禁煙3ヶ月経過で根性と意志の強さが大事だと痛感


スポンサーリンク


スポンサーリンク



禁煙から3ヶ月が経過した頃。

こんにちは。あだじょぱです。

禁煙から3ヶ月も経過すれば、煙草の事を考える時間は殆どなくなります。

それまで時々、湧き上がっていた吸いたいと思う気持ちも不思議とありません。

だからと言って吸っても大丈夫という事は無いと思いますが、誘惑が無ければスムーズに暮らせます。

喫煙者でもある友人との食事や付き合いによる1本だけの誘惑に負けなければ大丈夫。

禁煙3ヶ月を過ぎる間も誘惑や我慢するという場面がありました。

色んな意見を耳にしますが、禁煙は根性だと再確認したのは確かです。

ですが、ここまで頑張って諦めるのは勿体無いですし、耐えるしかありません。

 

 

禁煙3ヶ月経過と精神面

 

禁煙から3ヶ月も経過すると普段の生活で煙草のことを思い出す場面は殆ど無くなります。

家族と生活していると、煙や臭いの無い事を大歓迎され、それが当たり前の日々になりました。

禁煙直後から怖かった寝起きのコーヒータイムも克服。

吸いたい気持ちが湧く要因となっていたコーヒータイムも現在は平常心です。

コーヒーの香りでタバコが吸いたくなっていたのが緩和され、更に敢えてコーヒーを飲み我慢するという行為を続けた事で克服できたのかもしれません。

 

 

札幌の環境と普段の生活での誘惑

 

札幌市は喫煙者も多い街なので、規制も緩い気がします。

街を歩いていると歩き煙草をしている男女の姿を見かけますし、飲食店も喫煙可能な分煙式が多いです。

禁煙をしてから他人の煙は煙たくなりました。

 

喫煙していた頃は、コンビニの外に灰皿が設置してある店舗を探して歩いた日々。

ありがたや、ありがたや。

なんて感じていた時期もありました。

それが今や、なんで灰皿置いとんねん! 時代遅れだぞ!

なんて思ってしまいます・・。

 

コンビニの灰皿では喫煙者が吸っていたり、分煙式の飲食店では煙草の臭いが気になります。

酷いところでは、喫煙席が普通のテーブルで仕切りが無いので、煙も蔓延しています。

本格的に禁煙するのであれば、なるべく完全禁煙の店舗を選ぶようにしないと危険です。

家族や周囲の人への受動喫煙を考えれば、自分が辞めても周囲の影響を受けるので、分煙など喫煙可能な店舗はオススメできません。

札幌市にも本格的に禁煙に向けて考えて欲しいと思います。

 

 

子供たちと距離が近くなった

 

喫煙者だった頃は、家族で出かけた際でも、喫煙の度に家族のもとを離れていました。

離れた場所にある喫煙ブースで煙草を吸うのが当たり前だった為です。

札幌市の施設の多くが喫煙場所を設置しています。

きちんと囲われたタイプならまだ良いのですが、本州の駅周辺みたいな青空の場所も多くあります。

青空の外部喫煙所は臭いも煙も酷いので、その施設自体に行く機会が減ります。

 

煙の影響を受けない場所へ子供と出かけ、自身も煙草を吸わなければ一緒に行動する時間も増加します。

結果、子供との会話も増え、距離が近くなったような気がしています。

禁煙前から子供たちには禁煙を勧められていましたので、子供たちも嬉しいみたいです。

 

煙たいだけじゃなくて、やはり煙草の臭いも嫌がられる原因でした。

その臭い(加齢臭は消せていないと思われ・・)が消えた事で、子供たちも寄ってくるようになりました。

 

 

車内の臭いと子供の反応

 

車で移動する事の多い我が家。

車は外気を取り込めますが、密室である為、臭いに敏感になりがちです。

禁煙前から車内では煙草を吸わないようにしていましたが、社外で吸ってから車に乗っても臭いがするので、家族からは不評でした。

喫煙者自身は、この自分の臭いってわかりづらいですよね。

もう消えたんじゃないかなと思っても、周りからは臭いと指摘を受ける事が多かったです。

 

車内で煙草の臭いがすると車酔いすると言われました。

子供たちの事を考えると、車内禁煙だけではダメで完全に禁煙する事が大事だったワケです。

 

 

結局のところ禁煙は根性だと痛感してます

 

時々、禁煙は根性では無いとか意志の弱さは関係ないという意見もありますが、そうでしょうか?

これまで何度も禁煙に失敗して感じるのは、根性や意志の強さが無いと無理だろって事です。

 

  • 吸いたい気持ちに勝つ
  • 他人の誘惑に勝つ
  • 毎日のルーティンに勝つ

 

最低でも上記の項目に対して強い意志を示す必要があります。

禁煙開始直後から吸いたい気持ちは強く、何度も湧いてきます。

飲み会や食事会などの席では、友人知人から誘われる場面も少なく無いはず。

そして、禁煙1ヶ月を経過した後も食後の一服などルーティン化していた行動による強い誘惑が消えません。

これらの誘惑に打ち勝つ為には、根性や意志を強く持つ必要があると感じます。

それにこれらは禁煙において、とても重要な部分です。

 

これまで根性が足りず、意志が弱かったから何度も禁煙に失敗してきました。

自分でもそれは痛感しているので、今回は根性と意志を強く持つことを意識して挑んでいます。

本当にお金が無くて煙草を辞めていたバンドマン時代の若い頃を思い出して。

 

 

最後に

 

禁煙は、根性意志の強さが大事です。

それは確かだと痛感しています。

何度も失敗していても、何度でもトライ出来ますから諦めない事が重要だと思います。

ニコチンパッチを始め道具を利用するのも良いと思います。

個人的に禁煙アイテムは全て失敗に終わりましたが、それで成功する人もいます。

しかし、最終的には個人の意志、THE ど根性

耐えて、耐えて、頑張った先に安定がやってくるのです。

これからもまだまだ戦いは続きますが、随分とラクにはなったと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。