中年ギター初心者の強敵チョーキングとビブラート


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ギターには、カッコイイ基本技もありますよね。

こんにちは。あだじょぱです。

中年ギター初心者の皆さん、練習頑張っていますでしょうか?

こちらは、思うように指が動かずイライラする日々を送っておりました。

だからと言って諦める事はしないのですが、地獄のメカニカルのような速弾きの教則本で練習していると、そこまで出てこないチョーキングやビブラートという技。

これらは、基本中の基本だと思うし巧い人は、音程もバッチリ合ってカッコ良く決めている技なので、練習しなきゃと思うようになりました。

今更かよ!って思われそうですが、温かい目でお願いします。

 

 

チョーキングを練習する

 

 

ロックでは、当たり前のように使われる弦を、押し上げたり下げたりして、音程を変える奏法です。

最終的な音程がズレると違和感が出るのが難しいところです。

 

 

一般的なチョーキングを練習

 

ごく一般的なチョーキングとして、一弦の高音を更にチョーキングで、半音~1音音程を上げる練習を繰り返してみました。

最初は、チューナーも駆使して、半音と1音上の音を確認しながらチョーキングするという練習を繰り返し、耳が慣れてきたらチューナー無しで練習しました。

これだと、チョーキングだけを練習しているので、結構簡単に出来ます。

が、しかし演奏の途中で入れる感じにフレーズを繋げて弾くと焦りなのか何なのか、ミスが出始めてきました。繋げて練習する事も大事ですね。

これはもう繰り返し反復練習しか無いと思うので、しっかり練習しようと思います。

 

 

ダブルのチョーキングの練習

 

続いては二本の弦を同時にチョーキングする奏法です。これが厄介。

二本の弦を一定の音程でキープしながら押し上げるのですが、どちらかの指に気合いが入りすぎて音程が合わなかったり、ピッキングが上手く出来なかったりで苦戦します。

フレーズを繋げずに、このチョーキング練習だけでも苦戦するのです。

オジサンのイライラも高まっていきますよ。

これも引き続き反復練習するしかありませんね。

ギターは基本、練習あるのみ!

 

 

小指でチョーキングを練習

 

個人的に最難関のチョーキングに感じているのが、小指で行うチョーキングです。

小指が思うように動いてくれず、誰の小指やねん!と心の中で怒鳴る事も多いのですが、押し上げる筈の弦をスルーして、指板をペシペシと、頭皮を刺激するように叩いてしまう事が何度もありました。

小指が上手く弦に引っかかっても、押し上げる前に離れてしまって、

 

ビロォロォロォ~ン

 

となる事もあり、本当にイライラです。

小指と薬指の分離が上手く出来ないと、薬指も一緒に動いて、勝手な事をしでかしてくれます。

オートミュート状態とか。

反復練習は勿論ですけど、この小指と薬指の分離と筋力を鍛えないとならないような気がしています。

 

 

ビブラートを練習する

 

チョーキングと似たような指使いでビブラートという奏法があります。

弦を押し上げるのでは無く、上下に揺らすように振ることで、波打ったような音を表現するやつです。

 

 

一般的なビブラートを練習

 

一般的なチョーキングが出来れば普通に出来るようになる気がします。

チョーキングほどの大きな動きでは無く、小さめの控え目な動きで揺さぶる事で良い感じになります。

注意点は、稀に失敗して音が途切れたりしますが、慣れると殆どそんな事も無いです。

ですが、チョーキングやビブラートに集中して長時間練習すると左手の指と指先の皮が、相当なダメージを受けます。

特にオジサンは、指の筋力というか全般的に衰えがあるという危険を含んでいる為、無理をすると暫くギターが弾けないくらいの痛恨の一撃を食らう可能性があります。

練習は、ほどほどが良いと思います。

 

 

小指のビブラート

 

複数の弦を同時にビブラートするのは、チョーキングほど力も要らないので、反復練習あるのみだと思います。

しかし、小指のビブラートはチョーキングとまた違ったコツみたいなのが必要だと思いました。

小指を使って弦を押し上げるのは、最初にしっかり弦をヒットさせて押し上げるのですが、ビブラートだと小指で上下に振らないとならないので、途中で弦を押さえる力が弱まって音が途切れてしまったり、小指が上手く動かなかったりと難易度が上がります。

綺麗に揺らすには、小指を上手く動かす事だと思いますが、なかなかこれが難しい。

やはり、小指の強化が必須だと実感しました。

弦のゲージも関係すると思うので、中年の方は無理に太い弦を使わず、ソフトなものを使う事をオススメします。指が壊れます。

 

 

最後に

 

どんな曲でもギターソロでは出てくるような基本中の基本なので、弾けているつもりにならず、きっちり弾いてカッコ良く決めたいですね。

時間はあるので、ゆっくりでも毎日コツコツ練習を積み重ねるようにしたいと思います。

もっと、基本的には最初のチューニングが合ってないとダメですよね。これがズレているともう最悪ですから。

若い頃ならもっと簡単に速く習得できた事なのかもしれないですが、年齢と共に一つ一つが大変になってきました。指を破壊しない程度に無理するくらいで頑張ります。

中年ギター初心者のみなさん、頑張りましょう!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。