FUJIFILM X70は、コンパクトなのに画質が良い


スポンサーリンク


スポンサーリンク



北海道を観光で巡る時には、その風景や食べた物を写真に残したいですよね。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道では、自然が豊かな四季折々の景色も魅力です。

そんな景色に魅了され、絶景を求めて訪れる人も多くいます。

中には、写真を撮る為に移住したという人さえ存在するくらいです。

 

本格的な撮影もそうですが、近年は昔に比べてカメラも高性能。

スマホのカメラ機能も向上し、差別化を求めてデジタル一眼レフの普及率も高まりました。

学生さんや若い女性が、デジタル一眼レフで撮影している姿をよく見かけます。

インスタ映えを探し求めると言うのも有るのかもしれないですね。

 

そういう僕も、一眼レフのカメラを持って道内をドライブしています。

キヤノンとニコンの両方を使っていました。

子供が成長するにつれ、重たい一眼レフの出動機会が減理、持ち出さなくなる始末。

結局、コンパクトカメラの方が合ってると思い、SonyのRX100m2を購入。

コンパクトがメインになっていました。

現在は、Nikon D750をメインで使っています。

 

 

富士フィルム X70

 

正直言うと、見た目が購入理由です。

 

デザイン好みでした。

 

街を歩いていて、一目惚れした女性を交渉の末に連れて帰るような感覚。

まさに「僕だけの君を見つけたぜベイベー」です。

 

キモい。

 

簡単に説明すると、外観が大きな決定ポイントになったという事です。

持ち出す時のワクワク感というか、気持ちが大事だと思っているので。

良いと感じたPOINT
  • ギリギリ大きめのポケットに入る
  • RX100よりもセンサーが大きくAPS-Cである
  • FUJIの色も好き
  • 背面のモニターが可動式
  • 操作ダイヤルが適度なマニュアル感
  • 対RX100M2でグリップの握り

 

コンパクトなので少し大きめポケットがあれば入れておけます。

普通のポケットには入りません

 

コンパクトサイズなのに、APS-Cという一眼レフと同じサイズのセンサーを搭載。

そこに明るめの単焦点レンズという時点で、スペック的には既に申し分ないです。

ズーム機能はありませんが、個人的に一眼レフでも単焦点を1本だけ持って出かける事もあったので、特に気になりませんでした。

 

特に拘ってるって事はありませんが、FUJIの色にも抵抗は無いですね。

どちらかと言えば好み。

この辺は人によって違うと思うので、確認はしておくべきですね。

D750を使うようになっても、X70の出番は多いです。

今では、iPhone8Plusがサブです。

 

ファインダーのないX70ではモニターが頼り。

モニターが可動式である事は、撮影時だけでなく、モニターで撮影した画像を確認する時でも、眩しくて見えにくい場合に角度を変えられるのが便利です。

完全なオートじゃなくて、上部のダイヤルで露出や、シャッタースピードの調整が可能なのも良いですね。

あと、RX100M2はボディがツルツルでグリップ部分が滑るのが欠点だと思っていましたが、X70のグリップは、重いけど片手でなんとか撮影出来るレベルだと感じました。

 

 

GRという名機があるけど

 

この機能であれば競合するのは、リコーのGRシリーズですよね。

あちらの方がコンパクトですし、評判も良いカメラですからね。

でも僕はGRの無骨なデザインがあまり好きじゃ無い。

結局デザインなのかよ!という部分で却下していました。

結論から言ってしまえば、僕のようなブログがメインの使い方であれば、画質に関して高価な上位機種は必要ないです。

既にD750という一眼レフがありますから、高画質ならD750に任せれば良いんです。

 

実際、カメラのセンサーサイズが同じなら、出てくる写真も大きな違いは無いと思うんですよ。

であれば、デザインや操作性だったり、最終的なメーカーの画像処理による性質で選ぶべきかなと。

メーカーの画像処理エンジンで各社の写真の方向が違うと思うので。

なので自分の好みでX70を選択したわけなんです。

 

GRについては、スナップ撮影をするのには最適なカメラだなという気持ちはありますが、個人的にはFUJIのデザインや操作性が良いという結論だっただけです。

この辺りの機種ってマニアックというか、普通の主婦とか一般的な方は手を出さないんじゃないかと思うんですよね。

それこそ好みで選んで良いんじゃ無いかと。

 

 

マニア向け?

 

使っていて感じるのは、一般の方が普通のコンパクトデジカメから買替える場合はオススメ出来ないなと思います。

ごく普通のコンパクトカメラの方が、簡単に綺麗に撮れると思うので。

このX70は、単焦点レンズでズーム出来ませんし、手ぶれ補正も付いていないので普通の方が使うと不便に感じる事は間違いないでしょう。

 

不満を感じるPOINT
  • 手ぶれ補正が無い
  • 単焦点でズームが無い
  • レンズキャップが蓋式
  • 微妙な大きさ

 

これだけ書くと、なんだか結構致命的だったりしますね・・。

これがX70のデメリットだと感じています。

 

明るいレンズを搭載していますが、絞って撮ることが多いので、手ぶれ補正の必要性を感じる事もあります。

それに、ズームじゃないと撮れないような環境では、不便を感じる時があります。

 

レンズキャップはフタ式で面倒なので、撮り歩きの普段はキャップなんてしてません。

1番最初に触った時に思ったのは、なんて微妙な大きさなんだろうって事でした。

ポケットに入れるには少し大きいし鞄に入れるには小さいし

もう少しなんとかならなかったのだろうか?と思いましたね。

 

何もわからないけど、買おうかなと思っている方は実機を触って確認した方が良いです。

デメリットの部分を許容できないと後悔しますから。

 

 

操作性が良い

 

上部にあるダイヤルで露出補正が出来ます。

雪国だと一面が雪景色になる場合もあるので、露出補正ダイヤルですぐに補正できるのは有難いと感じます。

シャッタースピードもダイヤルなので簡単に変更が可能。

 

そして、デジタルテレコンバーターはレンズ側リングで操作。

X70は単焦点28mmのレンズですが、35mm、50mmの画角で撮影が出来るデジタルテレコンバーター機能があります。

35mmや50mmの単焦点レンズを装着している感覚で撮影が出来る機能です。

この切り替えをレンズ側のリングで簡単に切り替える事ができます。

又、大きい方のリングでは絞り値の変更が出来るので、慣れれば非常に操作性が良く感じます。

この操作性は、僕にとって使い易くすごく気に入っている部分です。

 

 

困った部分

 

カメラが小さい分、撮影時に誤って右手の親指でボタンを押してしまう事があります。

そして、手ぶれ補正が無いので知らず知らずのうちに手ぶれを量産していたり・・。

背面モニターで確認した際には綺麗に見えても、パソコンのモニターで確認した時にブレてる事があります。

F値が2.8なので、絞って撮る場合は手ぶれの可能性が増加します。

暗い場所で感度を抑えようとして手ぶれ量産をするなんて事も。

RX100M2の方が手振れ補正付きでブレない。

そしてそのブレないカメラに慣れているので苦戦してます。

下手くそのは優しく無いカメラかも・・・。

 

 

まとめ

 

センサーサイズが大きい分、一般のコンパクトよりは優位。

センサーサイズが同じ機種であれば、画質は大きく変わらないので、好きなカメラを買えば良い。

同じセンサーでも一眼レフの方が操作性は優れているので、一眼レフとの比較であれば、操作性を捨ててコンパクトを選択するかどうか。

単焦点で満足できるのであれば、良いカメラです。

トリミングなど後処理も可能ですから面倒じゃ無ければなんとかなります。

あとは、手振れ補正は欲しかったなぁと感じています。

巧い方や三脚で撮られる方には無用なのかもしれませんが。

.・゚・(ノд`)゚・.

最終的に決めるのは、自身の使い方に適したカメラかどうかと、好みかどうかですね。

 

このサイトに載せている写真の内、食べ物系は殆どX70で撮影しています。

サーバーへのアップロード時に圧縮されているので参考にならないかもしれませんが。

お店の中での撮影は全てX70で撮っています。

 

 

最後の最後に、デザインを優先するのもありです!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。