電子ビューファインダー内蔵のRX100M5が活躍する


スポンサーリンク


スポンサーリンク



正直、衝動買いだったEX100M5をこんなに使うとは思っていませんでした。

こんにちは。あだじょぱです。

衝動買いにしては、10万円と結構高額な出費になったコンデジ。

セミリタイアした身には痛い出費です。

しかし、そこは自分で用意したブログなどの収益で得た小遣いを使って購入です。

やってて良かったブログ運営。

 

 

RX100M5の内蔵電子ビューファインダー

 

これだけコンパクトなカメラですから、普段の持ち歩きに頻繁に連れ出すようになりました。

セミハードケースを購入しましたが、カメラがポケットに入るサイズ。

ケースを持ち歩かなくても、ポケットに入れてすぐに取り出せるようにも出来るんです。

 

何気に気に入っているのが、内蔵ファインダー。

一般的なコンデジは、背面モニターを見ながら被写体を確認して撮影するスタイル。

一眼レフのようにファインダーを覗いて撮影する感じでは無く、スマホで撮影する時のような感覚です。

高級コンデジと呼ばれる大きなセンサーを搭載するクラスでは、最初からファインダーを搭載した機種もありますが、ファインダー部の出っ張りが少し気になります。

コンデジでは、ファインダーは優先事項では無いみたいです。

デフォルトではファインダーの無い機種も多く、必要ならばと、アクセサリーとして別売りの外付けファインダーが用意されているタイプもあります。

 

 

フラットなボディ形状に内蔵されたファインダー

 

 

RX100シリーズは、M3からファインダーが内蔵されました。

しかし、通常時はカメラ本体の前面以外がフラットな形状。

前面はレンズのリングがあるので、少し凹凸になっていますが、他はフラットな形状なのです。

 

個人的にコンデジの良さとして、ポケットからすぐに取り出せてサクッと撮れる事が重要だと思っています。

その為、カメラのボディの凹凸は少ない方が良いんです。

じっくり撮影するのであれば、重くても大型センサーの一眼レフの方が画質面で有利です。

高画質の部分を妥協して、機動力や携帯性を優先したのがコンデジであり、その中でも高画質なのがRX100シリーズのような1型センサー搭載機種、所謂、高級コンデジと呼ばれるカメラだと思います。

なので、凹凸が少ないのにファインダーを内蔵しているのが凄く好きです。

因みに中央部にはストロボが内蔵されています。

 

そしてこの電子ビューファインダーがよく出来たギミック。

(因みにファインダーもT*コーティング

本体に埋め込まれるように内蔵されいて、ボディ側面のレバーでポップアップするんです。

使用する際は、2段階で引き出す必要があるので少し手間を感じるかもしれませんが、個人的にはその流れも好きです。

即シャッターを切れないので、数秒の遅れになると言われれば、そうなんですが、個人的には気になりません。

それよりもカメラの位置を気のせずに、角度調整も可能なチルト式背面モニターで撮影するというスタイルと、ファインダーを覗きながらしっかり構えるスタイルが両立出来る事の方がありがたい。

 

 

反射が気にならずスナップに良いカメラ

 

北海道は観光旅行先としても人気があります。

夏は避暑地としてキャンプやレジャーで人気ですが、冬はスキーやスノボ、それに雪まつりなどのイベントが開催されて盛り上がります。

コンデジでの撮影の場合、夏の陽差しによる反射で液晶モニターが見づらくなる様な気がします。

ですが、実は、冬も積もった雪で銀世界が広がり、反射が酷く、モニターを見づらい時があるんです。

そんな時は、ファインダーを引っ張り出して確認出来るRX100M5が普通のコンデジよりも活躍出来ます。

一眼レフでじっくり撮る以外、簡単なスナップならこれ1台で十分です。

 

背面液晶もチルト式なので、反射を避けながら撮影する事も出来なくは無いです。

それでもカメラをホールドしながらとなると少しコツが必要。

それなら最初から電子ビューファインダーで撮る方が簡単です。

 

昔からフラフラ近くへ出かけるだけでもカメラを持ち歩き、スナップを撮るのが好きでした。

その為、軽くて便利なコンデジは結構好きなんです。

ですが、最近はスマホが進化してきたので、コンデジとの差がかなり縮まった印象がありますね。

iPhoneでも結構良い感じに撮影出来ちゃいますw

カメラの良さは、撮影に特化されている分、操作性はスマホと比べ物にならないくらい良い点。

シャッターチャンスを逃さず「きっちり仕事をする」という意味では、コンデジかと思います。

流石にスマホには電子ビューファインダーなんて無いですからね。

 

ただ、カメラ本体が凄く小さくてコンパクトなので、ファインダーを覗いてる姿は変かもしれません。

めちゃ小さい部分を必死に覗いている感じ。

 

((((; ゚Д゚)))

 

 

 

まとめ

 

2012年から外観を変えずに少しずつ進化してきたRX100シリーズも5代目。

もうこのクラスの1型センサー搭載機種としては完成されてきた様に思います。

このM5ほどの機能が無くてもM3くらいなら価格も落ち着いてきたので魅力的です。

 

M3なら電子ビューファインダーも搭載しています。

M4からより見易くなったファインダーですが、価格差ほどの性能差を感じません。

個人的に最新機種を衝動買いしちゃいましたが、予算次第ではM3にしたと思います。

そんなに重要視していなかったファインダーが大活躍という不思議。

これからもスナップには頻繁に持ち出す予定です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。