ギターのネックがネックになる


スポンサーリンク


スポンサーリンク



相棒となるギターを選択する際に、ネックも意外と重要だと思っています。

こんにちは。あだじょぱです。

弾きやすさの違いを問われた時に、影響を受け易い部分としてネックを挙げます。

ギターメーカー毎に考えて作られた微妙な形状の違い。

時には微妙じゃないくらいの違いを持ったギターも出てきますが、弾きやすさに影響する部分だと感じます。

ギターのボディ形状では、カッタウェイやギター本体の重さも弾きやすさの違いに影響すると思いますが、ダイレクトにフィンガリングで触れる指板及び握り込むネックの方が、影響力が大きい筈。

初心者の頃は、大きな違いがある事さえも知らないでいました。

ですが、色んなギターに触れる事で違いを実感するようになり、ネックを握った感じはギター選びの中で、非常に重要な要素となっています。

 

 

弾きにくいネックと感じなければOK

 

とは言いながら、ネックの形状に関しては大きな違和感を感じる事は稀です。

一部、Ibanezのような薄型の平たいネックは、明確な違いを感じますが、多くの場合、そこまでではありません。

指板もローズウッドかメイプルかで意見が分かれるところ。

 

シグネイチャーモデルでは、ちょっと変わったネック形状もあるかもしれませんが、ファンでも無い限り、自分が弾きにくいと感じるギターを選ぶ人はいないでしょう。

弾きやすさを追求して、各メーカーが導き出したネック形状。

それぞれのメーカーで考えが違いますし、弾く側も身体的な特徴が違ったりで好みも変わりますよね。

 

Ibanezのようなネック形状になると、他のギターでコードを押さえる感覚と少し違った感覚でした。

初心者がそれに慣れてしまうと、ちょっと厄介かな。

他のギターを弾いた時に思ったよリもヘタクソになってしまうかも知れません。

 

ギターを選ぶ時は見た目重視を基本にしています。

その為、自分の中で、ネック形状が絶対的最重要項目という位置付けではありません。

ただ、見た目だけを優先する事もありません。

ギターも安く無いですから購入後に後悔したくありませんよね?

なので、試奏は必ずすべきだと思っています。

 

基本は店舗で試奏をさせて貰うのが1番。

その店舗に無いギターなら取り寄せて貰うくらいが良いと思います。

その場合、絶対ではありませんが、なるべくならその店舗で購入。

最悪、弾くだけ弾いてネット購入でも良いんですが、近所のショップだとメンテとかも安心できます。

 

 

ギターを借りるならマナーを忘れるな

 

そこまでするのが面倒で身近に気になるギターを持っている人が居るのであれば、借りてみるのも手です。

それならば、ショップを経由する事も無いので気を遣わなくて済みます。

但し、身近な存在だからと言って雑に扱ってはいけません。

 

やはり大事なギターを借りるわけですから、最低限現状復帰で返却できるようにしなければなりません。

特にネック周辺は、ギターでは1番触れる部分になります。

何もしなくても、手垢などが付着しやすく汚れやすい場所なのです。

 

しかし、大事なギターを貸すと汚して返す人も少なからず存在します。

トイレの後に手を洗わないタイプの人間は危険です。

そのままバイ菌だらけの指先で指板にタッチされるのですから。

持ち主が毎回弾き終わった後に大事に拭き掃除をしているというのに・・・。

 

更には確信犯の可能性も高い「ポテチを食べながら弾くやつ」も存在します。

無駄にネックがキラキラと艶が出た状態で返却されます。

酷い時には食べカスがフレットバーに挟まってる事も。

 

ギターは1日何時間練習したら上達するんだろう?

とか悩みながら、雑誌に掲載されている有名なギタリストの言葉に感銘を受ける人。

そのような雑誌に書かれているのは、技巧派のギタリストたちは、寝る間も惜しんでギターを弾き、ギターを離さないで暮らしていたというような内容です。

憧れから、真似をしたい気持ちはわかります。

ですが、それでギターを常に持ち歩き、食事の時も離さないのは、自分のギターを買ってからにしてくれ!

って話なんです。

 

久しぶりに返ってきたギターがギトギトに汚れていたらショックですよね?

でも本当にそんな人も存在するんです。

 

 

まとめ

 

ギターは見た目と弾きやすさのバランスだと思っています。

どちらも人によって個人差があるもの。

憧れの人や友人と同じという理由で相棒となるギター選ぶ場合、後悔する覚悟は必要です。

 

身近な人からギターを借りる場合、迷惑をかけないというのが重要です。

トラブルを避ける意味でも、少しだけ弾かせて貰う程度がオススメ。

長期で借りるなら、多少のメンテも覚悟し、ポテチはもってのほかです!

 

他人のギターでも大事にできない人は、自分のギターも大事に出来ないと思います。

ネックが反ったり、弦が錆びても放置するくらいなら買わないのが1番です。

こまめな手洗いで風邪予防にも貢献。

サーセンwww


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。