中年ギター初心者が40代で実践している練習法


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

40代でギターを弾いている人の大半は、若い頃から弾いている人で上手い人が多い印象です。

こんにちは。あだじょぱです。

中高年でギターを始めようと思っても、どうしたら良いのかわからないという人や、40代からギターを始めるのは遅いのでは無いか?と心配な方がいるようです。

勿論、若い頃に始めた方と比べるのであれば、遅いスタートは不利なんですが、弾けるようにならないという事ではありません。

ギターを上手く弾く為には、練習が大事なので、仕事が忙しくなる年齢層の方は時間を作るのが大変かもしれませんが、練習すれば上達します。

これから始めようとお考えの方は、まず何を準備すれば良いのかという事が気になるかもしれません。

エレキギターの場合は、ギター本体だけあっても歪んだ音が出せないので、機材が必要です。

参考記事:セミリタイアと40代で始めるエレキギター

 

機材を準備したら、とにかく練習あるのみです。

 

 

 基礎練習

 

音楽を構成する要素には、リズム、メロディ、ハーモニーというのがあり、これらは、音楽の三要素と言われています。

ギターを演奏する上では、中でもリズムが非常に重要になると思います。

ですので、必ずギターの練習をする時は、メトロノームやリズムマシンを使ってテンポに合わせて弾くようにする必要があります。

 

 

コードを弾く

 

初心者の段階では、コード(和音)を上手く押さえる事すら出来ないので、綺麗な音が出せない事が多いです。

コードをしっかりと押さえて、綺麗に音が出せるように練習する必要があります。

1つのコードを上手く押さえる事が出来、綺麗な音が出せるようになったら、次は別のコードを練習し、更にコードからコードへ瞬時に指を移すコードチェンジの練習をします。

何種類かコードを覚えて押さえられるようになっても、瞬時に押さえられないと曲を演奏出来ません。

コードを数種類覚え、押さえられるようになれば、コードだけで簡単な曲が弾けるようになります。

 

HM/HRでパワーコード(異弦2音)しか弾かないし、あとは単音しか弾かないと思っている人でもコードは必須練習です。

基本中の基本なので、練習する必要があります。

 

 

右手のストローク

 

ギターを弾く時に重要だと言われる右手ですが、コードを弾くときに右手のストロークでリズムをとる感じになります。

練習としては、アップダウンのピッキングで強弱を一定に保つように意識をしながら弾いたり、空ピッキングを混ぜる事でリズミカルに弾く事を意識しています。

クランチ系のリズミカルなカッティングギターもカッコ良いですよね。

そんなギターを弾きたいと思う人にとっては、非常に重要だと思います。

 

単音弾きの時もオルタネイトピッキングで空ピッキングをする事が多々あるので、右手のコントロールは非常に重要になります。

アップとダウンのピッキングを繰り返すオルタネイトピッキングでは、フレーズが速くなるにつれて左手とのシンクロも難しくなります。

その時も、右手のコントロールがしっかり出来るように意識する事が多いです。

 

 

左手の基礎練習

 

基礎練習は、右手のピッキングを重視していますが、左手の練習もします。

左手は、各指が弦を押さえるという役割を担っているので、人差し指から順番に小指まで1音ずつ押さえていく練習を繰り返します。

難易度は、テンポを調整する事で変わります。

それから、左手には、チョーキングやビブラート、ハンマリング、プリングなどの技を使うという役割もあるので、それぞれ練習します。

何か、自分の好きなギターソロのフレーズがあれば、目標にするのも良いかもしれません。

殆どの場合は、技が盛り込まれている筈です。

最終的に大事なのは、左手だけでも右手だけでもダメで両方のシンクロが上手く出来るようになる事です。

毎日、それは意識して練習しています。

 

 

曲練習

 

基礎練習ばかりだと飽きてしまい、ギターが楽しいと思えずに挫折してしまうかもしれません。

最初は、簡単な事さえ難しく感じます。曲が弾けないうちは、このトンネルを抜けるまでが非常に長く辛い時期に感じます。

ですが、曲を弾けるようになるには、ある程度の基礎が出来ないとならないのです。

基礎が出来るようになってきたら、いよいよ曲を弾く練習です。

 

 

ウォーミングアップ

 

曲練習を始める前に、前述の基礎練習を混ぜたウォーミングアップをします。

今では、少し難易度が高めのフレーズを練習として弾くことが多いです。

速弾きの教則本に載っているようなフレーズを繰り返し弾いてウォーミングアップしています。

指の動きが少し滑らかになったと感じるまで続ける事が多いです。

普段、仕事で時間が余り作れない方は、少なめのウォーミングアップでも良いと思いますが、毎日、5分でも弾かないと上達は遠いです。

 

 

選曲と録音(録画)

 

曲を練習する場合は、難易度が問題です。

今の自身の技術を基準に難易度が高すぎる曲を選択してしまうと、弾けない期間が長すぎてモチベーションが保てず、挫折してしまう事に繋がり易いです。

最初は、自分の中で弾きたい曲の順位としては低くても、難易度が低い曲を選択し、弾けるようになった喜びを次のステップに向けるのが良いと思います。

練習は、フレーズを区切って少しずつ練習し、最後に全フレーズを繋げて通しで演奏する方法で行っています。

まずは、区切ったフレーズをメトロノームに合わせて弾きますが、この時のテンポは原曲より遅く設定し、弾けるようになったら少しずつテンポアップしていきます。

テンポをアップすると弾けなくなる事もありますが、頑張って練習する事で弾けるようになります。

 

テンポに合わせて弾けるようになり、全部を通しで出来るようになれば、バックのオケを流しながら練習します。

この時に全体の音量だったり、気が付いていないミスなどを見極める為に録音、出来れば録画をすると良くわかります。

録画した演奏動画を見てショックを受ける事も多いです。

ですが、そこから修正する事で上手くなっていくので、何度もトライ&エラーを繰り返しながら弾けるようになっていく感じです。

 

 

中年層のポイント

 

これまでギターを練習してきて感じた事があります。

中年で始めると若い人よりも曲を覚えるのが遅かったり、指の動きが鈍かったりで全体的な上達は遅くなると思います。それは感じます。

ですが、練習すれば少しずつでも上達します。

逆に練習を怠ければ上達しません。やるかやらないかです。

若い人でも、今日は疲れたから明日頑張るという考えの人より、今日は疲れたけど少しでも練習しなきゃという考えの人の方が上達します。

とにかく練習が大事です。

但し、内容の無い練習を繰り返しても上手くなりません。

このフレーズを弾ききるなど、目的意識を持つことで、練習が内容の濃いものになります。

 

 

中年ギター初心者のギター挫折のポイント

 

挫折しない為に、挫折しそうなポイントを考えてみました。

  • 上手く弾けない初期
  • 技術と曲の難易度バランス
  • 仕事が忙しい
  • 所有した満足感

 

上手く弾けない初期は、拷問のような日々でもあります。

弦を押さえる指にも力が必要以上に掛かってしまい指が痛む事や、熱心な練習で腱鞘炎になってしまうなど危険もあります。

練習する曲の難易度が高い場合は、1つのフレーズを弾けるようになるまでも、長い時間が掛かるなどモチベーションの低下を招く要因になり易いです。

難易度の高い曲を練習する場合は、他に簡単な曲も一緒に練習した方が、精神衛生上安心じゃないかと思います。

仕事が忙しくて弾けないというのであれば、いつまで経っても上達しないです。

週末だけの練習なら上達は遅いと思います。

上手い人たちは、忙しくてもギターを少しでも弾いてきた人だと思います。

中高年になると、若い頃より裕福になり機材も贅沢な物から購入しがち。

そうなると、眺めているだけで満足してしまうようになる人も実際にいます。

ギターが趣味というよりギター鑑賞が趣味になる人です。

これは解決策がありません。

 

 

根性・やる気の精神論

 

実際にギターは、過酷な練習をクリアしていくほどレベルの上がるゲームみたいなところがあります。

指先が痛いから、仕事が忙しいから。

と弾かない理由は幾らでも出てきます。

その中で弾いてきた者たちが上達していくような感じです。

ギターを弾いていると言うけど全然上達しない人は、頻繁に遊びに出かけていませんか?

練習に打ち込んでいれば、上達していくのがギターだと思います。

仕事と似たようなところがありますね。

仕事が出来ない人は言い訳が多かったりします。

 

結局は、練習が大事でコツコツ反復練習をするのが、上達への道です。

これからも奮闘して行きたいと思います。

 

 

最後に

 

40代の中年だから、ギターを始めるのが遅いから。というのは、個人的には余り考えた事がありません。

楽器ですし、自分が楽しく演奏出来れば良いし、その楽しいという中に原曲のようにカッコ良く弾きたいという想いがあるだけです。

趣味として始めるのであれば、年齢なんて気にせずに挑戦すべきだと思います。

不快にならなければ、ミスがあったって良いんです。

ミスがあったとしてもリズムがしっかりしていれば、一般の人なら気が付かない事も多いです。

リズムはズレると聴いている方もアレ?ってなりますが。

これも日々、頑張るしかありません。

僕自身が、難易度の高い曲ばかり選んで

 

挫折寸前です。

 

でも年齢を気にせずに、多くの人がギターを始めれば良いと思っています。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。