中年ギター初心者がエリクサーの弦を比較してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

中年ギター初心者にとっては、ギターの弦も大事なのです。

こんにちは。あだじょぱです。

突然ですが、皆さんは、ギターの弦は何をお使いでしょうか?

アーニーボールやダダリオをお使いの人が多いのかなと勝手に思っていますが、僕のような中年ニートになると、弦に掛かる費用すらも惜しむのです。

そこで、普段はコーティング弦と呼ばれる長寿命タイプのギター弦を使用しています。

ギター弦は消耗品ですから、定期的に交換が必要になりますが、その都度、お金が掛かってしまいますよね。

少しでも長寿命であれば、その分コスト削減になるので、音や弾き心地が多少犠牲になってもコスパ重視で使う事にしています。

 

 

エリクサー

 

なんかファイナルファンタジーのアイテムで同じような名前の物がありましたよね?

エリクサーは、コーティング弦の中でも定評あるギター弦になります。

北海道では雪が降る事もあって靴などで、空気は通すけど水は通さないというゴアテックスを購入した事があるのですが、その開発元の会社がなんとギター弦を作っていて、それがエリクサーでした。

驚きました。

エリクサーには、種類があるのですが、今回はNANOWEBと新しく発売されたOPTIWEBを比較してみました。

 

 

NANOWEB

 

最初に購入したのが、このNANOWEBになります。

価格は一般的なコーティング無しの弦より少し高めの設定になっていますが、耐久性から考えて高い買い物ではありません。

逆に価格面でのコストパフォーマンスは良いと思います。

では、皆がコーテイング弦にすれば良いじゃない!と思いますよね。

しかし、残念なところもあるのです。

それが弾き心地だと思います。正確には感触と音です。

この部分で多くのギタリストは、残念に感じるようです。

確かに触ってみた感じ、コーティングの影響かツルツル滑るような感覚があり、慣れるまで弾きづらく感じるところがありました。

ピックスクラッチにも影響があり、ツルツルした表面をスクラッチしても、思った感じワイルド感が出せません。

ライブをするのなら、エリクサーじゃ無い普通のダダリオの弦が良いかなというのが正直なところです。

では、なぜエリクサーを購入しているのかと言えば、やはり自宅練習メインの現状では、コスパが最大のポイントになるからです。

フロイドローズのギターを使用していると、弦のゲージだけでなく、種類によっても微妙に張力が変化するので、都度調整が必要になります。

その為、色んな弦を使い分けるのは結構大変です。

僕の場合は、それが面倒なのでゲージと弦の種類は一途でありたいと思っています。

ですので、NANOWEBを購入して使い始めてからは、メインで使用しているシェクターのギターにはNANOWEBを張り続けていました。

EXに近づいたSDシリーズSCHECTER SD-DX

2016.12.21

 

触り心地や音に関しては妥協という部分もありますが、弾いていれば慣れてきます。

どうしてもこの部分が妥協出来ないという人であれば、NANOWEBは満足できないだろうと思います。

 

Elixir エリクサー エレキギター弦 NANOWEB Super Light .009-.042 #12002 【国内正規品】

OPTIWEB

 

 

最近になって発売された新しいエリクサーのコーティング弦です。

NANOWEBの弾き心地を改善したというシリーズになります。

引き続きNANOWEBも併売されているので、どちらでも選択可能です。

コーティングを薄くした感覚のOPTIWEBですが、確かにNANOWEBよりも弾き心地はコーティング無しの弦に近くなっていました。

ですが、やはりコーティング弦の感じは消えていません。

これは、主観ですが良く言えば中間的な存在で、悪く言えば中途半端です。

ツルツルした感覚が全く感じられないという事でも無く、NANOWEBの感覚に慣れていると違和感があり、コーティング無しの弦に慣れていても違和感がある感じ。

それでいて価格はNANOWEBより若干高めの設定。

コスパ重視ならNANOWEBの方が断然お得なんですよね。

弾き心地重視ならコーティング弦は避けるし、ダダリオとか他のメーカーにもそれらしき弦はラインアップされていますからね。

個人的には、OPTIWEBはもう買う事は無いと思います。

  • 価格
  • 弾き心地
  • 寿命

 

この三大要素で考えてもNANOWEBで良いかな。と思ってしまいます。

なんせ、弾き心地が多少悪くても慣れるし、音も酷すぎて弾けないほどというワケでは無いし、価格もOPTIWEBより安く高寿命。

なんだろ?バランスがとれている感じです。

OPTIWEBを検討するのなら、コーティング無しの弦を安く購入した方が良い気がします。

 

Elixir エリクサー OPTIWEB (09-42) Super Light 19002

まとめ

 

個人的には、OPTIWEBはNANOWEBを越える存在にはなりませんでした。

ターゲットが違っているのかもしれませんが、僕の中でコーティング弦を使う事自体がコスパ重視という意味が強いので、バランスを崩したくありません。

よく言われる弾き心地も慣れです。

コスパを考えないで購入するのなら、コーティング無しの弦が1番だと思っています。

という事で、今後もNANOWEBを使ていく事で決定しました。

レスポールにはフロイドローズが搭載されていないので、普段はコーティング無しのダダリオを張っていますが、時々違う弦を張る事もあります。

よく使うNANOWEBとは弾き心地が違いますが、だから弾けないという事もありませんし、特に支障は出ていません。

ただ、メインで練習に使う頻度の高いギターには、コスパ重視でNANOWEBは、非常にお得な気がしているし、面倒なフロイドローズには、高寿命である恩恵で助かっています。

どちらかと言えば、個人的にはNANOWEBの圧勝でした。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。