RX100M5の自撮りセルフタイマー3秒の設定を解除する方法


スポンサーリンク


スポンサーリンク



デジタルカメラ SONY RX100M5 を使い始めてしばらくが経過。

こんにちは。あだじょぱです。

上着のポケットに入れて持ち歩けるくらい小型で、普段使うのには不便を感じないカメラ。

それでいて、不満のない画質と動画性能。

コンデジとしては価格が高めですが、買って良かったと思います。

 

 

 

自撮りでのセルフタイマーを解除する方法

 

コンデジと言っても高級コンデジと呼ばれるくらいで、設定できる機能の項目も多め。

気になる機能を試していて気になる事が1点ありました。

それが、自撮りモード(背面モニターを180度回転させる)にした時に、シャッターボタンを押すとセルフタイマー3秒が作動するという事。

撮影状況によっては、シャッターボタンを押した瞬間にサクッと撮って欲しいと思う場面もあります。

 

何も設定を変更せず、普通に撮影出来ていても、背面液晶モニターを180度回転させると、勝手にセルフタイマー3秒のシャッターになるようです。

これが、仕様なので変更は不可能かと思いましたが、設定で変更が出来ました。

このセルフタイマーを解除して、シャッターを押すと同時に撮影となります。

 

設定の変更方法
  1. メニューボタン
  2. カスタム設定
  3. 自分撮りセルフタイマー「切」

 

実は超簡単に変更が可能だったんです。

 

あだじょぱ
マジか・・・

 

カメラ背面のMENUボタンを押してメニューを表示。

ボディのコンパクト化で少しボタンが小さい気がしますが、頑張って押します。

そこから歯車マークのカスタム設定を選択。

画像はタイル表示という表示になっています。(この表示も設定画面で変更が可能です)

その中の項目に自分撮りセルフタイマーがあるので、選択して「切」を選択。

デフォルトでは、この項目が「入」に設定されています。

これだけの流れで簡単に設定が変更できました。

結構見落としがちの設定項目かもしれないので、参考にしてみて下さい。

 

 

こんな時に役立ちます

 

自撮りも試してみましたが、3秒も片手でカメラを支えていると、腕がプルプルします。

 

プルプルしません?

 

Σ(゚Д゚;)!

 

だから早く撮りたい。いや撮られたい。

女性なら尚更、3秒間の間に手ぶれ補正以上のプルプルが来ちゃうかもしれません。

折角の奥様の美しい顔がブレブレになってしまいますやん。

 

((((; ゚Д゚)))

こんな感じ

 

そもそも男の人が自撮りするよりも、女性が友達と一緒に自撮りする事の方が多いんじゃなかろうか?

だとしたら、この設定は失敗じゃね?

 

個人的には、小動物を沢山飼っているので、抱っこする事があります。

その時に自撮りモードで動物を撮影しようと試みましたが、3秒も動物は待ってくれません。

結果、ブレブレ写真の量産となりました。

こんなの嫁だったらブチ切れてますよ

 

というワケで、活発に動く動物を抱っこして撮影するような場面では、急いでシャッター切りたいやん。

って話なのです。

 

役に立つ場面
  • 女性だらけの水泳自撮り大会
  • 動物を抱っこして撮影
  • 彼女を抱っこして撮影

 

 

動画撮影時は違う設定

 

この前述の設定は、静止画撮影時の設定になります。

動画撮影時は、背面モニターを180度回転させていても、●RECボタンを押すと即録画開始となります。

自撮り動画の需要がどのくらいあるのかわかりませんが、●RECボタンが背面なので、ボタンを押す動作がどうしても録画されてしまいます。

 

個人的にギターの動画を撮る事がありますが、最初や最後は動画編集ソフトでカットしています。

そうする事で、余計な無音の時間も無くなるので、見る時もイライラしません。

最初と最後をカットしないとダラダラと無駄なムービーが流れる事になります。

 

使い方は色々あって、万人が使わないような使い方をする場合だってあるかもしれません。

自分に合った設定にしておく事で、咄嗟のシャッターチャンスを逃さないようにしたいところ。

あとは、三脚があれば手ブレも防止出来て便利ですね。

 

関連記事

 

 

 

まとめ

 

実は、付属の取扱説明書を読んでも見つけられなかった項目です。

同じように悩んでいる人に届けばと思って書いてみました。

取説よりも実機を実際に触って確認しないとわからない事も多いですね。

  1. メニューボタン
  2. カスタム設定
  3. 自分撮りセルフタイマー「切」

 

これさえ変更してしまえば、もう大丈夫。

自撮りでも素早く撮影が出来るようになりますよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。