アンプシミュレーター


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

現在、絶賛使用中なのはマルチエフェクター。

こんにちは。あだじょぱです。

無職になってギターを始めました。

狭いマンションの室内で、チマチマ練習しています。

マンションで弾く場合、スタジオで弾くような大音量では音を出せないですよね。

ヘヴィだぜ〜なんて、大型アンプで重低音を爆発させれば苦情が来ます。

そこで役に立つのがアンプシミュレーター。

特にバンド活動をするワケでも無く、ひたすら部屋にひきこもって弾くだけなので、アンプすら所有せず、パソコンに接続してヘッドホンで細々と練習です。

パソコンとギターを接続する場合、ダイレクトにマイク入力へ繋ぐ方法もありますが、それだとパソコン内部でアナログからデジタルへ変換する事になって負荷が大きくなります。

レイテンシーという音の遅延も発生するので、実際には使えないです。

そこでパソコンに入力する前にハードウェアでデジタル変換するのが一般的なのですが、別途オーディオインターフェースとかいうハードが必要になるんですね。

ただ、オーディオインターフェースを使ってパソコンと接続したとしても、エレキギターの原音が出力されるだけ。

カッコイイ音にする為には、またまたエフェクターが必要になるワケです。

 

お金掛かるやん

 

 

アンプシミュレーター

 

エフェクターには、1つの機能が1台になったコンパクトタイプと、1台に複数のエフェクターを凝縮したマルチエフェクターというタイプがあります。

それぞれに特徴があってどちらが良いか悩むところです。

数年前までは、コンパクトに比べてマルチは音質で劣る部分が大きく、沢山のコンパクトを購入しなくても済むというメリットだけが強いイメージでした。

しかし、アンプシミュレーターのLINE6 のPODシリーズの登場ででマルチも急激に進化していきました。

今では、筐体の無いソフトウェアのタイプまで存在します。

なんて便利な時代なんだ。

 

厳密には、エフェクターが複数内蔵されたマルチエフェクターに対して、アンプシミュレーターは、実在するアンプを現代の技術でモデリングし、実際に高価なアンプを購入しなくても、そのアンプを使っているような似たような音が出せる機材です。

最近のアンプシミュレーターは、パソコンとの接続も考えられたハイテク機器と化しているので、オーディオインターフェースを内蔵した物も多いです。

オーディオインターフェース内蔵のタイプであれば、アンプシミュレーターがあれば、そのままパソコンとUSBケーブルで接続するだけです。

ソフトウェアのタイプを使用する場合は、勿論オーディオインターフェースが別途必要ですが。

 

現在、使用しているマルチエフェクターはBOSS GT-001という卓上タイプ。

小型ながらアンプシミュレーターのような機能を搭載しています。

どちらかと言うと、アンプと繋いで使う事を考えて作られている気がするので、マルチエフェクターにオマケとしてアンプシミュレーターの機能が付いた感じです。

有名なアンプシミュレーターのPodシリーズは、逆にアンプシミュレーターにオマケとしてエフェクターが複数搭載されている感じですね。

 

そして、GT-001とは別にアンプシミュレーターを購入しようと検討段階です。

まず、Podシリーズで有名なline6のアンプシミュレーターですが、Pod以外にも色々あるんですね。

今回、パソコンにダウンロードして使うソフトウェアのタイプはパス。

漢は黙ってハードウェア!の精神で考えています。

高価な物も不用だと思っているので、フラグシップのhelixもパスかなぁ。

見た目はカッコイイ気もするんですけどね。

宅録だけなら勿体ないよなぁ。

 

 

デジタルなアンプ

 

amplifiとPod HD500XとFirefawkが候補かなぁと思っていたら、Spiderとかってコンボアンプのタイプがあるんですよ。

コイツがなかなか気になる存在です。

アンプでありながらモデリングされたアンプが内蔵されていて、キャビとかエフェクターまであるからアンプシミュレーターみたいなアンプ。

実は、アンプでは超有名なマーシャルにも自社の歴代名機たちをモデリング内蔵したアンプが発売されているんですね。凄い時代だ。

 

 

おじさんは、機械に疎いのだよ。

なんて思いながら毎日youtubeを眺めながらワクワクして夜も眠れない感じです。

現段階ではマーシャルのアンプは考えていません。

アンプと言えばマーシャルが無難な感じですけど、やっぱり色々選択肢がある方が良いかなと。

 

 

モデリングの差

 

line6の中では、モデリングの質と言うのでしょうか、内蔵されているアンプに違いがあるようで、フラグシップのhelixはHXモデリングという最新式みたいで、次いでPod HDがHDモデリングらしいです。

PodシリーズってHDから音質が急にリアルになった気がするので、HDモデリングが良いかなぁと思うんですが、現行機のPod HD500Xは発売から何年も経過しているので、後継機が出るか廃盤になるような気も。

そして今現在、アンプすら所有してないのでアンプのタイプにも興味が湧いてしまうというカオスな状況です。

ただ、Spiderというアンプは質がイマイチわからないのと、長く使うならフロアタイプが良いかなと思い、気持ちはPodかFirehawk FXに向いている感じです。

Firehawk FXは後発だけど、それほど売れているイメージが無い。

スマホアプリと連携してスマホで設定が出来るらしいけど、その分本体の液晶が小さすぎたり不安もあります。

なんかこの悩んでる時が楽しいですね。

追記:遂に購入しちゃいました。

スマホで音作りが出来るマルチLINE6のFIREHAWK FXを購入

2017.11.29

 

GT-001は、マルチエフェクターがメインでアンプも選べるんですが、設定が細か過ぎるくらいで微妙に納得がいかない部分もあります。おそらくアンプに繋ぐと良い感じになるんでしょうね。

でも、アンプ無いし・・。

 

 

最後に

 

ギターを練習する際は、録音や録画する事で自分自身の修正すべきポイントを見つけ易くなります。

その為、パソコンを使ってバックのオケと合わせて録音するのが良いと思います。

そこでオーディオインターフェースが必須アイテムになるワケですが、アンプシミュレーターがあれば、1台でパソコンと接続できるので便利だと思います。

本格的な作曲とかするのであれば、それでも別途オーディオインターフェースを用意した方が良いですけどね。

オーディオインターフェース自体は2万円くらいのものであれば充分な機能があると思います。

中古だともっと安い筈。

まぁ、そんな趣味の買い物になると、嫁が聖飢魔Ⅱのような形相になるのでコソコソしていますけど・・・。

もしかして若い人は知らんかな。聖飢魔Ⅱ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。