お得な北海道グルメの取り寄せを厳選


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道には、まだまだ美味しいグルメがあります。

こんにちは。あだじょぱです。

以前、北海道への観光旅行で訪れた時や仕事での出張の時に、お土産として喜ばれそうなものを紹介した記事を書きましたが、今回は取り寄せて食卓で美味しく頂けるようなグルメを厳選してみました。

そのままご飯と一緒に食べる事が出来る簡単便利な食品と、食卓での味付けに使える調味料とに分けて紹介しますので用途にあわせて参考にして頂ければと思います。

手軽でお得な北海道の限定商品とお土産のお取り寄せ

2017.05.17

 

北海道に行くのは出費も時間もかかって大変。

という綺麗な奥様、自宅にいても北海道を観光した雰囲気だけでも味わえるような、北海道の美味しい物が取り寄せ出来ますよ~。

 

 

ご飯にピッタリお得グルメ

 

子供
母ちゃん、美味いもん食いたいよ
母ちゃん
いつものオカズしか無いわよ
子供
煮干しばっかりで、もう飽きたよ
あだじょぱ
仕方ないなー んじゃ、取り寄せるか

 

日本人の主食である白米。

白米だけでも美味しいですけど、オカズがある方が勿論良いですよね?

ですが、毎日の主婦業で献立を考えるのも大変だし、ちょっとくらい手抜きしたいと思いませんか?そんな奥様に朗報です。

これだけで、ご飯が食べれるという北海道のグルメを厳選しました。

 

 

鮭ルイベ漬け

 

難しい事を書きます! 本来ルイベとはアイヌ語のル・イペという言葉が語源とされています。

その意味は「溶ける食べ物」で、冷凍した刺身を解凍せずに食べるというアイヌの食べ方の方法だったんですが、ルイベ漬けは生の刺身を醤油漬けした食品になります。

本州の知人などには、ご飯に合うと好評です。

 

 

 

イクラの醤油漬け

 

醤油漬けシリーズ第2弾です。

こちらは一般的にも有名なイクラの醤油漬けです。

イクラが大好きだという人は結構多い筈なので、贈っても喜ばれると思います。

ご飯にも合うのでオカズが少ない時にも大活躍の一品です。

 

 

行者ニンニクの醤油漬け

 

ニンニクという名前ですがニンニクでは無い行者ニンニク。

こちらもルイベ同様アイヌの人たちが食していた野草です。

アイヌネギとも呼ばれることがあります。

ニンニクという名前の示す通り臭いですけど美味しくてやみつきになります。

臭くなるので仕事中に食べるのは危険ですが、ご飯に合うのでニオイを覚悟で夕食などにオススメです。

 

 

 

食卓で味を加えるお得グルメ

 

勿体ないという気持ちもあって、前日の残り物を食べる日ってありませんか?

又、普段から同じ料理に少し飽きてきたとか。

そんな時でも調味料を変えるだけで、同じ料理でも味に変化があり、美味しく頂けるような事がありまよね?

そこで、そんな時に役に立ちそうな調味料をご紹介します。

 

 

富良野野菜ソース

 

富良野の新鮮野菜を使ったソースです。

我が家では色々な食品に使っているので消費が早い調味料になっています。

普段の食卓でもこのソースがお気に入り。

子供たちも大好きなのでコロッケなどにかけて食べています。

濃さに種類があります。

 

 

 

ジンギスカンのタレ

 

ジンギスカンも全国的にメジャーな食べ物として広まっていますが、やはりタレって重要ですよね?

そんなジンギスカンが有名な北海道のメジャーなタレがコチラです。

ジンギスカン以外でも色々試しても良いと思います。

 

 

 

昆布醤油

そして北海道が誇る高級昆布を使った昆布醤油です。

これは絶品です。

本場利尻島産の利尻昆布を使用している醤油になります。

醤油は色んな場面で大活躍する調味料の代表格なので、普段と違った味付けに如何でしょう?

ご飯にかけて醤油ご飯にするのも良いかも。

 

 

 

襟裳岬 森進一

っして最後の紹介するのは、やっぱり襟裳岬。

北海道観光で実際に行った事があればご存知かと思いますが、襟裳岬は風が強い事が多いのですが、その強風の音に負けないで襟裳岬の曲が流れ続けています。

食卓で襟裳岬を聴きながら、北海道気分を味わうのにどうぞ。

 

 

最後に

 

さて、今回は食卓で使えるシリーズでお届け致しました。

ご飯に合う食材から味を付け足すのに活用できる調味料、そして北海道へ行った気分を味わえる音楽。

如何でしたでしょうか?

東京の都心部でも、時々開催される北海道の物産展は非常に人気がありますが、混雑するし人気があるのであっという間に売り切れたりしますよね。

 

北海道には、まだまだ美味しい物があります。

このコーナーが続くかどうかはわかりませんが、機会があれば他の商品もご紹介しようと思います。

特に襟裳岬以外で。

観光で訪れた方でないと体験できない事や味わえない物も沢山あるので興味のある人、時間のある人は是非北海道へ!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。