デグー・チンチラ・ウサギが大好きなオヤツについて

スポンサーリンク






 

我が家の小動物たちも成長してきました。

こんにちは。アッシュです。

可愛くて小動物の増える我が家ですが、デグー・チンチラ・ウサギたちのスペースとフェレットのスペースが別にあり共存している状況です。

 

関連記事

 

デグー・チンチラ・ウサギは草食動物。

普段の主食は、牧草のチモシーと補助食としてペレットを与えています。

同じ牧草とペレットばかりだと可哀相かなと、時々、オヤツも与えています。

オヤツと言っても人間が食べるようなスイーツじゃなくて、野菜なんですけどね。

 

 

小動物のオヤツフード

 

 

小動物に与えるオヤツは、基本、乾燥させた野菜です。

ニセコで買ってきた野菜を嫁が自宅で乾燥させた物とか与えてます。

簡単に作れるのでオススメですが、最近は野菜が高騰しているので市販品のフードの方がお得かも。

 

 

マルカン もりもり野菜

 

 

我が家の小動物たちが大好きなオヤツフードの1つ。

動物たちは、時間に敏感で毎日同じ時刻にオヤツが貰えると覚えています。

飼い主側が忘れていても、落ち着かない様子でケージのなかで騒がしくして知らせてきます。

 

ケージに近づくと、もう凄いです。

 

(ヽ゚д)クレー

 

って感じでケージの柵から顔を出そうとするチンチラにケージを囓るデグー。

そんなに美味しいのかなコレ?

 

他の市販のオヤツフードに比べて、カットが大き目の野菜が多いような気がします。

なので、体の小さなデグーに与えると、1つを食べ終わるまでに時間が掛かります。

その割に結構な量を食べるので、与えすぎないように注意が必要です。

両手でオヤツフードを掴んで食べてる姿を見ていたら、可愛くてついつい与えてしまうので危険です。

 

このフードは、デグーもチンチラもウサギも大好物。

複数の種類の動物を飼う場合は、色んなフードを分けて購入するのが大変なので、全員が食べてくれるフードは、重宝します。

 

 

 

デグー テイストプラス

 

最初にデグー用に購入したオヤツフードです。

デグーだけでなく、チンチラやウサギもがっついて食べていました。

野菜だけでなく、ペレットも入っているのですが、そのペレットが不人気で最後まで残りますw

 

我が家のチンチラは、なぜか好き嫌いが気分で発生するみたいで、食べたり食べなかったり。

ちょっとよくわからないのは、ペレットを差し出すとオシッコを飛ばされる事件があった事。

このフードに入っているニンジンの乾燥した物を与えていますが、食べる時もあれば、食べない事もあるんです。

気分の問題みたいですが、難しいヤツです。

 

デグーとウサギはペレット以外の野菜はバクバク食べます。

 

チモシーペレット野菜

 

って感じだと思われます。

中には、果物も含まれていますが、デグーは糖尿病になり易い動物なので、与える量は気をつけた方が良さそうです。

 

関連記事

 

オヤツとして、少なめで与えるようにしています。

 

 

 

 

青パパイヤ スライスカット

 

 

これまたデグー・チンチラ・ウサギの大好物。

特にウサギの興奮が凄いですw

香りでわかるんだと思いますが、近づけただけで頭で手を押しのけて食べようとします。

 

チンチラは、比較的マトモで適量を食べたら去って行く感じです。

デグーは、糖尿病になり易いくせに、ずっと食べ続けそうなので、少量しか与えないようにしています。

香りからして、甘い感じがします。

 

ウサギは、このパパイヤを多めに与えて他は少なめにしています。

デグーとは逆ですね。

 

 

 

むきエン麦

 

デグー・チンチラ・ウサギの大好物。

粒が小さいので、いくらでも食べてしまいそうなエン麦。

我が家では、体の小さなデグーとチンチラには、一粒ずつ与えて様子を見ながら終了を決めるスタイル。

ウサギだけは、容器に少し流し込むように入れて与えています。

 

デグーは小腹が減ってうるさくなった時にも少量与えています。

もしかすると逆効果になるかもしれません。( ̄◇ ̄;)

なんにしても可愛いので、ついつい与えて嫁に怒られるのです。

 

 

 

まとめ

 

 

人間もオヤツを食べるくらいなので、小動物たちにもオヤツを与えています。

牧草のチモシーとペレットも食べなくなるという事は無いのですが、与えすぎないように気をつけています。

特にデグーは、糖尿病が恐いので可哀相でも少なめで調整です。

 

ウサギは割と大丈夫なので、かなりの量を食べさせていますが、満足すれば残っていても食べるのをやめます。

チンチラは意外と量を食べないので、適当に終了させています。

小動物たちは、見ているだけでも可愛いので、オヤツを与え過ぎないように注意が大切です。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。