試した中で実際にオススメな禁煙の方法とは?


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

あらゆる禁煙方法を試し、そして失敗の連続。

こんにちは。あだじょぱです。

色んな禁煙方法を実践し、そして何度も失敗して今に至ります。

懲りずに次から次へと禁煙方法を試すので、今現在も禁煙中なのです。

ちょっと意味不明かもしれませんが、とにかく禁煙中なのです。

これだけ失敗する奴なんていてるのか?

と嫁にキレられるくらい挫折を味わっていますが、

とにかく禁煙中なのです。

 

 

色々試した禁煙方法

 

普通の人なら、この試してきた禁煙法だけで簡単に禁煙出来ちゃうのかもしれません。

個人的には難易度の高いものばかりに感じました・・。

ですが、折角色んな方法を試してみたので、オススメを紹介したいと思います。

 

  1. ニコチンパッチ
  2. IQOSで辞める
  3. 徐々に本数を減らす
  4. 気合いのみ

 

他にも沢山の方法を試しましたが、

個人的に禁煙に近い気がする方法を厳選してみました。

 

 

ニコチンパッチで禁煙

 

1番無難だと思われる方法です。

ニコチンパッチという市販品を購入する費用が掛かりますが、禁煙の方法の中では、1番ラクに辞められる方法だと思います。

ニコチンをタバコからでは無くてパッチから吸収し、徐々に吸収する量をパッチの大きさを小さくして減らしていくことで禁煙を目指すという方法です。

  • パッチを購入する費用がかかる
  • 毎日貼る必要があり面倒

 

この2点が気にならなければ、1番現実的な方法でもあると思います。

しかし、ニコチン不足というよりは口が寂しいという理由で吸ってしまい、失敗するケースがあるので要注意です。

この場合は、ニコチン量に関係なく習慣のような感覚で吸ってしまうので、ニコチンパッチの効果は関係なく、しかもパッチを無駄にするというダブルパンチ。

習慣に負けない意志があれば、オススメの方法です。

 

 

IQOSで禁煙

 

IQOSって加熱式タバコなので禁煙は矛盾のような気がしますよね。

ですが、IQOSはフレーバーと呼ばれるカートリッジで味が選べますが、どの味にしても普通のタバコとは違った味がして違和感があります。

この違和感を利用して辞めてしまう方法。

 

普通のタバコよりもタールなどの害が少ないということで、一般的にも普及していますが、吸ってみた感じ別物です。

これなら吸わなくて良いや。と思うようにして辞めます。

  • IQOSを購入する費用負担
  • 辞められない可能性

 

IQOSの本体分が余計な出費になるので、禁煙するのにわざわざ買うのか?が問題になりそう。

そして、結局辞めれず、IQOSを継続してしまう可能性もあります。

 

IQOSの本体が勿体無いからという大義名分を手に入れ、継続して吸い続けてしまったり、普通の煙じゃ無い事で受動喫煙に対する罪悪感が薄れてしまうというデメリットもあるように思います。

 

個人的には、一般的な煙草からIQOSへ変えた方が、禁煙の初期段階で起きる禁断症状が弱いように感じているので、IQOSに一時避難するのはオススメです。

 

 

徐々に本数を減らし禁煙

 

禁煙を検討すると必ずこの方法を勧めてくる人がいます。

ですが、個人的には1番難易度が高いように思う方法でもあります。

徐々に本数を減らす方法では、終盤に減らせなくなる事があり、結果として禁煙を失敗しています。

 

本数を減らしてから失敗すると、リバウンドで禁煙挑戦前より本数が増える現象も・・・。

かなり危険な方法なのかもしれません。

 

本数計算をしながらというのも面倒なので、個人的には好きな方法では無いのですが、周りでこの方法で禁煙に成功した人が多い事から一般的には、良い方法なのかなと思っています。

 

 

気合いで禁煙

 

現在進行中の禁煙方法です。

特に何かを使うわけでも無く、禁煙すると宣言して辞めました。

 

漢は黙って気合いで禁煙!

 

1番難易度が高そうな手段ですが、案外成功に近い手段かもしれません。

ちょっと強引なくらいが、気持ちをハッキリさせるので、周囲の誘惑も頑なに拒み続け、禁煙成功へ向かう筈です。(まだ推測)

 

他の方法もそうですが、結局は気持ち次第であるところが大きいと思います。

ニコチンが欠乏する事によって、離脱症状が起きます。

この時に、頑なに吸わないのか、吸ってしまうのかで成功か失敗かが決まります。

更に、その壁を超えても次から次へ何度も現れる離脱症状。

全てに打ち勝つだけのメンタルが必要なのです。

最初から何にも頼らず、気合いだけで気持ちを断つ方法が、案外成功に近いと思うのは、そんなところから。

 

 

まとめ

 

色々と試してみた結果、個人差があるように感じます。

個人的にオススメなのは、IQOSに変えてからの気合いで禁煙という複合技。

IQOSに変えて違和感が継続し、喫煙する行為に全く良さを感じられなくなりました。

紙を丸めて焼いた物を吸い込んでいるような感覚だったんです。

それが、辞めたい気持ちに繋がった大きな要因です。

ここで本来の煙草に戻らずに禁煙の道へ行くのがコツです。

 

最終的には周りの誘惑に負けないで継続するのも本人次第。

諦めて禁煙失敗に終わるのも自分次第です。

しかし、値上がりも続き世論も受動喫煙に対しては厳しい時代。

禁煙しようと考える人も多い筈。

失敗続きの人へのアドバイスとして、言います。

最後は気合いです。気合いしかありません。

頑張りましょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。