AirPodsをiPhoneとAndroidとMacで使う!


スポンサーリンク


スポンサーリンク



今更ですが、AirPodsを購入しました。

こんにちは。あだじょぱです。

AirPodsは、Appleのワイヤレスイヤホンで、一時は入荷待ちになっているほどの人気商品でした。

最近では、そんな人気も落ち着き、街では耳に装着している人の姿もチラホラと見かけるようになりました。

スマホに挿し込むタイプのイヤホンだとコードが邪魔に感じていました。

特にカバンに収納していて出すときにグチャグチャに絡まっててイラっとします。

それに、仕事で車を運転して外出する機会が増えたので、イヤホンマイクを探していたんですが、有線のタイプは、コードが絡まって素早く出せないのが気になります。

音楽を聴くようなプライベートでの使用と、可能ならば仕事でも利用したいと考えました。

で、買ったのがAirPodsというワケなのです。

 

 

AirPodsの使用感

 

AirPodsは、充電ケースの中にワイヤレスのイヤホンが入った状態で、充電に使用するライトニングケーブルと同梱になっていました。

まるで、IQOSみたいだなとか思ったり・・・。

イヤホンの電池が少なくなったら充電ケースに入れて充電する感じですね。

なかなかコンパクトで良い感じです。

 

 

音に執着しての購入では無い

 

音楽を聴くところに重きをおいて考えた場合は、選択肢から外れるイヤホンだと思います。

価格は約20,000円ほどですが、音質の良さでは他に劣る感じです。

少し価格も高めですが、SONYのワイヤレスの方が音は良いと言う評判。

 

個人的には、音に拘らず使い勝手を重視していたので、この点は気になりませんでした。

本当にこだわるのなら、やはりワイヤレスよりも有線の方が良いような気がします。

 

だからと言って音楽を聴くのに使えないのか?と言うとそんな事はありません。

購入後はYouTubeやスマホに入れた楽曲を聴いています。

PCで動画(健全なやつですよ!)を観る場合も使っていますが、気になる事はありません。

 

個人的に耳の穴に突っ込むタイプのイヤホンは好きではありません。

音楽を楽しむという意味では、外部の雑音が遮断され聴きやすいので音楽に没頭出来て良いのですが、それ以上に長時間の使用で耳が疲れるのと、周囲の音が聞こえない事で少し不安があります。

と言うのも通勤などで外出しながら音楽を聴いている時は、周囲の音が聞こえないと危険もあるからです。

Appleのイヤホンは、有線のEarPodsもワイヤレスのAirPodsも耳の穴に突っ込むタイプではありません。

その為、ノイズキャンセルに関しては優秀とは言い難いですが、個人的にはこのくらいが良いのです。

 

 

iPhoneとの接続が簡単

 

このAirPodsですが、iPhoneとの接続が超簡単です。

ケースをiPhoneに近づけて蓋を開けると、iPhone側で認識され画面に表示が出ます。

そこでイヤホンとケースのバッテリー残量が確認出来るのも良いところ。

 

更にイヤホンを耳に装着すると音楽が自動再生、耳から外すと自動で一時停止(ポーズ)。

ごく自然な日常の動作に合わせて機能する感じが素晴らしい。

邪魔なコードが無いだけでも快適なのに、煩わしさを感じさせません。

 

そして同様にApple製品のMacやiPadとも接続が簡単です。

シームレスと言うだけあって凄い。

ただ、接続時に機器の名称が表示されるので、本名が表示されるケースもあります。

気になる方は、設定で名称を変更出来るので、変更をオススメします。

 

 

AirPodsの名称を変更する

 

iPhoneが近くにある状態でAirPodsのケースを開けると、そのiPhoneにAirPodsの名称が表示されます。

他人のiPhoneであっても表示されるので、「〇〇のAirPods」のように〇〇の部分に名前が入っていると気になる人もいるみたい。

そんな時は、設定画面で機器の名称を変更すると良いです。

 

AirPodsを接続した状態の自分のiPhoneで、設定→Bluetoothを選択。

自分のデバイスに表示されているAirPodsの右端にあるiのマークをタップします。

すると名前が表示されている部分があるのでタップして編集画面へ移動します。

 

後は新しく名前を編集して完了させるだけ。

成功すれば、画面を戻した時に名前が変わっている筈です。

 

 

Android端末でも使用可能

 

実は仕事で支給されているスマホはAndroid端末。

仕事ではイヤホンマイクとして運転中の通話に使いたいので、Android端末と接続する必要があります。

AirPodsは、Android端末とも接続が可能です。

 

但し、便利な機能が一部使えないという制限はあります。

自動検出機能などは使えませんが、AirPodsの充電ケースにはペアリング用のボタンが付いているので、Android端末では、一般的なBluetooth機器の接続操作で接続します。

 

又、運転中のイヤホンマイクとして利用するので、片耳だけを装着しています。

片耳だけでも機能するので、運転中の会話は片耳だけ装着が使いやすくて良い感じです。

サイズ感も装着が気にならないくらいなので、車内で使うイヤホンマイクとしては満足。

ただ、マイクの感度が良く、周囲の音を拾い過ぎている気もします。

 

 

Hey Siri!

 

音楽を聴く場合、楽曲のスキップなど操作したい時もありますよね?

ですが、AirPodsの本体は短く、小さな形をしていて操作出来るところが見当たりません。

耳に装着していたら「耳からうどん」なんて言われるくらい。

 

しかーし、実はAirPodsの操作はSiriを起動して行うのです!

AirPodsを素早く2回タップする事で、な、な、なんと、Siriが起動するのです。

後は指示を出すだけで簡単操作が可能になります。

 

ウォークマンのワイヤレス機が出た時は、イヤホンはリモコンに繋がっていました。

それが今ではイヤホンのみで操作も可能。

凄い時代になったもんだ。

 

 

iPhoneやMac、Android端末で接続先を切り替えて使う

 

我が家では、AirPodsをiPhoneとMacBookProとAndroid端末で繋いでいます。

普段はiPhoneで音楽を聴くのに接続し、仕事でAndroid端末、自宅ではMacと接続。

このような使い分けをしていますが、煩わしさを感じる事なく使えています。

 

接続の切替を行わない場合は、AirPodsを耳に装着した時点で、それまでで最後に接続していた端末と自動で接続になります。

そこから別の端末へ接続する場合は、接続したい端末で少し操作をすればOK。

ギターを弾く時には、ヘッドホンのコードが煩わしかったですが、これでストレスフリーです。

 

 

 

まとめ

 

個人的には、買って良かったと思える商品でした。

ですが、音楽鑑賞に重きをおき、音にこだわるのであれば、後悔するかもしれません。

それ以上に利便性を重視し、Apple製品を多く所有している人にはオススメ出来そうな感じです。

 

自家用車ではカーナビと連動で車内のマイクとスピーカーが使えるので、イヤホンマイクは不要ですが、仕事で車を運転する場合は、イヤホンマイクが便利。

しかし、イヤホンマイクもコードがあると煩わしいですし、何個も周辺機器を持ち歩くのは面倒。

そう感じていた不満が全て解消された感じです。

ギターを弾く時に使うにはBluetooth通信でのレイテンシーが酷く、現実的ではありませんでした。

ここはちょっと残念なポイント。

装着している姿は「耳からうどん」なんですけどね・・。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。