【現行】似たような外観で迷うRX100シリーズの違いとは?【併売】

スポンサーリンク






 

SONYの1型センサー搭載コンデジが熱い。

こんにちは。アッシュです。

通常、定期的に新しいモデルが発売となるデジタルカメラの世界。

前機種は価格が下落し、ディスコンされて消えて行くのが世の常です。

しかし、SONYさんの1型センサー搭載コンデジRX100シリーズは凄かった。

2012年に初代RX100が発売され、その翌年に仕様変更されたM2が発売。

更にその後は、M3、M4、M5と2016年まで4年間で5機種が発売されました。

ですが、これ全部併売してます。

 

SONYさん・・

 

どれを買えば良いのか迷いますやん

 

カオスやん

 

(; ゚д゚)

 

 

RX100シリーズの各モデル

 

高性能だと思っていた機種も古くなれば、価格が下落します。

その為、初代RX100は価格だけみると激安のお得感が満載。

ですが、新しいモデルになる度に、仕様に進化を感じるシリーズなので、各機種の仕様を理解して納得のいく1台を決めたいところです。

 

 

初代 RX100

 

特徴
  • ZEISS バリオ・ゾナーT*(6群7枚)レンズ
  • 焦点距離:28mm – 100mm 
  • 開放F値:F1.8 – F4.9
  • Exmor CMOSセンサー搭載
  • 画像処理エンジン:BIONZ
  • 最短撮影距離:広角5cm 望遠55cm
  • ISO感度:125 – 6400
  • シャッタースピード:1/2000秒
  • 連写:10/秒
  • 動画性能:フルHD
  • 起動時間:2.1秒
  • 撮影枚数:330枚
  • 外観寸法:101.6×58.1×35.9(mm)
  • 重量:約240g

 

2012年に発売されたカメラなので既に6年前のモデルです。

現時点の最新機種M5と比べて、画像処理エンジンやセンサーが古いタイプですが、画質には大きな違いを感じません。

機能面で少し後継機種には劣る部分が目立ちますが、価格が安いので、コスパは良いです。

価格が下落し、実売価格で3万円ほどで販売されています。

こんな人にオススメ
  • 安くても普通のコンデジより良い写りを求める人

 

 

 

 

RX100M2

 

特徴
  • 裏面照射型Exmor R CMOSセンサー
  • 可動式背面液晶モニター(上:約84度、下:約45度)
  • ISO感度:160 – 12800
  • アクセサリーシュー有り
  • Wi-fi対応
  • ステップズーム
  • 撮影枚数:350枚
  • 外観寸法:101.6×58,1×38.3(mm)
  • 重量:約281g

 

初代RX100と同じ1型センサーですが、裏面照射型に進化。

背面液晶モニターが可動となり、本体の厚みと重量がそれぞれ増加。

歴代RX100シリーズの中では不人気なモデル。

唯一、アクセサリーシューが有るので、本体の上部がフラットになっていません。

なんだか微妙ですが、撮影枚数は増えてます。

こんな人にオススメ
  • 拡張性を重視し撮影では周辺機器を駆使する人

 

 

 

RX100M3

 

特徴
  • ZEISS バリオ・ゾナーT*(9群10枚)レンズ
  • 焦点距離:24mm – 70mm 
  • 開放F値:F1.8 – F2.8
  • 画像処理エンジン:BIONZ X
  • 最短撮影距離:広角5cm 望遠30cm
  • ISO感度:125 – 12800
  • 起動時間:1.6秒
  • 撮影枚数:320枚
  • 可動式背面液晶モニター(上:約180度、下:約45度)
  • 電子ビューファインダー(144万画素)
  • 瞳AF搭載
  • 外観寸法:101.6×58.1×41.0(mm)
  • 重量:約290g

 

 

このM3から大きく仕様が変更になりました。

まず、レンズが変更となり望遠側が短くなって明るいレンズに。

そして画像処理エンジンが新エンジンBIONZ Xに変更。

背面の液晶モニターが自撮り対応の180度回転に対応。

そして、電子ビューファインダーを内蔵と大きく進化を見せた1台になりました。

機能に文句なしの機種ですが、価格が落ちてきたので、バランス的にも1番のオススメ機種です。

 

こんな人にオススメ
  • 価格と性能のバランス重視でコスパ最強が希望の人

 

 

 

RX100M4

 

特徴
  • 積層型 Exmor RS CMOSセンサー
  • 電子ビューファインダー(235.92万画素)
  • シャッタースピード:1/32000秒
  • 連写:16/秒
  • 動画性能:4K
  • 起動時間:1.6秒
  • 撮影枚数:280枚
  • 重量:約298g

 

RX100M3から進化が大きく無いような感じもします。

それでいて実売価格がまだ高めで推移しているので、それならM3の方がお得感ありです。

シャッタースピードとファインダーの画素数が向上したくらい以外は大差ありません。

 

こんな人にオススメ
  • 電子ビューファインダーを重要視する人

 

 

 

RX100M5

 

特徴
  • ファストハイブリッドAF搭載
  • 連写:24/秒
  • 起動時間:1.7秒
  • 撮影枚数:220枚
  • 重量:約299g

 

個人的には微妙な機種のように感じるスペック。

買っちゃったんですけどね。

関連記事

 

AF性能が向上したのは素晴らしいですが、価格が高いのでお得感は全くなし。

動画機能に注力されている感じなのにバッテリーの持ちが悪いので更に微妙。

だって、もっとセンサーサイズの大きなミラーレスが買える値段やし。

正直、M3やM4で良いんじゃ無いかと思うモデル。

こんな人にオススメ
  • 動きの速い被写体の撮影や動画撮影機能を重視する人

 

 

 

まとめ

 

パッと見ただけだと全部が同じように見える外観の変化の無さ。(M2除く)

外観は、既に完成形とでも言いたいのでしょうか。

他社のカメラのようなグリップが無いので、表面がツルツルなんですけどね。

ツルツルしてグリップが気になる場合は、別売りの貼り付け型グリップが用意されています。

 

初代から続く全モデルが併売されているので、この中から用途や予算に合わせて選べます。

初代は2012年の登場ですが、画質も良いのでまだまだ使えそう。

バランスを考えれば、M3が1番コスパが良くてオススメのモデルです。

電子ビューファインダーの画素数が少なめですが、それほど問題ではありません。

現時点でのRX100シリーズ1番人気だと思います。

 

少し前までは、餅は餅屋という考えで、キヤノンやニコンのようなカメラの老舗的メーカーが良いと思っていましたが、デジタルになると電子機器という考えもありですね。

SONYのカメラ、なかなか良いです。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。