安心感があります。

セミハードってところが気に入ったポイント。

 

 

そして内部には、しっかりとしたクッション材が入っているので、これまた安心。

高級コンデジ向けの商品らしいですが、RX100M5を実際に入れると少しキツイ感じがします。

ですが、クッションの弾力で、キツイだけなので問題は無さそう。

このカメラだけを持ち出す場合に活用しています。

 

 

 

まとめ

 

衝動買いしてしまいましたが、店頭では安くなったRX100M3も気になっていたんです。

 

 

しかし、後から発売になった機種の方が進化していて魅力的。

価格が高いという事も忘れて思わず購入していたんです。

そのくらい魅力のあるカメラでした。

 

このおかげで、Nikon D750の出動が減りつつあります。

大きくて重いので、気合いが入っていないと持ち出せない体になったのかも。

普段から一眼レフを持ち歩くのはしんどいけど、高画質で撮りたいと思っているのなら、このRX100M5というカメラは、ピッタリのカメラだと思います。

お手軽なので、毎日、持ち歩いています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。