中年ギター初心者と練習の壁


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ギター上達は練習あるのみ。

こんにちは。あだじょぱです。

実は、ギター練習に対するモチベーションが下降しています。

最初の頃に比べて、毎日の練習で上達が感じられなくなってきたからだと思います。

簡単な練習であればあるほど、短い期間で目標達成が出来たので上達を感じ易かったのですが、難易度が上がるにつれて、達成までの時間が長くなってきたことも影響しています。

見た感じスマートな流れで上達していきそうなギターですが、実際は、反復練習が大事でスポーツのような根性が必要ですね。

 

 

上達を感じなくなった

 

 

コードを押さえるなどの初歩的な事は、簡単な指使いであれば、そんなに時間を掛けずにマスター出来ます。

しかし、速いテンポでのフルピッキングやレガート、ライトハンドなどを駆使した難易度の高いフレーズが詰まった曲を練習するとなると、1つの課題をクリアする事さえ時間が掛かってしまいます。

初心者としては、選択ミスなのかもしれません。

ギターは挫折する人も多い楽器ですが、最初から弾きたい曲を弾ける人は少なく、難易度の低い曲や基礎練習を積み重ねて、弾きたい曲に辿り着くのが無難です。

いきなり弾きたい曲にチャレンジし、あまりの難しさに挫折してしまう人も存在します。

練習量が多ければ、マスターも速いでしょうけど、一般の社畜中年であれば、その時間を作る事すら難しいかもしれません。

その為、基礎練習や難易度の低い曲が弾けるようになるまでに、時間が掛かり挫折する人も多くいます。

 

 

目標を決める

 

社畜を辞めた事で時間はあります。

練習をする際は、ウォーミングアップで基礎トレーニングを行い、その後に地獄の課題曲を弾いた事のある難易度の低めの曲を弾いています。

そして、練習中の課題曲に入り、各フレーズをメトロノームに合わせて練習です。

この時、メトロノームのテンポを徐々に上げていくのですが、最近は同じテンポから抜け出せない状態で、それ以上速くすると弾けなくなってしまいます。

何度も何度も同じフレーズに挑み、中年の心がへし折れそうです。

若ければ、もっと指が動いたかもしれないのに!

なんて考える事も多々あります。

 

ふと考える事があります。

ギターを練習して何になるのか?何を目指しているのか?

プロになりたいのか?

そんな事は全然考えていませんが、目的意識を持たないとモチベーションが維持出来ません。

おそらく本気でプロになりたい!と思う人は、必死に集中して練習するでしょう。そうすれば、何も考えずに練習する人よりも上達が早くなると思います。

1日の練習でも、今日は何をするのか?どこが着地点なのか?という意識を持つことが大事だと思います。

中年になると、趣味という事でギターを始める人も多いと思います。

バンドを組んで人前で演奏するのが目的であれば、演奏をする予定日から逆算して、日々の練習の目標を決めることも簡単です。

しかし、特に人前で演奏する予定も無ければ、目標を定めるのが難しくなり、目標も持たずにダラダラ弾いているだけになる日も出てきます。

これだと余計に上達を感じる事がありません。

 

 

練習あるのみ

 

ギターが好きにも色々あると思います。

ギターを持って満足している人も多いのでは?

よくギターが好きだと言いながら、それほど練習をしておらず上達しない人がいます。

 

本人が満足なら良いと思いますが、練習していないのに上手くならないと語る人は間違いです。

そんな人は、「忙しい」とか「疲れた」という言葉が多い気がします。

おそらくギターを弾くことが好きというより、ギターが好きなんでしょう。

ギターを弾くという行為の優先順位が低いのだと思います。

そんな人を反面教師にして諦めずに毎日練習したいと思っています。

 

今現在、同じフレーズで詰まっている状況ですが、この曲を諦めるとか、ギターを辞めるとか、練習時間を減らすという事は全く考えていません。

いつまでにこのテンポで弾けるようになる!というように目標は設定しています。

時々、急に弾けるようになったりする事もあるんです。

もちろん、練習しないで急に弾けるようになる事はありません。

本当にギターを好きだから、弾く事は苦にならないです。

 

 

挫折しない

 

中年層になれば、金銭的な余裕のある人も多く、ギターを始めるのに最初に購入するギターも高価なギターを選択される方もいらっしゃるのでは無いかと思います。

折角、良いギターを購入したのに辞めてしまうのは勿体ないですよね?

ギターは挫折しなければ、絶対上達すると思います。

諦めたら終わりです。

 

弾きたいと思う曲って1曲じゃないと思います。

その中には難易度が低い曲もある筈です。

最初は、モチベーションを上げる意味で、難易度の低い曲を練習して弾けるようになった時の喜びを味わうのが良いと思います。

弾き始めた時点から、ずっと何も弾けない状態が続くと挫折しやすいです。

 

色んな曲を練習していく中で、壁にブチあたる事は多々あります。

ゲーム感覚で1つ1つをクリアしていくしかありません。

壁はボスキャラみたいなものです。

次々とボスを倒して最終的にラスボスを倒して曲をマスターする感じです。

レベルが足りないなら、基礎練習を積み重ねて経験値を獲得しレベルを上げます。

そう考える事で挫折しそうな心を奮い立てて前へ1mmでも進んで行くのが良いと思います。

 

 

最後に

 

若い人と練習のスピードで競っても勝ち目はありません。

ゆっくりでも確実に上達したいと思います。

挫折しそうになったら、何かモチベーションを上げる方法を考えて、例えば難易度の低い曲も練習したり気分転換をしたりで乗り越えます。

やはり、練習が大事なので、モチベーションを維持して、練習の時間を作る事を意識しないとならないと感じます。

中年だけど、頑張るぞ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。