ギターとパソコンを接続するにはどうしたら良いのか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



先日、知人から質問がありました。

こんにちは。あだじょぱです。

ギターとパソコンの繋ぎ方がわからない。

 

ΣΣ(゚д゚lll)!

 

そうか、そうだよね。

そこは、確かに苦戦した気がする。

それに、SNSでも時々困っている人を見かけるので、知らない人も多い筈。

という事で、今回はギターとパソコンを接続したい方向けに記事を書きましたよ〜。

 

 

ギターとパソコンを接続する方法

 

ギターとパソコンを繋ぐには、どうしたら良いのか?

ギターにはアンプと接続する際に使用するシールド(ケーブル)があります。

んじゃ、それを使ってギターとパソコンを繋げば良いんじゃね?

 

Σ( ̄□ ̄;)

 

画像は、ノートパソコンのMacBookProですが、ボディの厚みとシールドの太さが・・・。

イマドキのパソコンは薄いから、他のパソコンでもこんな感じだろうと思います。

そもそも、このシールドの先端プラグが差し込めるような穴がありません。

では、変換プラグでマイク端子にぶち込めば良いのか?

いえ、問題はそう簡単ではありません。

 

 

オーディオインターフェイスの必要性

 

ギターなどの音はアナログ信号ですが、パソコンで処理する音はデジタル信号です。

その為、アナログ信号をデジタル信号へ変換する必要があるのです。

パソコンのマイクジャックにダイレクト接続して録音出来ないのかと言えば、録音は可能です。

しかし、ノイズが酷く音質という面では満足できるモノではありません。

取り敢えずメモ代わりに録音しておく程度。

 

このダイレクト接続で録音してYouTubeにアップしたら、きっとイライラする演奏になります。

そこで、アナログ信号からデジタル信号へ変換する機器が必要になるんです。

それが、オーディオインターフェイス。

 

 

ギター演奏で利用するパソコンと機器接続のパターン

 

楽器をパソコンと接続して演奏やDAWソフトに取り込む場合の接続方法です。

 

必要な機材
  • パソコン本体
  • ギターなど楽器
  • オーディオインターフェイス
  • DAWソフト
  • シールド類
  • スピーカーやヘッドホン

 

まずは、必要な機材を準備します。

パソコンにDAWソフトをインストール。

ギターなどの楽器をオーディオインターフェイスとギターのシールドで接続。

オーディオインターフェイスとパソコンをUSBケーブルで接続。

アウトプット用にスピーカー又はヘッドホンを準備すれば完了です。

 

 

オーディオインターフェイスの種類

 

オーディオインターフェイスの役割と必要性が理解出来たと思います。

そこで、オーディオインターフェイスについてですが、実はメーカや種類が沢山あります。

 

オーディオインターフェイス選択のポイント
  • 入出力数と入力に関する部分
  • 音質
  • 価格
  • 接続方法

 

オーディオインターフェイスの種類で確認すべきポイントです。

入出力数に違いがあるので、使用する楽器に合わせて決めます。

入力で気をつけなければならない部分が、もう1つ。

それが、端子形状とHI-Z入力に対応した商品かどうかという点。

 

入力端子は、コンデンサマイクも使用できるXLR(キャノン)と一般的なプラグが共通して使えるコンボジャックになったモノで、ファンタム電源対応がオススメ。

ギターやベースを使用する場合は、HI-Z入力に対応が必須です。

HI-Z入力に対応していないとインピーダンスを合わせる事が出来ないので、正しい音質での録音が困難となります。

 

 

 

 

他にもサウンドハウスなら豊富な種類があります。

 

関連リンク

 

 

 

オーディオインターフェイス内蔵機器

 

最近では、オーディオインターフェイスを内蔵したマルチエフェクターやアンプシミュレーターがあります。

ギターをマルチエフェクター経由でパソコンに繋ぐのであれば、非常に便利です。

オーディオインターフェイスのように多くの入力は出来ませんが、ギター演奏くらいなら十分です。

 

ギターとパソコンの接続は、信号を変換しています。

アナログ信号をデジタル信号へ変換する作業を実行するので、パソコンや機材のスペックによっては、レイテンシー(音の遅延)が発生する場合があります。

安価な機材やパソコンだと上手く機能しないかもしれません。

パソコンは、ゲームなどが出来るくらいのスペックなら普通に使えると思います。

 

マルチやアンプシミュレーターのオーディオインターフェイス。

ギターだけ練習や録音するのであれば、機材を増やさずに出費を抑えられるメリットがあります。

 

 

 

まだ持っていないのであれば、品揃えが豊富なサウンドハウスで探してみてください。

 

関連リンク

 

 

 

まとめ

 

ギターとパソコンを接続する方法です。

 

  • オーディオインターフェイスを準備する
  • オーディオインターフェイス内蔵のマルチやアンプシミュレーターを準備する

 

どちらにしてもオーディオインターフェイスの機能が必要となります。

オーディオインターフェイスを購入する際は、入出力数や端子を確認して用途に合った物を選びます。

 

既にオーディオインターフェイス内蔵の機材を持っているのであれば、そのまま接続が可能です。

出費を抑えたいのであれば、新たにオーディオインターフェイスを購入しなくても良いと思います。

沢山の楽器を入力したい場合は、オーディオインターフェイスが必須ですが、ギターだけであれば、内蔵のマルチでも特に問題もなく使えています。

お試しあれ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。