函館五島軒のレトルトカレーを貰ってみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

偶には違った感じのグルメも紹介します。

こんにちは。あだじょぱです。

先日、知り合いから贈られた物の中に、函館の五島軒というレストランのレトルトカレーがあったので、ネタ切れ気味という事もあって、今回は、この五島軒のレトルトカレーをご紹介しようと思います。

 

 

レトルトカレー

 

一人暮らしや、料理を作るのが面倒な時に、手っ取り早く食べる事が出来て、便利なレトルト食品ですが、中でもカレーって嫌いな人も少なくて人気なのでは無いかと思います。

しかし、正直、市販のレトルトカレーも種類が有りすぎるくらい豊富に増えて、味も進化しているし値段も高い物から安い物まで様々ですよね。

今回ご紹介するレトルトカレーは、正統派カレーで変わった物ではありませんが、函館の有名な洋食レストランの物になります。

 

 

函館五島軒

 

1879年(明治12年)4月初代社長・若山惣太郎が西洋洋食店「レストラン五島軒」を創業。屋号は、初代料理長・五島英吉に由来する。

現在のカレーの味は、初代料理長が函館ハリストス正教会でロシア料理を習得したものが始まりで、大正時代に二代目料理長・若山徳次郎が帝国ホテルでの修行で会得したものを地元の食材を活かしてアレンジしたものである。三代目若山徳次郎は法政大学卒業後、家業を継ぐ意思は当初なかったが、二代目の急逝で家業を引き継ぎ、絵画の取り扱いなども行い日本とフランスの交流に尽力、レジオンドヌール勲章を受けている。

ウィキペディアより引用

函館を観光された方は、1度は五島軒で食べた事があるのでは無いでしょうか?僕はサラリーマン時代、函館へ出張した際に何度かランチで利用しました。悲しいかなプライベートでは行って無いんです。

函館にある老舗の洋食屋さん、レストラン五島軒のカレー。

北海道といえばスープカレーが有名ですが、このレストラン五島軒はスープカレーではありません。

昔ながらの西洋風カレーです。

過去には、ももいろクローバーZとのコラボ企画もありましたので、ご存じの方も多いのでは無いかと思います。

 

 

詰め合わせ

 

gotoukencurry

はい。詰め合わせで頂きました。

内容としては、

  • イギリス風カレー
  • カレー百年物語
  • 究極の函館カレー
  • インドカレー

 

という、それぞれ味の違うレトルトカレーが入っています。

因みに僕は辛いのが苦手なので、普段のカレーは甘口ですが、頑張れば中辛まではいける口です。

今回の詰め合わせの辛さは、中辛ばかりだったのでギリギリセーフのラインでした。

それぞれ味に違いがあります。西洋レストランが出しそうだなという味付け。

個人的には、亜イギリス風でも少し辛いくらいでしたが、1番好みの味でした。

オーソドックスな感じです。

北海道では皆さんスープカレーを食べに行きますが、毎回行くうちの1回は函館でこの五島軒のカレーを実際に食べて頂きたいところです。

 

 

実食

 

いつも思いますが、味については人によって好みが違いますから、美味しいだけだとわかりづらいもんですよね。

この中では、イギリス風がオーソドックスな中辛カレーじゃないかなと思います。

インドは辛いです。

curryrice

具材は、どれを選んでも大きめでゴロゴロ入ってました。選んだ種類によっては、ポークとビーフの肉の違いがありました。

レトルトカレーとしては、美味しい部類に入れても問題ない味になっています。

お店で食べた方が美味しいのは勿論です。

店内の雰囲気も昔ながらの洋食屋さんといった雰囲気で、いつもとは違った感覚で食べる事が出来ます。

 

カレーという食べ物は、比較的嫌いな人が少なくて万人受けするメニューだと思いますが、その分、色んなカレーを食べる機会も多いので美味しくないカレーは食べたくないですよね。

その点、この五島軒のレトルトは安心かなと思います。

個人的には、市販のカレー(中辛)より辛い気がしました。

もしかすると辛いのが苦手だから過剰に反応しているのかもしれませんが。

贈って頂きありがとうございました。(次回は出来れば甘口で・・)

 

 

 

アクセス

 

函館駅からベイエリア方面、二十間坂通に面したところ。

路面電車であれば十字街停留所からが近いです。

ベイエリアから函館山の方へ少し進んだところです。

 

 

 

最後に

 

函館五島軒は、レストランが有名なので函館へ行った際には寄ってみて下さい。

函館は市街地の景観も好きなのですが、この五島軒のレストランの建物も古くて立派なルックスが目をひきます。

店内で食べた後は、お土産としてレトルトカレーというパターンがお勧めです。

函館山の観光などで行く機会があれば、ちょっと立ち寄れるような場所です。

周りにベイエリアの倉庫群やラッキーピエロなど、観光スポットがあるので便利な場所にあります。

【函館】観光で人気の函館ベイエリア【観光】

2016.10.20

 

観光のついでに寄っていくのがお勧めパターンです。

函館は朝市やら塩ラーメン、ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーなど有名なグルメが盛り沢山なので、連泊してでも色々味わって欲しいなと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。