フロイドローズの弦交換は初心者の試練


スポンサーリンク


スポンサーリンク



弦交換が大変という理由で敬遠する人もいそうなフロイドローズ。

こんにちは。あだじょぱです。

チューニングが狂いづらいというメリットから、アームを駆使したトリッキーなプレーから、激しいチョーキングなど、技巧派ギタリストに愛される珠玉のブリッジ。

しかし、その反面、弦をガッチリ固定するので、弦交換は面倒。

テンションの関係から、使用する弦の種類を変更しただけでも微調整が必要になるくらい繊細なので、初心者のうちは、このフロイドローズの弦交換で苦戦して無駄に消耗する事もある筈。

レスポールのような簡単に弦交換が出来るギターの弦を交換した後だと、イライラするくらい。

初心者のうちは、何かと失敗がありそうな部分ですよね。

 

 

既存の弦を取り外しボディとネックを掃除する

 

 

掃除前に写真を撮ったら、控えめに言っても・・・

 

ね。

(; ^ω^)

 

フロイドローズのギターは、ネック側でもネットの部分をボルトで固定するようになっています。

まずは、この部分を外してペグを回して弦を緩めます。

 

 

フロイドローズ側は、画像の①部分にある六角ボルトを回して、②のインサートブロックを緩めます。

因みに③は、ファインチューナーと呼ばれる部分でチューニングの微調整を行う部分です。

 

 

弦を取り外す時にブリッジが沈んでしまうので、隙間に物を挟むと交換がスムーズです。

弦を外したら、ボデイとネックを掃除してしまいます。

ギターのボディは、ボディ用のポリッシュなどを使えばピカピカになります。

ネックは、専用のオイルで拭き掃除。

ボデイもネックも材質によっては、使わない方が良い薬品もあるので、掃除する時は要確認。

フレットの減り具合や見た目の感じは良さそうなので、今回は磨かず。

 

 

弦を交換してチューニングする

 

全ての弦を外し、普段弦を張っている状態では掃除が出来ない部分の掃除を終えたら、いよいよ新しい弦を張っていく作業になります。

今回使用したのは、コーティング弦のエリクサーのNANOWEB。

 

ここで、注意すべきポイントですが、既存(交換前)の弦と同一メーカーでも違う種類、又は別のメーカーの同じゲージ(太さ)を使う場合、弦のテンション(張力)が変化して、ブリッジの調整が必要になる可能性が出てきます。

個人的には、09-42のゲージを基本使用し、レスポールのみ10-46を張っています。

今回交換する前の弦も全く同じエリクサーのNANOWEBだったので、微調整は不要です。

 

 

フロイドローズでは、弦の端は不要なので、リングになった部分はニッパーで切断します。

リングを切断し、まっすぐになった部分をインサートブロックに挟み込んで締め付けます。

この時に締めすぎるとインサートブロックが割れてしまうので、締め付けトルクには注意が必要です。

 

 

ギターのヘッド側には、ナットを通してテンションバーの下をくぐらせてペグのポストへ挿入です。

ギターによっては、テンションバーの代わりにガイドが付いていたり種類があります。

Ibanezだとヘッドにつけた角度で、テンションバーもガイドも不要なタイプもあり、楽チンでした。

 

 

SCHECTER JAPANのSD-DXは、ヘッドがフラットなタイプです。

弦の挿入角度がバラバラにならないように、テンションバーで一度、弦を押さえつけています。

このテンションバーが弦交換の時は、ちょっと邪魔に感じますよね。

 

 

少し緩めに全ての弦を張り終えたところ。

まだテンションが緩いので、ブリッジが沈み込んでいます。

ここから順番にチューニングするのですが、1弦側が細いので、6弦側よりも先にテンションをかけ過ぎると切れてしまう可能性があるので、バランスよくチューニングします。

 

この時、弦のゲージを変えた場合は、テンションが変わります。

太いゲージに変更した場合は、テンションがキツくなるので、ブリッジが引っ張られて持ち上がります。

逆に細いゲージに変更すると、テンションが弱くなってブリッジが沈みます。

どちらの場合も、ブリッジをボディとフラットになるように調整をする必要が出てきます。

 

調整は、ボディ裏のカバーを開けたところにあるスプリングで調整します。

ネジを締めたり緩めたりする事でブリッジのテンションを強めたり、弱めたり出来るので、張り替えた弦のテンションとのバランスをみながら良い場所に調整。

控えめに言って面倒クサイです。

 

 

全ての弦のチューニングが完了した時点で、上から見てみました。

ボディとブリッジ部分がほぼフラットになっています。

押弦した時のピックアップから弦までの距離は、弦高調整で調整が出来ます。

これは、個人の好みで下げ気味や高めなど様々かと思います。

 

弦を張り替えたばかりの状態は、まだ弦が馴染んでいません。

その為、少し弾いていると、弦が緩んでくる事があります。

その場合は、何度かチューニングを合わせていると、弦が馴染んでチューニングが狂わなくなってきます。

馴染んだ後に室温変化などで微妙にチューニングがズレた場合は、ファインチューナーで調整できます。

 

 

まとめ

 

これだけ面倒なのに何故フロイドローズのギターを使うのか。

それは、カッコイイと感じるからです。

チューニングが狂いづらいと言われていましたが、最近ではマグナムロックのようなロック式のペグが登場してきたので、優位性が少し薄くなった気がします。

ロック式ペグ搭載のレスポールも使っていますが、弦交換は数分で終わります。

本当に簡単で楽チンなんですよ。

このロック式を味わうとフロイドローズが嫌になるくらいですw

初心者だけどフロイドローズのタイプで苦戦している人がいたら、同じゲージの弦じゃなければ調整が必要になるという事は覚えておいて欲しいと思います。

そして、ロック式のペグがオススメだという事も。

次のギターを買う時は、検討してみてくださいw


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。