左手の薬指と小指の分離問題


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

最近すっかりギターが重く感じる年頃になりました。

こんにちは。あだじょぱです。

ギターを弾き始めた時にブチ当たる壁として、よくFのコードが挙げられますが、コピーする曲によっては、他にも幾つか壁が出現してきますよね。

特にギターソロは、激しくなればなるほど、左手のフィンガリングも難しくなります。

難しいと感じるフレーズでは、四本の指をフル稼働させて弾くようなフレーズが多く、全ての指を思い通りに動かす必要が出てきます。

普段の生活でも指を使う場面は多くありますけど、ギターを弾く動きは独特ですよね。

これまでの日常で、そのような動きを想定しなかった指たちが、上手く動いてくれない感じです。

特に小指と薬指を独立して動かすという難しさを思い知らされました。

 

 

全ての指を独立して動かす必要がある

 

右利きで話をしていますが、右利きの場合は、左手が指板を押さえる役目を果たします。

親指はネックの裏側に添えるので、そのほかの四本の指を駆使して、目的の音階を目指して指を運び、弦を押さえるという一連の流れを素早く行う必要があります。

 

魔のFコードで指の動きを記憶する

 

上手い下手はあるにせよ、人差し指と中指は結構簡単に動かせると思います。

親指はネック裏ですから、合わせて三本の指は比較的簡単に動かせるんじゃないでしょうか?

親指の位置がわからないと悩む人は、深く考えず弾き易い位置で弾いてみると良いです。

基本は2つのフォーム。

ネックの上側から親指を出して握り込むフォームか、少し下側に下げてそれぞれの指が弦を押さえ易くするフォームです。

ギターソロなどは、後者で弾く方が弾き易いですが、曲の全体を通してだと両方を使い分けるように弾くことになると思います。

 

最初の難関と言われるFのコードでは、人差し指でのミュートが重要になります。

左手の全般的な大きな壁として、ミュートというのは常に重要です。

Fコードでは、他の指も弦を押さえる事になるので、左手の指を総動員という感じ。

何度も練習していれば、人差し指からが小指までが形を記憶し上手く押さえられるようになる筈。

薬指と小指が、なんとなく連動している感じはするものの、瞬時にコードの形には指が動くようになったということですね。

 

 

小指は意識して鍛える

 

最初の頃は、小指に力が入らない事もあって小指を使うのが難しいと感じていました。

簡単な曲の中には、小指を使わないという制限をつけて弾いても弾ける曲やギターソロはありますが、小指が使えた方が、もちろん弾く時の効率も上がります。

小指を使わない練習ばかりしていると、いつまで経っても小指が鍛えられず、いつか小指を駆使するフレーズを弾きたくなった際に、小指のハンマリングだけ音が小さくなってしまったりします。

めちゃ残念ギターソロになりますよ。

なので、最初から小指は意識した方が良いです。

小指を鍛えるには、小指を使うのが1番の近道だと思います。

 

小指だけを使う事が日常生活では、まずありません。

その為、小指の力は弱く、力不足です。

小指のハンマリング、プリング、チョーキングを含むフレーズを練習しまくって鍛えるしかありません。

指板から煙が出るくらいやれ!です。

 

 

薬指は単独行動が苦手らしい

 

最初から意識が難しいと感じるのは薬指でした。

薬指に意識を向けているつもりが、ほかの指が動いてしまうという現象にイライラした日々を忘れません。

特に薬指と小指を駆使するフレーズでは、お互いの指が完全に独立して動かないとスムーズに弾けないので、左手の四本の指をフル稼働させるようなフレーズが難しく感じます。

これは速弾きのフレーズよりも、アクセントのあるフレーズの方がミスが目立つような気がします。

 

ギターを弾いている人で上手い方は、左手の動きも滑らかでバタバタするような指の動きが無いのですが、自分が弾くとバタバタというかジタバタというか・・・。

でも、これって弾くフレーズに慣れないうちは意識するのも難しいです。

目指すテンポで弾けるようになってくると、少しずつ改善する事ができますけど、最初から意識すると、弾けるまでに時間が掛かりすぎて、挫折しそうになります。

薬指が1番厄介な気がします。

 

 

やっぱり練習あるのみ

 

左手の指を独立して動かす為に、ストレッチとかギターが傍に無くても出来ると言われる色々な方法を試してみましたが、効果があるように感じないんですよね。

効果を感じるのは、意識してフレーズを弾いている時で、繰り返し同じフレーズを弾いて、少し変化を感じる時があります。

練習でも上達を感じないと、モチベーションが下がってしまう事もあるので、最初の頃よりも慣れてきた頃の方が上達が停滞する時期があって要注意ですよね。

ギターが無い時の練習方法よりも、実際にギターを弾く方が当然上達します。

モチベーションを維持する意味でも、毎日ギターに触れて練習するのが大事だと痛感しました。

 

 

最後に

 

ギターは、毎日少しでも実際に弾く時間を持って、コツコツ練習する事が大事です。

しばらく弾かないだけで、愕然とするくらい弾けなくなっているフレーズとかありました。

それが、1週間や2週間なんて期間が長くなればなるほど弾けなくなっていると思うと、弾かずにはいられないですよね。

もう中年層になると、ただでさえ体力が低下している訳ですから、仕事で疲れてギターを弾けないという人もいる筈ですが、上達が少し遅くなるかもしれないので、少しでも頑張って弾きましょう。

セミリタイアすれば、好き放題に弾きまくれます。

スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。