禁煙中の目線で見た北海道の環境と受動喫煙に対する意識


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

禁煙に何度も失敗しながら、それでもチャレンジする男。

こんにちは。あだじょぱです。

喫煙に対する環境は、地域によって偏りがあるように思います。

飲食店であっても、喫煙席と禁煙席を分けているお店もあれば、完全な禁煙席のみの店舗、離れた場所に喫煙場所を設けている店舗など様々です。

所謂、分煙とされるタイプに関しては、その効果が疑問で、禁煙中に分煙の店舗で禁煙席に案内されて、食事をした事は数回ありますが、臭いも煙も感じるので、食事をするのは辛かったです。

吸わない人の方が敏感ですからね。

 

首都圏では、駅の周辺に喫煙ブースが設置されていたので利用した事があります。

多くのサラリーマンらしき人たちで溢れ、灰皿は酷く汚れていました。

それに外部を簡単に囲って灰皿が設置されているだけなので、受動喫煙の防止には貢献していない感じ。

大阪では、簡易の灰皿が道路の至る所に設置されている道路なんてのもありますが、結局のところ、歩きタバコに繋がる要因でもある気がします。

 

 

北海道と禁煙

 

そして、北海道。

その前に「タバコは百害あって一利無し」と言われますよね。

自分自身、体に悪いという自覚があった為、禁煙に至りました。

 

近年は受動喫煙の問題もあるので、自分だけの問題では無くなっているのを感じます。

禁煙に関しては、吸える場所が無ければ良いのにと思う様になりました。

バブルの時代は、仕事中のデスクでも灰皿を置いて吸えるという現在では信じられない様な環境だった為、外食の店舗でも吸い放題でした。

近年、オフィス内や自宅、車内や店舗も禁煙化が進み、喫煙者が普通に吸える場所自体が減っている状況にあります。

そんな中、救済措置という様に喫煙ブースが設置されている施設も見かけますが、実際には、そんな場所なんて無い方が良いんだと思っています。

 

 

田舎は煙の無法地帯

 

田舎の方へ行くと、吸えない雰囲気の場所が少ないと思います。

灰皿さえあれば、吸えてしまう様な環境が多い感じです。

最近では、受動喫煙の問題からマイカーを禁煙にしている人も多く、喫煙する際は、車外に出て携帯灰皿などで吸う人もいます。

そうなると、必ずしも灰皿が設置されていなければならないという事も無いので、駐車出来るよう場所で車を停めて吸う人もいるんです。

 

田舎の方が、昔からの喫煙者も多く、飲食店でも分煙や禁煙という考えの無いところが多く存在します。

禁煙するのなら、事前のリサーチでそういう場所は避けるしかありません。

 

キャンプなどのアウトドアでも喫煙は自由な場所が多いので、大自然の美味しい空気を味わうつもりが、他人のタバコの煙を吸う事になる可能性も否めません。

都会よりも空気が綺麗だからと言っても、受動喫煙になるのは嫌ですよね?

 

 

都会は煙生産の工場地帯

 

街では、喫煙所なるものを設置して、わざわざ吸える場所を提供しています。

自分も喫煙者でしたから、以前は大変お世話になっていた場所ですが、吸える場所があると、空いた時間に吸ってしまうのが喫煙者。

近くに吸える場所がなければ、吸わないのに。

 

まだ禁煙前に東京へ出張した時は、普段通っていた本社周辺以外に初めて訪れた場所がありました。

その時は、何処に喫煙可能な場所があるのかすら分からず、調べて行くのも面倒だったので、結局、我慢しました。

昔の学校の不良みたいに隠れて吸うのも格好悪いし、吸える環境が無ければ、我慢できるんです。

 

ですが、やっぱり札幌の中心でもある札幌駅にも喫煙所は存在します。

高速道路のパーキングエリアとか道の駅でも見かけます。

そして、個人的に気になるのが、その構造。

ただのプレハブに換気扇付いてるだけの喫煙所もありますよね?

モクモクと煙が建物内にも外にも凄い。工場ですよ。

なんだろう?

建物内じゃ無ければ吸っても良いみたいな考えがありますよね?

 

もっと言えば、コンビニの灰皿なんて店舗外に置いてあるだけ。

そこに集まって吸う人の姿もよく見かけます。

ですが、受動喫煙という観点からすれば、店の入口付近で煙を撒き散らされているのですから、そんな店舗へは行きたくも無いと思ってしまうワケです。

 

 

札幌の中心で禁煙を叫ぶ

 

禁煙1年で感じていることですが、禁煙の最大の敵は、居酒屋では無いかと思います。

よく飲んだら吸いたくなると言いますけど、あれは事実です。

そんな居酒屋の多い繁華街ススキノが中心部にある札幌の暮らし。

行く機会が多く、避けては通れない場合があります。

 

 

受動喫煙への意識

 

北海道内でも喫煙者は減っているような実感はあるものの設置されている喫煙所には、女性の姿も多く見られます。

本州の地域の喫煙所と比較しても、女性の喫煙者が多いですね。

 

北海道では、毎年恒例のイベントが道内各地で開催されますが、その多くの場合で喫煙可能な場所が準備されています。

又は、規制すら無い事もあるので、受動喫煙を避けられない事もあります。

 

札幌の中心部で行われるような大きなイベントでは、受動喫煙防止の対策が講じられるケースが多いみたいですが、それでもやはり、喫煙場所を別途設置するという対策が殆ど。

北海道の特産品が味わえる飲食ブースが出店するイベントが多いので、その場で、美味しいものを味わう事になるのですが、そんな時は、しっかりと禁煙席で味わいたいと思いますよね。

しかし、喫煙ブースを設置している場合でも、ブース内に設置された空気清浄機だけでは、解消できない場合もあります。

その為、その喫煙ブース周辺では、嫌な臭いを感じる事も。

 

喫煙ブースが設置されている時点で、喫煙者への配慮なんだと思いますが、この配慮自体が不要のように思います。

本人のみならず、受動喫煙で周囲にも害が及ぶモノを使用する事に対して、配慮しているのは、なんだかおかしな話ですよね。

 

 

分煙では不足

 

最近では、分譲物件で自宅を購入しても、煙草は屋内で吸わないで! というご家庭も多い筈。

賃貸物件であれば、壁が黄色く変色するのが嫌で、室内を禁煙にする人や、割り切って吸う人に分かれると思います。

ですが、吸わない人が来客として訪れた場合、喫煙している部屋は辛いです。

 

家族が増え、子供が同じ空間で暮らすようになれば、その汚れた空気を子供達も吸う事になってしまうのです。

屋内が禁煙化するのは仕方のない事ですよね。

その際は、完全に禁煙であり、たとえ自室であっても禁煙です。

なぜなら、別の部屋で過ごしていても、耐えられないと言われるからです。

そのくらい煙草ってヤバイんです。

 

ですから、外食などで飲食店に入る場合でも、禁煙のルール(方式)が気になります。

時間帯で喫煙可能になっているお店は、禁煙タイムになっても吸わない人なら感じますよね。

喫煙席と別になっている場合でも、喫煙席が完全に遮断されていないと、煙や臭いが漏れて吸わない人なら気になります。

1番は、完全な禁煙席しか無いタイプですが、居酒屋だと殆どありません。

 

 

自宅や車内での煙

 

近年は、自宅は禁煙というご家庭も増えていると思います。

ホタル族なんていうベランダで吸う人も少なくなりました。

ベランダで吸うと他の方の干している洗濯物に臭いが付くし、北海道の冬に外部で吸うのは罰ゲームです。

そこまでして吸わなければならないのなら、吸わなくて良いような・・。

 

最近は企業も禁煙を推進しているところが増えました。

社長が喫煙しているような会社は、少し考えた方が良いかもしれません。

時代の流れもあるのでしょうが、社用車は禁煙というケースも多いみたいです。

レンタカーでも禁煙車ってありますよね。

 

しかし、普段道路を走行していて感じるのは、結構、煙草を吸いながら運転している人って多いんだなと。

吸わない人が増えてきたという話ですが、ドライブしていても結構な割合で喫煙しながらの運転を見かけます。

他にも車を禁煙にしているけど、休憩のたびに吸うという人もいる筈なので全体的には、もっと多くなる感じでしょうね。

 

 

最後に

 

何度も禁煙に失敗しながら再チャレンジを繰り返している身ですが、

周囲の環境も禁煙には大きな影響を及ぼすように思います。

吸いづらい環境が多くなれば、それだけ禁煙成功の道も近くなるような気もします。

体に良いものでは無いので、地域全体で禁煙に対して積極的に動いて欲しいと思います。

 

個人的にも失敗続きの禁煙を何とか成功させたいと考え中です。

周囲でも禁煙する人が増えたので、徐々に禁煙のハードルが下がっているようには思います。

今までの禁煙の失敗の多くは、人付き合いによるものなので、そろそろ成功するんじゃ無いかと思います。

折角、空気の美味しい北海道へ移住したので、わざわざ汚い空気を吸う事も無いですよね。

禁煙、頑張りますよー。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。