禁煙成功?もうタバコを吸いたく無い!と思うまで


スポンサーリンク


スポンサーリンク



もう喫煙はしません。

こんにちは。あだじょぱです。

喫煙者だった頃は、自分がタバコを辞める日の事を想像していませんでした。

それが今では、他人の煙が嫌でもう二度とタバコを吸わないという気持ち。

自分が吸っていたにも関わらず、みんな辞めれば良いのにという気持ちすら芽生えているのです。

よく禁煙した人が、同じように禁煙を勧めてくる感じはコレなのか?

でも、タバコを辞めようかな?と思い始めた頃や禁煙を始めた初期の頃は、挫折への不安も多い筈。

禁煙して後悔することは全くありません

禁煙して良かったと思うことしか見つかりません。

最低限、喫煙なんてしたく無いと思えるところまで頑張れば、もうほぼ大丈夫だと思います。

それまでの道のりも思った程険しくありませんでした。

本気で禁煙を考えるなら、是非、チャレンジして欲しいと思います。

 

 

禁煙を成功させるコツ

 

今でこそタバコなんて吸いたく無いと言えるくらいになりましたが、実は禁煙には何度も失敗している失敗常習者でした。

周りが1発でタバコを辞めていく中、ひとりダメ人間のように思える日々を過ごしました。

自宅と車内、食事の場では吸わないようにルールを決めていたものの、それでも家族からは禁煙コール。

特に子供から言われるのってキツイです。

そこで、ネットとか知人の話とか聞きまくりの調べまくりです。

 

 

道具に頼ると失敗の可能性が高い

 

なるべく苦しまずに簡単に辞めれる方法は無いのか?

そんな風に甘い考えで挑むのがいけなかったのかも知れません。

とにかく苦しみに耐えるという行為が禁煙を妨げるであろうと思ったんです。

 

嫁さん
煙草を吸わない人からすると吸った後も気になるし辞めちゃいな!

 

あだじょぱ
苦しみたく無い。

きっと失敗する・・・

 

嫁さん
それなら、ニコチンパッチ貼っとけ!

 

出ました ニコチンパッチ

まぁ、コレなら貼っておくだけでニコチンは摂取できるワケなので、簡単に禁煙できそう。

 

あだじょぱ
うん、やるやる!

 

あの頃は、すぐに飛びついていましたね。

(=´ω`)_з トオイメ…

 

ニコチンパッチって、タールとかタバコに含まれる悪い成分を摂取せずに、依存性の高いニコチンだけを皮膚から摂取する仕組み。

タバコを吸うのは依存性の高いニコチンの仕業だから、徐々にニコチンを減らせば良い作戦です。

でも、普通に紙タバコでも軽めなタイプとキツめのタイプがあるじゃ無いですか?

それでキツイのを吸ってたから、軽めの0.1mmとかに変えた場合って、満足できませんよね?

 

反動ってやつですか?

軽めのタバコだと1日に吸う本数が異常なくらいに増えました。

ニコチンパッチを貼っていると、ニコチン依存での吸いたい気持ちは薄れるかも知れませんが、吸うという行為が無いので、物足りない感が酷いです。

その行為を求めて吸ってしまいましたから。

いやぁ〜怖かったですね。報告するの。

当時の嫁(イメージ)

 

 

吸いたくなっても吸わない気合いが重要!

 

結局、気が付いたんです。

周囲で完全に禁煙した人は、特に道具にも頼らずに辞めると決めて辞めている事に。

でもね、そんなの意思の強い人だから出来る事で、何度も挫折してる人が出来るとは思えない

 

それでも、もう色々と試したので、何も道具を使わずに吸わないでいる事に挑戦してみました。

難しいと思うと絶対失敗しやすいだろうと思ったので、とにかく深く考えず吸わないようにだけ心がけるつもりで始めました。

調べると、吸いたくなったら水を飲むとか、吸いたくなったら他のことを考えるとか方法があります。

気を逸らす作戦ですよね。

しかし、こっちは、そんな作戦すらも面倒なダメ人間なんですよ!

吸いたくなったからって水飲んでたら、水飲み過ぎたから吸う!ってなりそうなくらいです。

しかも、吸わないでいるのは、ニコチン云々と言うよりも、長年に渡って染みついた喫煙の習慣の方が邪魔をしているんです。

だから結局は、いつも吸っていた習慣を変えようとするしか無いんですけど、コレが辛いんです。

 

毎食後や、少し時間が出来るとタバコを吸いたくなる現象との戦い。

この戦いを乗り切らなければ、どうにもなりません。

結局、無理やわ。

って諦めるのは早いです。

だって、本当に苦しいのは最初の三日間だけ。

それこそニコチン依存との戦いの三日間。

それ以降は、習慣との戦いなので、別のことを習慣にすれば案外スムーズに辞める事が可能でした。

 

 

喫煙のタイミングで行う他の習慣

 

吸いたくなったら水を飲むのと同じ事ですが、水を飲むというのは個人的に体に合いません。

水を飲み過ぎてしまう感じです。

そこで、水の代わりに手軽で簡単なフリスクやミンティアがオススメです。

 

水だと一瞬で飲んでしまうので、お腹は膨らむけど物足りない感じがあります。

ミンティアだと暫く口に含んでおけるし、ガムのように吐き出さなくても良いので手軽です。

最初の頃は、1日に何度もタバコを思い出すタイミングがあるので、消費も早くなりますが、次第に量も減って最終的には不要になります。

個人的にミンティアを使用した期間は、最初の1ヶ月くらいでした。

 

その後は、時間が経過するにつれタバコ自体が嫌いになったので驚きです。

ここまで嫌いになる事は無いと思っていました。

そのくらい当たり前に吸っていましたからね。

ですが、そんな人間でもタバコが嫌いになるんですよ。

 

 

気をつけるべきは避ける事

 

禁煙するにあたっては、タバコを連想するようなコーヒーや酒類も飲まないように気をつけました。

特に酒は気持ちすらへし折ってしまう可能性があるので危険です。

「一本くらい良いじゃん」とか考えちゃいそうです。

 

会社勤めであれば、喫煙者との同行も考えられます。

今の時代、社用車の多くは禁煙車になっていると思いますが、一部時代遅れな企業では社用車でもタバコが吸えてしまう仕様であり、受動喫煙対策が疎かになっているのです。

そんな会社に勤めているなら、タバコを辞める前に会社を辞めましょう。

って簡単に辞められませんよね。

正直、そんな状況では禁煙失敗のリスクが高くなるので、まずは会社として取り組んで貰う事が重要です。

会社の環境が整ってから禁煙する方が成功率は上がる筈。

 

自分から敢えて逆境に身を投じる必要はありません。

なるべく危険は避けた方が禁煙成功に近くなります。

 

 

まとめ

 

禁煙は最初の3日間が第一関門で1番の難関。

ここを乗り切れれば、勝機があります。

その次は、1週間、そして1ヶ月と関門がありますが、徐々に簡単にクリア出来るようになります。

 

やがて、他人の煙が不快となり、今まで自分が吸っていた事で、周囲に迷惑を掛けていた事に気がつきます。

ここまで迷惑を掛けていたのかと驚くかも。

それほど自覚が甘かったと感じています。

それなので、余計に「もう喫煙はしたく無い!」と思うんです。

タバコの無い世の中になれば良いのに。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。