初めての購入で初心者にオススメするギターの選び方


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

初めてギターを買う時は、ギターも種類が豊富なので何を買えば良いのか迷うと思います。

こんにちは。あだじょぱです。

ギターを選ぶ基準は色々あるので、自分の好みと感覚で選ぶのが大事だと思います。

 

通常、ギターの音、ルックス、形状、価格などによって個人の優先順位がある筈。

数本のギターに絞られたところで、実際に店頭で確認したり、近所にショップが無ければ演奏動画を探して、雰囲気だけでも確認してみると最終的な結論が出しやすいです。

 

この先、長く続けていくのなら高価なギターを購入するのも良いですし、高価なものを購入して挫折するのが怖いというのであれば、価格を抑えたギターを購入するのもアリです。

高価なギターを購入して挫折したとしても、中古で売却する事も出来ます。

 

もし、金銭的な余裕があるのなら、高価なギターを買ってしまうのもオススメです。

今回は、初めてギターに興味を持った方へギターについて説明するような感じで書いてみました。

 

 

ギターの種類で選ぶ

 

初心者
ギターが欲しいけど、どうやって選べば良いのやら・・
あだじょぱ
ギターを選ぶ基準は様々なので、好みで選ぶと良いですよ

 

エレキギターだけでも種類が多くて、全ての種類を確かめるのは難しいですよね。

まずはボディやネックの形状、ピックアップの配置などで絞り込むのが良いと思います。

既に欲しいギターがあるのであれば、そのギターを買うのが1番です。

 

 

ストラトタイプ

 

ギターと言えば、最初に思い浮かぶのがフェンダーのストラトキャスターじゃないでしょうか?

フェンダー社は、ソリッドギターの量産型を最初に開発した老舗ギターブランド。

歴史あるメーカーです。

現在では様々なギターブランドがありますが、その多くがフェンダーのストラトキャスターに似せた形状のギターを販売しており、それらはストラトタイプと呼ばれています。

 

 

 

 

 

 

レスポールタイプ

 

ストラトタイプと並んで有名な形状なのがレスポールタイプ。

本家レスポールは、ギブソン社のギターで多くのミュージシャンが愛用しているくらい有名です。

ギブソンのレスポールだけでも種類が沢山あるので、使い方や好みで選べます。

ボディが美しい曲線で独特の形状をしており、暖かいサウンドが特徴です。

 

GIBSON レスポール Signature "T" ってどうなの?  

2017.01.23

 

ストラトとは対称的な印象で、ストラトタイプとレスポールタイプの両方を所有すれば、大抵の曲に対応できると思います。

 

 

 

 

 

 

変形ギター

 

ちょっと変わった形をしているギターも結構あります。

ステージで目立ちたい方にはオススメのギター。

 

フライングVは、座ると弾きづらい形状ですが、立って弾くとクセになる弾きやすさ。

他にもビジュアル系バンドで多用されるようなモデルもあるので、探してみるのも楽しいかも。

アルフィーの高見沢氏のような複雑な形状だと価格もビックリするくらいですが・・。

 

 

 

 

ギターメーカーで選ぶ

 

あだじょぱ
ギターを製造販売しているメーカーも沢山あるんです

 

ギターメーカーは、細かいところまで入れると書ききれないくらいあります。

有名なフェンダーやギブソンは、1本くらい所有したくなるんじゃないかと思いますが、良いギターは高価なものが多いので、比較的手頃な下位モデルや、国産のIbanezなどもオススメです。

メーカーについては、記事の最後の方で少し紹介しています。

 

 

ボディやネックの材質で選ぶ

 

あだじょぱ
ギターに使用される木材でも音に違いが出ますよ

 

エレキギターも木材で作られたものが殆どですが、使用される木材に違いがあります。

その種類も多いのですが、一般的なところで選ぶのが無難で、珍しい木材だと高価になりがちです。

 

 

アルダー

 

ストラトタイプのギターで多く使われている木材です。

クセが無くて高音域から低音域までバランスの良い枯れたようなサウンドが特徴。

市販のギターでも多くみられるボディ材で、比較的軽量。

 

 

 

 

 

マホガニー

 

レスポールタイプ、ストラトタイプのどちらにも使われる木材で、表面に杢目の綺麗なメイプルを貼った形で使われる事が多いボディ材です。

中低音域が強くアタックは弱めで、レスポールのようなハムバッカーと相性が良い感じ。

マホガニー自体は軽量なので、こちらも多く使われている一般的なボディ材。

 

 

 

アッシュ

 

近年は、少なくなったような気がしますが、ストラトタイプのギターではよく使われていた木材です。

重量が重いという特徴があり、少しクセのある感じで、アタックが強くレスポンスに優れたハッキリしたサウンドが印象的。

一般的なホワイトアッシュは重い木材ですが、一部のギターには軽いライトアッシュが使用されるものもあります。

 

 

 

バスウッド

 

最近はバスウッドをボディ材として使用したギターが多くなってきましたが、Ibanezのギターラインナップの中にあるストラトタイプのRGシリーズで多くのモデルに使われていたと思います。

柔らかい木材で、加工がしやすいという特徴から、ギターのボディ材として普及しました。

特にコレと言った特徴が無いのが特徴で、フラットな感じ。

個人的には、ディマジオのピックアップとの相性が良いと思います。

 

 

 

 

 

メイプル指板

 

ネックの部分が白っぽいギターは、メイプル指板のギターが多いです。

強度があり、サスティーンに優れ、アタックが強いので人気のある木材です。

使い込むと変色してきますが、それが深い味になります。

 

 

 

 

ローズウッド指板

 

黒っぽいネックの多くは、このローズウッドを貼り付けた指板です。

メイプル同様、指板に使われる事の多いメジャーな木材。

柔らかいサウンドが特徴。

 

 

 

 

 

エボニー指板

 

高価なギターに使われる事が多い木材で、濃い黒のネックになります。

黒いエボニーは、希少な木材で高価な為、エボニー指板のギターは高価なものが多いです。

アタックが強く引き締まったサウンドが特徴です。

 

 

フレイムメイプルとキルテッドメイプル

 

ボディの表面にメイプルを貼って、ゴージャスな見た目になっているギターも多くあります。

杢目によってフレイムメイプルと、キルテッドメイプルを貼ってあるのが一般的で、どちらも綺麗な見た目が特徴になります。

同じメイプル材なので、音質に大きな違いは感じません。

ですので、見た目の好みで選ぶと良いんじゃないかと思います。

 

注意すべきなのは、綺麗な杢目を使用したギター程、価格が高くなる傾向だという点です。

杢目が綺麗に出ないような木材のボディーには、塗りつぶしの塗装が施される事が多いので、価格を重視するのであれば、塗りつぶし塗装のギターをオススメします。

又、塗装にも種類がありますが、レスポールは塗装がデリケートなので、ギタースタンドを使用する際も、スタンドと接触する部分に保護をするなど、気を遣わなければなりません。

 

 

ピックアップの配列で選ぶ

 

 

エレキギターの音を拾う部分をピックアップと言いますが、シングルコイルハムバッカーと呼ばれるタイプがあり、同じストラトタイプでもシングルコイルのピックアップだけを搭載したギターやハムバッカーだけのギター、そしてその両方が搭載されたギターが存在します。

 

カタログ表記では、シングルをS、ハムバッカーをH と表記される事が多く、配列がわかるようにH-S-HS-S-S などのような表記になっています。

 

 

シングルコイル

 

 

シングルコイルの特徴は、透き通ったような感じで、歯切れが良く、カッティングに合うようなサウンド。

幅広いジャンルで使われているので、オールマイティーな印象があります。

メタル系だと少し物足りない感じになるかもしれませんが、エフェクター次第のところもあります。

 

 

ハムバッカー

 

 

ハムバッカーの特徴は、シングルコイルとは逆に、太くて暖かみのある感じのサウンド。

暖かみのあるサウンドは、ブルースにもマッチするんですが、存在感があるギターサウンドになるので、メタル系にも使えます。

 

ハムバッカーを搭載したギターには、コイルタップというハムバッカーなのにシングルコイルの雰囲気を出せる夢のような機能を搭載したギターもありますが、本物のシングルコイルとは別物の音なので、オマケ程度と考えた方が良いと思います。

 

 

ピックアップのメーカー

 

初心者
見た目が良いギターがあるけど、ピックアップが・・
あだじょぱ
それなら、後からピックアップだけを交換する事も可能ですよ

 

当然ですが、ピックアップにもメーカーが存在します。

メジャーどころだと

 

  • ディマジオ
  • セイモアダンカン
  • EMG

 

 

そして各メーカーで、ピックアップにも特徴の異なる様々なタイプがあります。

高価なギターになれば、ピックアップのメーカーの有名なピックアップが標準装備として搭載されているものが多く、安価なギターは、ギターメーカーのオリジナル品が標準装備である事が多いです。

ピックアップは音の傾向を決める大事なパーツですので、気になるようなら交換するなどしてみるのも良いんじゃないかと思います。

 

ギターのピックアップを交換 SuperRock→Custom5 

2017.01.15

 

交換は、有料になってしまいますが、楽器屋さんでも対応してくれるので、自分で交換するのが不安であればお店にお願いすると良いでしょう。

 

最初から気に入ったピックアップを搭載したモデルを試奏して購入するのも良いと思います。

初めてのギター購入で弾けなくても店員さんに説明すれば、代わりに弾いてくれますので。

 

 

ネックのスケール(弦長)で選ぶ

 

初心者
ギターのネックは握った感じ違いがあるね
あだじょぱ
厚みや素材、それにスケールにも違いがあるんです

 

ギターはボディやピックアップの他にネックやブリッジに特徴があります。

知らずに買って後悔しないように覚えておくと、ギターを選ぶ際に役に立つと思います。

 

 

スケール(弦長)による違い

 

ギターは同じように見えてナットからブリッジまでの長さに違いがあります。

 

 

  • ロングスケール
  • ミディアムスケール
  • ショートスケール

 

 

 

ロングスケール

主にフェンダーのストラトキャスターやテレキャスターなどがロングスケール。

ナットからブリッジまでの距離が、25 1/2 インチ(647.7mm)のタイプ。

 

 

ミディアムスケール

 

主にギブソンのレスポール、フライングV などがミディアムスケール。

ナットからブリッジまでの距離が、24 3/4 インチ(628.65mm)のタイプ。

ロングスケールより少し短め。

 

 

ショートスケール

 

キッズ向けや小型のギターに多いかなり短めのスケール。

ナットからブリッジまでの距離が、24 インチ(609.6mm)のタイプ。

滅多に弾くことは無いんじゃ無いかと思います。

 

 

特殊なスケール

 

上記の3つのタイプに当てはまらないスケールのギターもあります。

PRS(ポールリードスミス)のギターは、ロングスケールとミディアムスケールの中間で人気のあるギター。

ナットからブリッジまでの距離が、25 インチ(635mm)のタイプ。

 

 

 

フレットで選ぶ

 

指板を仕切るように伸びるバーがフレットです。

ギターは、主に 22フレットと24フレットというタイプが多く、技巧系のテクニカルなギターには24フレットのギターの方が、高音側まで弾き易く向いています。

 

又、フレットにもジャンボフレットと呼ばれるものや他にも特殊なタイプが存在します。

実際に弾いてみて気になるようであれば、その気になるフレットのギターを選べばいいと思いますが、個人的には、そこまで気になりません。

 

 

ネックの形状

 

ネックにも厚みやカーブによる違いがあります。

メーカーカタログなどで確認が出来るのですが、このネックの厚みやカーブは、実際に握って運指して確認しないと数字だけではわかりづらいです。

 

Ibanezは、ネックにも拘りがあるメーカーなので、他のギターとは弾き心地が大きく違います。

多くのモデルで、薄いネックが多く幅広のフラットに近い感じです。

これは、試奏して確認することをオススメします。

 

Ibanez RGを使ってみて感じた薄いネックの弾き心地

2017.02.14

 

 

ネックとボディの接合方法で選ぶ

 

初心者
ネックが破損したら交換って出来るのかな?
あだじょぱ
ネックとボディの接合方法によって簡単に交換出来たり出来なかったりです

 

ここからはネックとボディのジョイントについての種類になります。

ギターのネックとボディを繋ぐジョイントにも種類があり、それぞれ特徴があります。

 

 

  • ボルトオン
  • セットネック
  • スルーネック

 

 

大きく分けて上記の3つになります。

 

 

ボルトオン

 

ボルトオンは、ネックとボディの木材をボルトで固定する方式のジョイントになったタイプ。

ストラトタイプに多いジョイントで、一般的にはプレートが付いていますが、技巧派向けのギターではボルトがネックに埋め込むように取り付けられており、運指の際に邪魔にならないような配慮が施してあります。

ボルトで固定しているので、ネックの交換が容易です。

 

 

セットネック

 

ネックとボディの一部を重ね合わせ接着したジョイント方法。

主にレスポールが、このセットネックの構造になっています。

ネックの交換は、ボルトオンのように簡単ではありませんので、メンテナンスの費用負担が大きくなります。

 

 

スルーネック

 

少し特殊なネックで、1本の木でネックからボディまでを構成し、ボディは両サイドのウイングと呼ばれる部分を肉付けしたような接合になっているタイプ。

繋ぎ目が無いので、低音側から高音側まで運指がスムーズで、弾きやすいという特徴がある反面、ネック交換などのメンテナンスは絶望的でもあります。

 

 

ブリッジの種類で選ぶ

 

初心者
ギュィ〜ン ギュィ〜ンってしたいんだよ
あだじょぱ
アーム付きのブリッジなら出来ますよ

 

ギターのヘッドとは逆のボディ側で弦を固定する部分がブリッジです。

ブリッジにもギターによって種類があるので、ギターを選ぶポイントになります。

 

 

シンクロナイズド・トレモロ・ユニット

 

 

ストラトキャスターに標準で搭載されているタイプで、アームが付いているものが多いです。

アームがあるとトリッキーなプレイが可能になり、表現の幅が広がります。

その反面、アームを多用するとチューニングが狂う可能性も高くなるというデメリットも。

近年では、ヘッド側で弦を固定するペグがロック式になったものがあるので、多少はチューニングの狂いを低減できるようです。

 

 

フロイドローズ

 

 

前述のシンクロナイズド・トレモロ・ユニットのデメリットであるチューニングの狂いを低減させるべく登場したアーム付きのブリッジで、ナット側のボルトとブリッジで弦をしっかり固定するタイプ。

 

しかし、チューニングが狂うことは低減されますが、弦が1本切れると張力が変化し、他の弦のチューニングに影響が出てしまう事や、弦交換が面倒というデメリットがあります。

 

Ibanezは、フロイドローズを改良したようなオリジナルのブリッジを搭載したモデルも多く、弦が1本切れても他の弦のチューニングに影響が出ないような構造になったタイプもあります。

初心者には少し難しいと言われるブリッジですが、いつかは通る道だと思っています。

 

 

Tune-O-Matic

 

 

主にレスポールで使用されるブリッジで、弦を通す穴が空いているテールピースとブリッジの組み合わせで固定するタイプ。

アームの無いタイプなので、トリッキーなプレイは出来ませんが、チューニングは安定します。

 

 

初心者にオススメのギターとは

 

初心者
よく初心者用のセット販売を見かけるんだけど?
あだじょぱ
安価なセット品のギターには、デメリットもあります

 

ここまでで、ギターの種類や構造による違いなどの基本は理解して頂けたかと思います。

それでは、どんなギターが初心者にオススメなのでしょうか?

 

 

初心者用のセット

 

 

よくネットでも店頭でも初心者向けとして、ギターとアンプなどがセットで販売されているものがあります。

これだと、お買い得な感じがしますけど、オススメしません。

 

セット品として販売されているギターの多くは安価なギターです。

安価なギターでも演奏は出来ますので、練習は普通に可能だと思います。

しかし、安価なギターは造りが悪いものが多く、個体差も大きくチューニングが狂い易かったり、配線が原因の接触不良を起こしたりなんて事も考えられます。

 

ギターの上達には練習が必須ですが、その練習を捗らせるにはモチベーションが大切です。

 

妥協して購入したギターよりも、欲しかったギターを手に入れた時の方が練習に集中できます。

継続して練習することになるので、モチベーションを維持する事も重要です。

 

気になるギターは有るけど、価格面で手が出せないという場合は、安価なギターで練習するしかありませんが、造りが悪いと調整が上手く出来ないので、弾く時に変なクセがついてしまったりする可能性があります。

もう少し頑張って、Ibanezのレギュラーシリーズくらいは買っておきたいところ。

 

Ibanez RG350は初心者にもオススメのギター

2017.05.23

 

ギターを購入すると最初から弦が張られていて調整済みですが、弦にも種類と太さがあり、弾き心地や音質の違いがあるので、色々と試すことをオススメします。

 

中年ギター初心者がエリクサーの弦を比較してみた

2017.06.05

 

金銭的に余裕があるのであれば、最初から気に入ったギターを購入するのが良いと思います。

見た目を重視して購入し、ピックアップは交換も出来ますし、音もある程度は機材で調整が可能です。

 

それでは、参考までに、これまでに紹介していない人気のギターを紹介します。

 

 

Suhr Guitars

 

最近よくみかけるギターです。

ルックスもよく、造りもしっかりしている為、長く愛用出来そうなギター。

シンプルな形なので飽きのこないデザイン。

国産のギターと比べると価格は高めですが、非常に人気のギターです。

 

 

Tom Anderson

 

 

シェクターの上位モデルような雰囲気のギターです。

シェクターがESP傘下となる以前に職人として働いていたトムアンダーソンが独立して開発したギター。

現在のシェクターよりも高級感があるコンポーネントギター。

価格は高めですが、それだけの価値はあると思います。

 

 

JAMES TYLER

 

ヘッドの形状が独特な個性を放っている人気のギター。

アメリカのスタジオミュージシャンが愛用していて、マイケルジャクソンの楽曲でも使用された事から人気に火が付いたとも言われています。

個性的な見た目もあって魅力的なギターです。

 

 

ESP

 

 

国産の割に高価だと言われるESPのギターは、多くのミュージシャンが使用するギターです。

変形ギターの種類が豊富で、ビジュアル系バンドのギターとして使われる事も多いESPですが、オーダーメイドも受け付けていて、世界に1本しか無いギターを手に入れる事も可能です。

廉価版ブランドもあるので、予算に応じて選べるような感じがあります。

 

初心者
た、高い・・
あだじょぱ
参考までの紹介なので・・

 

 

まとめ

 

初心者がギターを始めるには、わからない事も多くあるんじゃないでしょうか?

ギターはデリケートで消耗部品もある楽器なので、初心者が中古ギターを買うのはオススメ出来ません。

もし、予算の都合で中古を購入するのであれば、ギターに詳しい人に見て貰うのが良いと思います。

まずは、予算を決めて予算の範囲内で好みのギターを探すところからスタートです。

エレキの場合は、合わせて必要な機材もあります。

 

独断で選ぶ初心者にオススメのコンパクトエフェクター

2017.08.23

 

ルックス、木材、ピックアップ、どれを重視するかで選ばれるギターも変わってくるでしょう。

お金に余裕があるのなら、最初から良いギターを買えば、モチベーションも維持出来るので、練習に気合いが入り、上達も速くなるかもしれません。

是非、自分の気に入るようなギターを見つける参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。