禁煙4ヶ月経過で煙草の煙が嫌いになったのでヨロシク


スポンサーリンク


スポンサーリンク



禁煙開始から丸4カ月が経過しました。

こんにちは。あだじょぱです。

禁煙グッズを色々試し、その度に禁煙に失敗していた時期がありました。

しかし、その事が嘘のように今現在まで4ヶ月間の禁煙生活が継続中です。

今回は、禁煙グッズなど一切使わずに気合いだけで挑戦した禁煙生活。

1度でも喫煙者となった者は、禁煙がとても辛く感じますよね。

それでも世の中の流れ、周囲への受動喫煙をはじめとする迷惑を考えれば、禁煙は良い事だと思います。

何度も繰り返し失敗して思ったのは、グッズに頼る半端な気持ちじゃ続かないという事でした。

気合いだけで「やめてやる!」とここまで頑張っています。

 

 

禁煙4ヶ月経過した現在は苦しさなんて感じない

 

既にニコチンは完全に体内から消えたと思います。

タバコが吸いたいという感覚はありません。

周囲で吸っている人がいれば、煙たいと感じ、吸い終わったであろう人が近くにいるとニオイで不快です。

自分が吸っていた時も、周囲の人はそう感じていたんでしょうね・・。

今になって、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

会社の飲み会の席で吸った事など、非喫煙者が近くにいたのに吸っていた頃を反省する日々。

 

自分が喫煙者だった頃には、気がつかなかったニオイも敏感になりました。

喫煙直後に歩いている人のニオイは強烈ですね。

超不快です。

すみません。

 

 

 

完全禁煙じゃないと食事できない

 

 

北海道は喫煙者が多い地域なので、まだ喫煙所があれば多くの人の姿を見かけます。

喫煙者の統計では、低所得者層ほど喫煙率が高いらしいです。

それなのに煙草は値上がりする一方なので、ますます生活を苦しくさせる可能性が高い筈です。

早い段階で辞めた方が良いように思いますね。

 

最近は、食事でが外食をする際に分煙では納得できず完全禁煙のお店を選ぶようになりました。

喫煙者の頃から、外食で喫煙席であっても、周囲のテーブルで食事中のお客さんがいると、例え自分の食事が済んでいても、吸いづらく感じていました。

逆に自分が食べている時に煙たいのが嫌に感じていたので、なるべくなら食事の時だけは禁煙席に座り、食後にお店を出てから吸うようにしていたくらいです。

それでも吸っていたのは辞められなかったから。

 

今では、家族と一緒に外食する時間も増えたので、完全禁煙のお店に行く機会が多いです。

サラリーマンだと自分が吸わなくても、上司が喫煙者の場合、気を遣って喫煙席の煙たい席を用意するなんて事が当然のようにありました。

自分が本当の非喫煙者なら地獄です。

今、禁煙してみて色んなことを反省するようになりました。

 

 

禁煙に効果があったのはセミリタイア

 

これまで散々だった禁煙チャレンジですが、今回は成功出来そうです。

その要因として1番大きいのが、会社を辞めてセミリタイア生活になったこと。

やはり、会社にいると禁煙を挫折させるような要因が沢山あって、禁煙の難易度が高くなります。

誘惑やストレスが多いというのが1番の障害。

 

禁煙グッズに頼っていても、その頼る事を辞めてまで吸ってしまう結果でした。

何度、禁煙グッズを無駄にしてきた事か。

それでも挑戦は続けました。

セミリタイアしてからの挑戦は、そんな道具を使わず気持ちだけでの挑戦。

ストレスから解放され、禁煙を邪魔するヘビースモーカーの上司や同僚もいません。

今が最大のチャンスだと思って挑みました。

 

禁煙の初期には家族から「吸っちゃダメ!」攻撃を受けていたので、なんとか耐えきりました。

少しでも吸いたい雰囲気を感じると、吸わせないようにしてくれた家族。

なんとか頑張れましたよ。

 

 

吸いたい気持ちは1mmも無い

 

 

そして、現時点では吸いたい気持ちは全くありません。

1本、いや1口でも吸ってしまえば、これまでの努力が水の泡になるような気がします。

そんな馬鹿な事をするつもりは一切ありませんし、もうあのニオイすら受け付けません。

 

煙草を吸わない生活にも慣れ、普通にコーヒーやアルコールも飲めるようになりました。

食後にあれだけ強く感じた吸いたい気持ちも、今では全く湧いてこない状態です。

こんな日が来るとは思ってもいなかった。

 

このまま吸わなければ、もう2度と煙草を手にする事は無い筈です。

昔から自宅も車内も禁煙にしていたので、我慢自体はしていたんですけど、なかなか禁煙は上手くいかなくて悩んでいたのが嘘みたい。

さすが、セミリタイア。

ストレスが消えれば、それだけ余裕が出て来るって事なんですね。

煙草を購入しなければ、金銭的な面でも出費が減ります。

1箱460円って結構な額でしたから。

 

 

まとめ

 

実際に禁煙4ヶ月を経過した感じは、非喫煙者になったという実感が強くなった気がしています。

健康面では、それほど良くなったと感じる部分は残念ながらありません。

風邪を引いたりする事自体が無いので、健康になったのかどうかは謎です。

そう簡単にはならないか。

 

自分自身が非喫煙者になった事で、街に対する不満を感じるようになりました。

全くもって自分勝手な野郎ですが、喫煙所とか不要やんって思ってしまうくらいです。

(;゚∀゚)

 

もう、時代の流れからしても煙草を吸っている場合では無いと思うんです。

それならもう辞めちゃいましょう。

うん、それが良い。

受動喫煙ゼロへ頑張りましょうよ。

サーセンwww

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。