Ibanez RG Prestige と SCHECTER JAPAN SD-DX


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

先日、知人から相談がありました。

こんにちは。あだじょぱです。

ギターを始めようと考えている知人がギターを購入するにあたり、どのギターを購入するかで悩んでいるという内容の相談でした。

本来ならフェンダーかギブソンを勧めるところなんですが、どうやらIbanezとSCHECTERの国産ギターが気になっているみたい。

両方所有していてどうなのか?というような質問だったんですが、僕からするとジャンルの違うこの2種類で迷うのかいな?と疑問が。

結構ジャンルが違うけど実際迷うんでしょうかね?

 

 

Ibanez RG

 

技巧派プレイヤーが好む印象の強いメーカーですが、それには理由があります。

Ibanezのギターは、弾きやすさを徹底的に追求しているモデルが多く、に多弦ギターやダウンチューニングに特化したモデルが存在します。

 

 

特徴

 

1番はネックの形状ですね。

一般的なギターのネックと比べて薄くなっているんですが、指板面は平坦で幅広になっているので他のギターから買替えた場合は違和感があるかもしれません。

これは賛否両論あるので、本人次第で弾きやすかったり、弾きづらいと感じる部分です。

その為、必ず試奏してみる事が重要です。

 

個人的には、このネックが結構厄介な気がしています。

というのも、弾きやすいような気もするけど弾きにくいような・・。

数本ギターを所有している中で、Ibanezのギターだけ弾き心地が違うんです。

ギターを持ち替えた場合に少し弾かないと左手が慣れない感じ。

Ibanezばかりを弾くのであれば問題は無いし、弾きやすいかもしれないですが、多くの場合、違うタイプのギターが欲しくなると思うので、最初にオススメすることは無いですね。

このネックが選択する上で大きなウエイトになるので、試奏して決めるべきです。

 

次がブリッジですが、Ibanezはブリッジにも力を入れているので、フロイドローズモデルもオリジナルブリッジを搭載した様々なタイプがあります。

これも好みがあると思いますが、そこまで神経質になる部分では無いかと思います。

 

他にはネックとボディのジョイント部分のヒールが弾きやすいように加工されているのと、ハイフレットが弾きやすいようになっていますね。

ピックアップは多くのモデルでディマジオ系が搭載されています。

歪みやすい印象なのでメタルとかに合いそうな気がします。

ボディ材は、マホガニーとバスウッドが多いかな。

結構軽いギターが多いので疲れにくいと感じます。

 

 

技巧系ならオススメ

 

結構な速弾きとか技巧派の曲にチャレンジしたい人なら良いかもしれません。

勿論、このギターだからムリというジャンルは無いですけどね。

どちらかというと歪みが効いた系統の曲に合う感じがします。

爽やかな軽めの楽曲よりは、技巧派の速弾きやメタル系なら良い感じ。

それでもネックに凄く特徴があるので、弾いてみて合わないのであれば、ムリに購入しない方が良いと思います。

 

ピックアップについては、交換で対応出来るので、ネック形状や弾きやすさ、見た目が気に入った場合、やりたいジャンルに合わないとピックアップが気に入らなければ、ピックアップを後で交換しちゃえば良いと思います。

 

ギター本体の造りは、かなり良い方だと思います。

最近ではラインナップも増えたので選択肢が多くなりましたね。

 

 

SCHECTER SD-DX

 

 

一方のシェクタージャパン。

昔は高級な雰囲気でしたが、現在ではESPの傘下になっていて上位モデルが割高感があるような・・・。

 

 

特徴

 

シェクターは海外モデルのダイアモンドシリーズが、若い人の間で結構人気があるような気がします。

Ibanezとの比較ならダイアモンドシリーズの方が競合しそうです。

ジャパンシリーズは、オタク系とか言われたり散々ですね。

SD系の特徴としては、ピックアップが独特なシェクターオリジナル品なのと綺麗な見た目でしょうか。

それ以外には、最近では珍しく無いですが、コイルタップ機能も搭載しています。

 

僕は個人的に見た目を結構重視する方なので、好みだと思ったら買います。

弾きやすさは普通。

指板はローズウッドとメイプルのモデルがあるのでお好みで選べます。

最上位のEXモデルが割高感があるので、SD-DXを購入しましたがメインで使っています。

 

ピックアップが特殊な感じで、あまりメタル系には合わない気がします。

どちらかと言えば、空間系を強めにした楽曲ならしっくりくる感じ。

IbanezのRGは、歪み易いですけど、SD-DXの方は強く歪まない印象です。

弾きやすさに関しては、個人差があるので実際に引き比べて欲しいと思いますが、SD-DXは、一般的なギターと同じで無難な感じ。

シェクターの場合は、ピックアップで好みが分かれそうです。

 

 

見た目で気に入れば

 

メタル系の歪みでのバッキングは似合わない気がします。

ギターソロなどで空間系を駆使した感じならハマりそうですね。

ただ、EXシリーズ以外のモデルは日本製のシェクターピックアップが搭載されており評判は良くないんですよねぇ。それにセイモアダンカンに載せ替えてる人が多いという・・。

僕も変えちゃってます・・・。

ギターのピックアップを交換 SuperRock→Custom5 

2017.01.15

 

既存のピックアップは何だかクセがあるので、ジャンルによっては合わないかも。

 

このギターを選択したポイントとしては、見た目と弾いてみた感じですが、弾きやすいという程の感覚では無く、普通に弾けるという感覚です。

弾きやすさには個人差があるので、特殊なネック形状を好む方もいますが、このギターは一般的なネックなのでクセは無いです。

見た目は、ボディのトップ材がメイプルで綺麗だという点。

音については、ボディ材がアッシュなので、アッシュらしい音抜けとクセがあり、最終的にはピックアップの影響が大きいところです。

 

個人的にはピックアップは気に入らなければ交換しちゃうタイプなので、そこまで気にせずに購入しました。

弾くジャンルによっては交換不要だと思います。

ギターを始めたばかりの時にピックアップを交換すれば、大幅に音が変わると思っていましたが、そこまで変化が無い事もあります。

見た目が気に入ったけどピックアップが気に入らないとなったら、購入してピックアップを交換するという方法もあるという話です。

諦めるのも後悔しちゃいそうですよね。

 

 

最後に

 

Ibanezは、ディマジオのピックアップを搭載し、強めの歪みに合う感じで、SCHECTERはオリジナルのピックアップ搭載の軽めの歪みが合うような傾向に思います。

絶対では無いけど。

国産のIbanezとSCHECTERだと価格が同価格帯で外観も似ているように思うかもしれませんが、結構タイプの違うギターなので、弾きたい曲のジャンルも考慮した方が良いと思います。

 

最初に購入したギターを使い続ける!と考えていても殆どの場合、追加購入で所有本数が増えていくのがギタリスト。

オールジャンルで対応したいと思うならフェンダーのストラトが無難ですが、それでも他のギターを使いたくなるんですよね。

なので、何でも出来るというよりは、気に入ったギターを買うのが1番だと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。