【知ってお得】ダイエット?成人男性1日の摂取カロリー【体調管理】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

セミリタイアと北海道移住で健康志向な暮らし。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道へ移住して1年。

仕事を辞めたセミリタイアという事もあって自由に暮らす日々。

それでも気になるのは、これまでストレス社会で生きてきた体の健康。

会社を辞めたすぐの頃は、サスペンスの帝王が出てくる健康食品のCMや、高齢者の方々が話す通信販売の番組など、普段なら働いていて見る事のなかった時間帯のテレビを観ては、買おうかな? なんて思う日々を過ごしていました。

 

 

成人男性の摂取カロリーにも違いがある

 

1番気になるのは、仕事をしなくなった事で自宅にいる時間が増えた事。

通勤する事も無く、移動する場合も車を運転する機会が増えました。

明らかに運動不足なので、筋トレを開始しましたが、食欲が落ち1日1食生活に。

セミリタイアして遂に1日1食の生活になった男

2017.11.16

 

 

運動量が目安となる

 

そこで気になるのが、1日の摂取カロリー。

成人男性では、どのくらいのカロリー摂取が目安となるのか?

その数値を把握しておく事で、普段から口にする食べ物のカロリーを計算し、1日1食であっても、たとえ3食であっても、摂取カロリーを調整可能になります。

ですが、その摂取カロリーの目安にも環境に応じて違いがあるのです。

 

その目安は、生活環境で、1日の運動量にあります。

大きく分けて4段階に分類されます。

  1. 軽い:一般的なデスクワークや主婦
  2. 中程度:外回りの営業、立ち仕事
  3. やや重い:1日1時間程度の運動をする
  4. 重い:1日2時間程度の激しい運動をする

 

更に同じ生活環境(運動量)でも、年代と性別によっても摂取カロリーに違いがあるのです。

 

 

軽い運動量の場合

 

  • 20代男性:2,250kcal
  • 20代女性:1,800kcal

 

  • 30代男性:2,200kcal
  • 30代女性:1,750kcal

 

  • 40代男性:2,150kcal
  • 40代女性:1,700kcal

 

 

中程度の運動量の場合

 

  • 20代男性:2,550kcal
  • 20代女性:2,000kcal

 

  • 30代男性:2,500kcal
  • 30代女性:2,000kcal

 

  • 40代男性:2,400kcal
  • 40代女性:1,950kcal

 

 

やや重い運動量の場合

 

  • 20代男性:3,050kcal
  • 20代女性:2,400kcal

 

  • 30代男性:3,000kcal
  • 30代女性:2,350kcal

 

  • 40代男性:2,900kcal
  • 40代女性;2,300kcal

 

 

重い運動量の場合

 

  • 20代男性:3,550kcal
  • 20代女性:2,800kcal

 

  • 30代男性:3,500kcal
  • 30代女性:2,750kcal

 

  • 40代男性:3,400kcal
  • 40代女性:2,700kcal

 

 

標準体重から算出する摂取カロリー量

 

前述の目安とは別に標準体重で算出する方法があります。

標準体重に25〜30を掛けた数値が必要な摂取カロリーとなります。

例えば、標準体重が60kgの場合、

60(kg) × 25 = 1,500(kcal) となります。

 

因みに標準体重が解らない場合ですが、身長から導き出す方法があります。

身長(m) × 身長(m) × 22 = 標準体重 です。

 

 

自分に合った摂取カロリーを目指す

 

ここまでで、自分に合った摂取カロリーの目安数値が分かったと思います。

後は、日々の食生活を見直し、摂取カロリーを近づけるだけです。

個人的には、1日1食なので摂取カロリーに達する事は難しいのですが、間食のような感覚で摂取する物も全て数値で管理しておくと自分自身の現状把握が容易になります。

 

 

スマホのアプリでも管理が出来る

 

最近のスマホは非常に便利です。

消費カロリーを計算してくれるアプリは頻繁に利用しています。

更に摂取カロリーの計算も可能なアプリもあるので、計算が苦手な方は、こういったアプリを利用しても良いんじゃないでしょうか。

 

意識していても時間経過とともに薄れがちなカロリー計算。

アプリを導入する事で、数値として実際に見て感じるのは明日への活力にもなります。

個人的には、ダイエット目的では無く、1日1食の生活になって摂取カロリーが少ないのが不安だから始めた事ですが、これは、ダイエットをしたいとお考えの方にも、十分オススメな手段だと思います。

 

結局、ダイエットするのなら消費カロリー比較で、摂取カロリーを抑えるのが1番ですから、その両方を管理出来るアプリを入れておけば、ダイエットの過酷な日々も頑張れるんじゃないでしょうか?

 

セミリタイアして思いましたが、体調の不調や病気に肥満まで人間はストレスの影響を受け易いですね。

ストレスが大幅に軽減し、自由の身となった今は体の調子もすこぶる良くて、健康な体になったような気がしています。

 

 

まとめ

 

1日の摂取カロリーの目安は、性別や生活環境(労働環境)によっても違います。

男性と女性では、臓器の大きさなども違いがあるので当然です。

生活環境である運動量については、性別に関係なく皆さん違う筈なので、自分の環境に近い数値を目安にする必要があります。

 

殆どの場合、摂取カロリーを気にするのはダイエット目的である事が多いかと思います。

美味しい食べ物の誘惑が多い北海道という土地で暮らしていると欲望に任せて食べていると摂取カロリーオーバーなんてあっという間です。

そんな環境下の場合は、消費カロリーを倍増させるような方法も検討すると効果アップ。

やはり適度な運動でカロリー消費を促進させる事は、普段の生活において大切な事だと思います。

適度な運動とカロリー管理の両方が理想ですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。