禁煙の最難関は3日目までの激しい離脱症状にあり


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

禁煙を目指す者にとっての最大の壁は最初の3日間。

こんにちは。あだじょぱです。

これまで何度も禁煙にチャレンジしては失敗を繰り返してきました。

最初の3日間を乗り越えれば良いだけでしょ!

と喫煙経験の無い方はお怒りになるかもしれませんが、この3日間を耐え抜いても失敗した経験があります。

ですが、確かに禁煙の中で1番の難関だと感じるのは禁煙開始直後でした。

3日間は、体内からニコチンが抜ける事によって起きる離脱症状が酷いです。

その離脱症状が、禁煙の最大の難関になるのです。

 

 

禁煙をつらくさせる離脱症状

 

喫煙を継続する中毒症状の原因は、タバコに含まれるニコチンにあります。

ニコチンは、体内でニコチン受容体と結合し、ドーパミンを放出させます。

ドーパミンが放出されると人は快感を覚え、落ち着いたように感じます。

これが、ニコチン中毒です。

 

その為、喫煙から時間が経過すると体内のニコチン量が減少し、イライラしたりして煙草を吸いたくなります。離脱症状です。

この繰り返しで喫煙しているんですね。

 

禁煙を決意し、実際に煙草を吸わなくなると、体内に蓄積されていたニコチンが欠乏する事によって離脱症状が起きます。

そこで吸わないで我慢する事で離脱症状が治らず闘いが始まるのです。

 

 

離脱症状のピークは禁煙開始からの3日間

 

離脱症状は、体内のニコチン量が減少する事で発生する症状のことです。

その症状は様々で、禁煙実施中でなくとも喫煙後数時間経過で発症します。

喫煙する事でニコチンを摂取し解消する事は可能ですが、時間経過とともに再発するのでキリがありません。

コレが喫煙の怖いところでニコチン依存です。

 

このニコチン依存を断つ為に離脱症状が起きても耐える必要があります。

その離脱症状が酷い期間が、禁煙開始から3日間だと言われています。

ですので、この3日間を禁煙状態で無事に過ごす事が最初の試練であり、最大の難関でもあると言えます。

 

個人的にも3日間が、肉体的にも精神的にも、つらい期間だと感じています。

離脱症状も様々ですが、ここを耐え抜かねば成功はありません。

 

 

離脱症状の色々

 

禁煙を始めると、普段の喫煙後に感じる離脱症状が現れます。

しかし、それでもニコチンを摂取しないでいると症状は酷くなっていくのです。

  • 眠気
  • やる気の低下
  • めまい
  • イライラする
  • 頭痛
  • タバコが吸いたくてたまらない
  • 食欲が増す
  • 便秘

 

禁煙失敗者の多くが、この離脱症状に悩まされて禁煙に失敗するパターン。

個人的につらいのは眠気でした。

仕事をしている環境下で禁煙をした場合、眠気が最大の敵になります。

眠気にイライラして、眠気を覚ます為に吸ってしまい禁煙失敗という例もあるくらい。

 

禁煙する事によってニコチンに依存しない本来の健康体に向かうのですが、その変化の課程で様々な邪魔が入る感じです。

諦めないで耐える事が大事です。

3日間と聞くと簡単だと思われるかもしれませんが、長年喫煙してきた体にとって、この3日間は、数ヶ月間のような感覚で時間経過が遅く感じられます。

 

 

 

離脱症状への対応策は?

 

では、そんな離脱症状を緩和する対応策は無いのだろうか?

調べると色んな対応策は見つかります。

飴を舐める。水を飲む。考えるのをやめる。

 

ですが、個人的には何もしない。意識しない。が大事だと思います。

簡単なようで難しい事ですが、結構重要だと思っています。

気にしすぎるのが良くないという理由。

 

目的に対する本気度も関係するかもしれません。

禁煙が目的ですが、例えば金銭面で小遣いが足りないから禁煙するとか。

どうしても小遣いを増やしたければ、禁煙成功率も上がると思います。

 

 

禁煙開始からの3日間

 

実際に禁煙を始めた3日間は、どのような感じになるのか?

禁煙を志す者が必ず通る道だと思います。

離脱症状に負けず、3日間を過ごしましたが、つらいですね。

 

 

IQOSを併用し恋心を冷ました禁煙1日目

 

禁煙を開始する1年くらい前にIQOSを併用するようになりました。

IQOSはフレーバーを選んで吸える加熱式タバコですが、本来の煙草と比べて独特な味わいの為、好きになれない感じでした。

その感覚が、何度も失敗を繰り返してきた男に禁煙出来そうな予感をもたらしたのです。

 

完全移行は出来ませんでしたが、IQOS8割くらいの割合になった頃、ついに禁煙を決意しました。

初日は軽い離脱症状がありましたが、IQOS自体が吸った感覚も好きじゃなかったので、それほど苦しさはありませんでした。

 

 

1日目よりつらい眠気を感じる禁煙2日目

 

禁煙2日目に突入すると、やや前日よりも朝がつらい感じでスタート。

睡魔がとにかく酷いという印象。

会社を辞めてセミリタイア生活だから良いようなものの、サラリーマンだと会社で眠気と戦わなければならず大変です。

 

仕事中に酷い眠気に襲われて、イライラするようになり、仕事に支障をきたす為、我慢できずに吸ってしまい禁煙に失敗するという事態になる可能性の高い2日目なのです。

 

可能であれば、寝てやり過ごすのが1番なので、出来れば、2日目と3日目が会社の連休になるように禁煙開始時の日程調整をする事をオススメします。

 

 

禁煙3日目と謎の食欲

 

ハリーポッターシリーズみたいなタイトルの項目ですが、禁煙3日目は、謎の食欲に襲われる1日となりました。

朝から食欲が湧いて湧いて凄かった日です。

 

普段から間食は一切しない暮らしで、食事も夕食のみ。

それでも食欲が湧かないくらいでしたが、禁煙開始3日目になると異常な食欲が・・。

 

この時は、禁煙に失敗するくらいならと、間食をしました。

ミンティアや酢こんぶを食べて気持ちを落ち着かせる作戦です。

早く食べ切ってしまうと、無尽蔵の食欲が湧いてくるので、ゆっくりと噛み続けて時間を稼ぐのが効果的でした。

 

更に眠気とイライラも重なり、最もつらい1日になりました。

ですが、この禁煙から3日間が離脱症状のピークだと思って、そして、ここまでの我慢を無駄にしたくないという気持ちで乗り越えました。

 

 

禁煙3日目を過ぎても油断は禁物

 

やはり禁煙開始からの3日間に比べると、それ以降は落ち着いていく感じです。

眠気やイライラする事も減り、次第に食欲も戻っていました。

 

しかし、実はこれまでに経験した数回の禁煙失敗は、この先で起きてばかりなのです。

もう禁煙出来たし大丈夫。という気持ちになって1本くらい吸っても、またすぐに禁煙できる。

なんて都合の良い考えをして吸ってしまい、また続けてしまうという失敗。

更に会社などでは、同僚や先輩からの誘惑が考えられます。

そして、怖いのが飲み会などの酒の席です。

 

1度でも喫煙した人は、禁煙を始めても戦いは続きます。

これらの誘惑を乗り越えて、継続し続ける必要があるのです。

ですが、つらいピークは最初の3日間です。

意外と短期間でニコチンは体内から抜けていきます。

そのピークを乗り越えても、甘い誘惑に負けず継続することが大切だと思います。

 

 

まとめ

 

禁煙の最大のヤマ場、難関は禁煙開始からの3日間。

この3日間を乗り越えることが、まず最初の試練になると思います。

ですが、このヤマ場を乗り越えられれば、少しラクに感じるので、まずは、ここを全力で乗り切って、その後は、ここで吸っては全てが無駄になるし、勿体無いと考えて、禁煙を継続させているような感じです。

 

眠気や食欲には極力逆らわずに進めてきましたが、特に体重増加や不眠などはありません。

禁煙している人は、誰もが苦しい時期を乗り越えて続けているのです。

家族やお子さんの受動喫煙について考え、気持ちを奮い立たせて頑張るしかないです。

 

個人的には、禁煙すれば、食事が美味しく感じたり、体が軽くなった感じもあり、良いことが沢山あるんだ!って考えて禁煙を継続しています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。